東京株午前終値、ギリシャ懸念で大幅続落 全面安で一時500円超安も

29日の東京株式市場は大幅続落している。日経平均株価の午前終値は、前週末比368円81銭安の2万0337円34銭。ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念が高まり、東京市場は売り一色に。東証一部銘柄の95%超が下げる全面安となり、下げ幅が500円を超える場面もあった。
三便宝
欧州連合(EU)が金融支援を期限の30日で打ち切り、ギリシャがデフォルトに陥った場合、欧州経済だけでなく、世界の金融市場に悪影響が及ぶとの懸念が世界中の市場で高まった。週明け最初の主要市場となった東京市場はこの直撃を受けた。午前の安値は516円安の2万0190円。取引時間中に2万0200円を割ったのはちょうど1週間ぶり。

日経平均株価は24日にITバブル期を超える18年半ぶりの高値となる2万0900円台まで急上昇し、前週1週間の値幅は778円に及んだ。このため、ギリシャ危機問題だけでなく、前週の急騰を警戒した利益確定売りが膨らんだほか、29日朝方にはギリシャ危機を受けた円相場が一時対ユーロで4円超高の133円台後半、対ドルも2円近く上昇して122円台前半となった。やや落ち着きを取り戻した午前11時すぎは対ユーロは135円台半ば、対ドルは123円台前半まで下げた。こうした要因もあって、午前10時台から下げ幅は徐々に縮小した。三體牛鞭

得票同数くじ引き落選…申し立て受け票再点検

熊本県選管は23日、4月の熊本市議選南区(定数8)で得票同数となり、くじ引きで落選した田中誠一氏(69)=無所属=の陣営による審査申し立てを受け、南区の候補者11人の有効票と無効票を合わせた計5万3288票を再点検することを決めた。
淫インモラル
県選管によると、田中氏と、くじ引きで最下位当選した田辺正信市議(65)の票を中心に再集計し、疑問票は過去の判例と照合する。他の候補の票に両氏の票が混入していないかなども調べる。

田中氏陣営は田辺氏の当選無効を申し立てており、審査申立書を受理した今月15日から60日の8月14日までに、再点検を踏まえ、田辺氏の当選を無効にするか申し立てを棄却するか裁決する。当選が無効になれば、田中氏が繰り上げ当選する。
天天素
田中氏陣営は4月12日投開票の市議選後、熊本市選管に異議申し出をしたが、5月22日に棄却された。これを不服として6月9日、県選管に審査を申し立てた。

世界一周めざすソーラー機、再び空へ 愛知で修理完了

世界一周飛行の途中、悪天候回避のため愛知県豊山町の県営名古屋空港で羽休めしていた太陽電池飛行機「ソーラー?インパルス2」の出発準備が整った。突然の着陸から約2週間、駐機中に風でフィルムがめくれた翼の修理を終え、次の中継地ハワイへ向けて近く離陸する予定だ。
威哥王
企画したスイスの民間団体などによると、天候の影響を受けやすい軽い機体のため、太平洋上の飛行は今回のルートで最大の難関だ。それだけに慎重に状況を見極めている。定期便の運航を妨げないよう、飛来時と同様、出発は夜間になる見通しだ。

操縦桿(かん)を握るアンドレ?ボルシュベルグさん(62)は「ここまで太陽光だけで飛行できた。これからの(ハワイまでの)長期間のフライトは必ず成功できるだろう」と自信を見せる。狼一号

パワハラ相談、過去最多=14年度、6万件突破―厚労省

厚生労働省は12日、2014年度の個別労働紛争の相談状況を発表した。パワハラを示す「いじめ?嫌がらせ」の相談件数は前年度比5.1%増の6万2191件と過去最多を更新し、初めて6万件の大台を超えた。
 三便宝
パワハラに関する社会の認知度が上がったことで労働者の問題意識が高まり、上司からの指導などを労働問題として認識し相談する事例が増えていることが背景にあるとみられる。相談内容は、上司や事業主から暴言を受けたり、無視されたりしたことを訴える事例が多かった。
 
労働相談全体の件数は、1.6%減の103万3047件。景気回復を受け雇用情勢が改善していることから件数自体は減少したものの、7年連続で100万件を超えた。 三體牛鞭