土の中の鬼 狼1号:http://www.xn--1-948av66g.net/

そもそもね、
狼1号:http://www.xn--1-948av66g.net/
「正しい」と信じていることだって、それが自分を苦しめ悩ませるんだったら、別にそんなに正しくないし、捨てちゃったって構わないわけですよ。

でもね、「自分が正しいと信じている認識」ってね、自分というものを構成している当たり前過ぎる事実なので、そもそも、その前提を疑うことなんてないわけです。

普段の生活において。999皮炎平

そして、自分を苦しめる要因になっているものを、人はやたら擁護して、やたら守ろうとする。

例えばね、小さい頃に母親に言われた「お前はダメな子だ。」っていうそんな言葉を、完全に信じてしまったりするわけです。

「別にどこにでもいるような大したことねえ母親が、機嫌が悪い時に言った戯言だ。」っていう風にはとらえられない。

「その発言の是非」とか、「その発言の根拠」とか、房事の神油「その発言の正当性」とか、「そもそも、そんなことを子供に言うことってどうなの?」とか、そんなものはぶっ飛ばして、ただただ、「私はダメな子だ。」っていう、非論理的で、非科学的で、非慈悲で、非思いやりなインプットを持ち、それを正しいことだと信じてしまう。

「土の中の鬼」を信じるように。

土の中に鬼はいません。

だから、それを恐れる必要はない。

それに恐怖して、夜、泣く必要もない。

だって、いないんだもの。スーパーファット

あなたの心の中にいる鬼も、本当はいないかもよ。