保険証情報10万人超流出 厚労省調査 詐欺など悪用の恐れ

健康保険証の番号など個人情報を含む、全国約十万三千人分のリストが流出、名簿業者が一部を転売していたことが分かった。三體牛鞭情報セキュリティーに詳しい専門家は「複数の医療機関から漏れた可能性が高い。これほど大量の医療関連の情報漏れは過去に例がない」と指摘。成り済ましや詐欺などに悪用される恐れがあり、厚生労働省が調査を始めた。

 リストの記載は沖縄を除く四十六都道府県に及び、近畿や四国に集中。取材に応じた全二十七世帯で実在の氏名や住所などと一致した。一部は現在の保険証番号がそのまま記載されていた。厚労省の担当者は「医療機関や薬局が業務で作った患者のリストが流出した可能性がある」として、調査を開始した。

 国内に住む人全員に十二桁の番号を割り当て、将来的には年金などの個人情報を結びつけ管理するマイナンバー制度の運用が一月から始まるのを前に、情報管理の在り方をめぐり議論を呼びそうだ。

 名簿業者は「二〇〇八年十二月にブローカーから買った。危ないデータだと驚いたが、一部は顧客に売った」中絶薬と話した。

 共同通信が入手したリストによると、氏名、性別、生年月日、住所、電話番号のほか、保険種別や保険者番号、被保険者の記号番号が並ぶ。医療費の自己負担額の算定に必要な老人保健(当時)の区分や、生活保護などの公費負担を示すとみられる欄も三つ付いていた。記載されていたのは〇五年三月以前に生まれた人だった。

 都道府県別で最も多かったのは大阪府で約三万七千人、続いて奈良県が約二万五千人、滋賀県が約二万四千人だった。

 取材の結果、氏名、性別、生年月日、住所、電話番号は二十七世帯四十四人全員が一致。このうち保険証番号も一致したのは六世帯十一人だった。転職などで番号が変わったことなどが影響したとみられる。

 保険証番号とともに氏名や住所などが分かると黒倍王保険証が再発行できる場合があり、本人に成り済まして借金するなどの悪用が可能になるという。

小沢元環境相ら新党結成 5人で「改革結集の会」

維新の党を三便宝離党した無所属の村岡敏英衆院議員(比例東北)や小沢鋭仁元環境相(比例近畿)ら5人は21日、国会内で記者会見し、新党「改革結集の会」を旗揚げし、総務省に届け出たことを明らかにした。村岡氏が代表に就任した。

 村岡氏は会見で「自民党に対抗できる政治勢力をつくる。保守系改革路線だ。是々非々でしっかりとした議論を行う。既得権益の打破、身を切る改革を旗印にしたい」と強調した。

 会見したのは村岡、小沢両氏と小熊慎司(福島4区)、重徳和彦(愛知12区)、鈴木義弘(比例北関東)の各衆院議員。5人は、維新の党執行部が大阪系議員を除籍したことに黒倍王反発して離党した。

日本の「豊かさ」20位 働く貧困層は8億人超 国連「人間開発指数」

国連開発計画(UNDP)は十四日、二〇一五年版の「人間開発報告書」を発表した。国民生活の豊かさを示す「黒倍王人間開発指数(HDI)」の世界ランキングでは日本が二十位となり、前年の十九位と比べてほぼ横ばいだった。

 首位は前年に続きノルウェー。米国は八位、ロシアは五十位、中国は九十位。最下位の百八十八位はアフリカのニジェールだった。

 報告書は、世界で二億四百万人が失業し、一日二ドル(約二百四十円)以下で暮らすワーキングプア(働く貧困層)も約八億三千万人に上ると指摘。豊かさを底上げするためにも労働環境改善への政策的取り組みが必要だと訴えた。

 また、世界的に高齢者ケアを担う労働者が不足していると指摘。日本で一部実施されている、ケアに従事した人がポイントをため、自分が将来ケアを受ける際などに使える「ふれあい切符」(愛称)と呼ばれる互助制度を「高齢者の生活の質向上につながる試み」として紹介した。

 ランキングではこのほか二位がオーストラリアで三位がスイス。

 韓国は十七位で、三体牛鞭北朝鮮やソマリアなど七カ国は情報不足で順位が付かなかった。

競馬、ゴールドシップが1位 有馬記念のファン投票

日本中央競馬会威哥王(JRA)は10日、第60回有馬記念(27日・中山、G1)のファン投票の最終結果を発表し、G1レース6勝で、この一戦が現役最後のレースとなる6歳牡馬ゴールドシップが12万981票を獲得し、昨年に続いて1位で選出された。

 2位は今年、G1で2勝を含む重賞6勝を挙げている5歳牡馬ラブリーデイで11万3412票。3位は菊花賞を勝った3歳牡馬キタサンブラックで9万3925票だった。

 4位はオークス、秋華賞の牝馬2冠を獲得したミッキークイーン。以下ショウナンパンドラ、ドゥラメンテ、アフリカ超人イスラボニータなど。上位10頭は、出馬登録すれば出走権を得られる。

日仏首相、難民支援の重要性確認 パリ郊外で会談

安倍晋三首相中絶薬は11月30日夜(日本時間12月1日未明)、フランスのバルス首相とパリ郊外で会談し、パリ同時多発テロを踏まえ、シリア難民支援など地域の安定に向けた取り組みの重要性を確認した。

 安倍首相はテロの発生にもかかわらず、国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)に約150カ国の首脳が出席したことを「大きな成功だ」と評価。国際社会が結束してテロ対策を進める必要があるとして、難民支援など日本の施策を説明した。

 バルス氏はテロ対策の分野で「日本の役割はますます大きくなっている」と指摘し、さらなる関係強化に意欲を示した。巨人倍増