長続きする仲良しカップルの特徴

付き合いが長くなると「マンネリ」に悩むカップルは多いかと思います。
三體牛鞭:http://www.kanpoudonya.com/product/385.html
しかし最初の頃のドキドキは未来永劫続くものではなく、関係はより親密で安定したものへと変化してこそ長続きします。

では、解消すべき「マンネリ」と、「関係が深まったことによる変化」は一体どう違うのでしょうか? その見分け方を紹介します。

■マンネリの特徴

・「付き合いたての頃は色々聞くことがあったけど、近頃は話題がない。気まずいから解散するのが早くなった」中絶薬

・「連絡を取るのが面倒臭い。同じような内容ばかりで飽きる。返信がないって怒られないように、とりあえず返している感じ」

・「デートも同じようなパターンになってきたしつまらない。今他の男性に誘われたらちょっと危ないかも」

・「彼女の服や髪型がいつも似たような感じで見飽きた。昔は可愛いって思ってたのに最近あまり思えない。つい他の女の子に目がいっちゃう」

相手への興味がなくなったために、連絡の頻度や口数が減っているのが共通点です。十分な信頼関係が築かれるまでにこのような状態になると、お互いのことが色褪せて見えてしまい別れに繋がるのですね。付き合いを終わらせたくないのであれば工夫が必要です。

しかし関係が変化するのは当然のことなので、無理をして出会った当初と同じように振舞おうとするよりも、黒倍王変化を受け入れた上で、今度は信頼や尊敬、思いやりを育むことが必要になります。

■長続きする仲良しカップルの特徴

・「LINEの文章や、電話の時間は短くなった。でも大事なことはきちんと話し合うよ」

・「一緒にいても、お互い別のことをしている時間が増えた。一緒にいることがすごく自然な気がする」

・「無言の時間が気まずくなくなった。無理して盛り上げようとしなくてもいいから、D10催情剤疲れているときでも会いたくなる」

・「気合いを入れたデートが減った。お互い忙しいし、会えればそれでいいかなって感じで、どっちかの家でゆっくりすることが多い」

一見マンネリとも思えそうな変化を心地良く感じていることが特徴です。連絡の頻度が減ったり、会うときに気を遣わなくなっているのは、二人で過ごす時間が特別なものから、より自然なものへと変化しているからなのでしょう。結婚を考えるのであれば、当然必要な変化と言えます。

■マンネリは「トキメキの消滅」、長続きする関係は「トキメキから信頼への移行」

恋愛初期に分泌されるPEA(フェネルエチルアミン)やドーパミンは、ドキドキや興奮を感じさせてくれます。新鮮なものへの探究心のみで成り立っていた関係であれば、ドキドキホルモンの消滅とともに終わりを迎えます。

長続きするカップルは、それ迄の間に安心感や信頼感、愛着を感じさせるセロトニンやオキシトシンがたくさん分泌されており、絆が深まっているのです。ドキドキするだけの関係から心から信頼し合える関係へと成長出来れば、ずっと一緒に過ごせるのですね。三体牛鞭

■お互いが相手への思いやりが基盤にあれば、工夫次第でトキメキだって大事にするもこともできます。素敵な恋を楽しんでください。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/AAjDk6Er/25767
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others
巨人倍増
媚薬ランキング
シアリス
レビトラ
マカ
中国漢方薬
中絶薬
リドスプレー
vigrxプラス
紅蜘蛛