万人に効果が出る日はそう遠くないのかもしれない。

どうやら、2011年はエルゲインα(現在販売終了)、そして去年はジスペリンが受賞している。
第1回最優秀賞に輝いたエルゲインαでマニアの一部で火が付き始めた「飲み合わせ」を一般浸透させた功績も評価された。半年以上続けた多くの人が2cm~5cmという結果を出し、「ペニス増大」という夢を現実のものにまた一歩近づけてくれた。
選考基準にはもちろん自分たちの主観だけではなく、口コミ(ネットだけではなく)などの世間の風評も基準に入れている。

受賞の選考理由について聞くと、NEW勃動力三體牛鞭エルゲインは100種の成分が話題をとった。そしてジスペリンは、サプリメント初の3錠という事で話題をとったというのが大きな理由なんだとか。
効果の方もお墨付きで、平均3カ月で2cm、半年で4cm、1年で6cm程増大する人が多かったという。
また副作用がほぼないとされている事から、他のサプリメントと「飲み合わせ」という新たなジャンルを生んだ功績はあまりにも大きいとしている。

流行り廃りが早いこの業界では息が長く、三便宝今年もしばらくブレイクするだろうとのことだが、今年に入ってエルゲインと同様100種の成分のアデロインが登場した事により一気に流れが変わるとの見解もある。

再生理論のように、シアリス技術の進歩によってこの増大サプリ・精力剤もより安全に、より確実に、万人に効果が出る日はそう遠くないのかもしれない。

単に面白いからという理由で決めているのではなく、

今回から設立された飲み合わせ賞。増大サプリの技術進歩により今や副作用は気にしないものとされていおり、シアリスエルゲインやジスペリンの登場でマニアの間で「飲み合わせ」という(増大サプリ+手軽な促進サプリメント)手法が流行した。

こ れは増大サプリ同士を飲み合わせるのではなく、主に市販の「健康食品やサプリメント」と飲み合わせる事で安全に、増大効果やその他精力効果を高める手法。 具体的にノミネートされた商品では、ユンケルなどのコンビニドリンクから、精子量が増えると言われるエビオス錠(アサヒ)、サントリーマカの元気、小林製 薬エディケアなど、大手メーカーの元気系食品が選出された。

そんな中、受賞したのは宝仙堂の「三便宝」。主にコンビニで気軽に買えるが成分はスッポン、サソリ、マカ、亜鉛、トンカットアリなど申し分ない成分が含んでいる。増大サプリの効果を倍増するにはもってこいの成分が多い。

毎日続ける必要はないので、週1回のお楽しみとしてマニアの間では重宝されている。またジスペリンとの相性がよかった事でも有名。実際、増大値や勃起の硬さなどアップしたとの報告も多数ある。
毎年、某日某所で発表されるという増大サプリアワード。取材したところ、いわゆる精のマニアなる人や、アダルトショップ勤務、エロ本やAVなどのマスコミ関係など精力剤を愛する団体が、その1年に世間に貢献したと思われるベストな増大サプリ・精力剤を密かに発表している賞で、「日本デカデミー賞」という何ともオモシロな賞である。
(過去に特設サイトがあったが今はない模様、レポートサイトはある)

しかし、単に面白いからという理由で決めているのではなく、

近年広まった増大サプリ・精力剤NEW勃動力三體牛鞭の中には効果がなかったり、副作用的に危険なサプリ数多く存在しており、騙される人が後をたたない。そんな中で精力剤に関しプロの我々が厳選して選び公表する事で、少しでも騙される人や増大サプリを非難する人が減ってほしいという願いの元、行われているのだ。
Calendar
«  July 2020  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others