<安保法施行>自衛官、覚悟と不安 任務拡大で増す危険

集団的自衛権行使の根拠になる安全保障関連法が29日午前0時に施行され、戦後日本の平和主義が転換点を迎えた。「専守防衛」が旗印だった自衛隊に入隊した自衛官たちは、任務が拡大し、危険性も増すとみられる安保法施行に「覚悟」を語りつつ、いらだちや揺れる胸中も明かした。
D10媚薬
 法施行を踏まえ、ある自衛隊幹部は取材に表情を曇らせた。「自衛隊の仕事は、いつまでに何をするかをまず決めて仕事にとりかかるが、安保法に関してはあいまいだ」。実際、安保法が成立した昨年、部隊幹部から「何を準備すればいいのか」と電話で戸惑いを打ち明けられたという。

 別の幹部は「安保法で世間の注目を集めるような動きはするなと言われるが、早く訓練したい。それが周到な準備につながるのに」と不満を口にした。

 自衛隊の任務が拡大する懸念について、将官クラスの幹部はこう表現する。「選択肢が増える分、自衛隊はこれからまさに政治的に利用される。軍事的に不合理な場合、いかに政治に利用されないか。『やらない』ではなく『今はできない』こととその理由を説明できるか」
勃動力三體牛鞭
 新たな任務を現実のものとしてとらえ始めている隊員もいる。

 関西地方の30代の陸上自衛隊員は離島防衛を想定した装備品の取得が進むことをあげて「隊内の雰囲気は、確実にここ数年で変わった。入隊時には意識していなかった『人を撃つ』という判断を下す状況が近づいていると実感する」と話す。

 だが、願いがある。「東日本大震災など災害派遣が評価され、最近は子どもたちの声援を受けるようになって誇らしい。安保法でも我々は任務を果たすだけだが、国民の支持がほしい」

 自衛隊はまだ1発も相手に向けて撃っていない。関西地方の別の30代隊員は「簡単に人を撃てない」と語りつつ「仲間を死なせられないから撃つ覚悟が自分にはある。だがその結果が国民の支持を得られるのか考えてしまう」と話した。

 妻子がいる北海道の30代の陸自隊員の心は揺れる。「安保法は日本のために必要。今の国際情勢では米国などとの連携が不可欠だ」と理解を示しながらも「誰も口にしないが、不安のない隊員はいないと思う」と率直に語った。

<性同一性障害>学会、初の認定医9人発表 20人以上診断

体と心の性別が一致しないことで苦しむ性同一性障害(GID)の診断や治療の充実を目指し、認定医制度を導入したGID学会(理事長・中塚幹也岡山大教授)は20日、初の認定医9人を発表した。専門的な知識や技術を持つ認定医が増えることで、治療の質が確保され、治療施設が広がることが見込まれる。将来的に保険診療の道が開ける可能性もある。中塚理事長は「認定医制度を通じて、GIDの治療は必要な医療だということを、社会にも理解してほしい」と話している。
淫インモラル
 認定医は、精神科や産婦人科、泌尿器科、形成外科などの専門知識や技術に加え、性別の違和感を抱える子どもたちに対する学校の対応など社会的な課題を知ることも求められる。20人以上を診断した経験があり、関連の論文や著書があることも条件。今回は、既に実績のある学会理事らが認定医となった。
勃動力三體牛鞭
 GIDの治療は、ホルモン療法のほか性器の形成手術などがある。戸籍の性別を変更するためには、性同一性障害特例法で精巣や卵巣の摘出といった「性別適合手術」が必要とされる。2004年の法施行から14年までに5000人以上が性別変更を認められたが、国内で手術を手がける施設は限られ、費用も高い。年間50件ほど実施する岡山大は来夏ごろまで予約が埋まっており、1件数十万~百数十万円かかる。タイなど費用が安い海外で手術を受ける人が圧倒的に多いとされる。海外での手術は、術後のケアが不十分になる可能性もある。中塚理事長は「日本で安全な医療を提供できるのが望ましい。各県に認定医がいれば手術などを行うチームが作れる」と語る。今後は試験を経て認定する仕組みを整え、5年間で50人の認定医育成を目指す。

「ザ・プラン9」新メンバー募集を発表

お笑いユニットの「ザ・プラン9」が11日、大阪市内で結成15周年記念公演の制作会見を開き、新メンバーを募集すると発表した。リーダーのお~い!久馬(43)は「もともと大人数でやりたいと思って始めたのに、気づけば3人。できれば女性や男前を入れたい」と語り、15周年イベントを続ける年内に新メンバーを決める方針を明かした。
威哥王
 プラン9は2001年4月、久馬が浅越ゴエ(42)、鈴木つかさ(43)とともに結成。その後、なだぎ武(45)とヤナギブソン(39)の加入により5人体制となったが、鈴木となだぎの脱退で現在は3人で活動している。久馬は「よく『なんでプラン9なの?』と聞かれるんで、9人でもいい」と幅広くメンバーを募集する考え。「なだぎさんが辞めたので(かつて交際していた)友近が入ってくれたらうれしい。今は3人とも地味なんで(R―1ぐらんぷり覇者の)ハリウッドザコシショウでもいい」と、人気芸人に白羽の矢を立てた。
V26
 久馬によると、桂文枝(72)門下の落語家・桂三度(元世界のナベアツ=46)がすでに加入を希望。しかし「看板がでかすぎる。うちが『桂プラン9』を名乗らなきゃアカン」と断ったという。一方、浅越のもとに加入を申し出たのは、西川きよし(69)の長女・西川かの子(41)。文枝と並ぶ大御所一族からの要請に、ヤナギブソンは「面白いじゃないですか。桂と西川。『吉本プラン』でいきましょうよ」と乗り気だった。

 15周年記念公演「ブルース」は4月23、24日、大阪・梅田のHEPホールで開催。その後、ファン投票などにもとづくベストコントイベントなどを予定している。

田母神氏、訴訟費用に流用か…任意で事情聴取

元航空幕僚長・田母神(たもがみ)俊雄氏(67)の資金管理団体を巡る横領事件で、政治資金の一部が田母神氏の個人的な訴訟費用などに充てられていた疑いのあることが、関係者の話でわかった。

 元会計責任者の男性は東京地検特捜部の事情聴取に対し、田母神氏らの私的流用を認める供述をしているという。
威哥王
 特捜部は7日、業務上横領容疑で東京都内の資金管理団体の事務所や田母神氏の自宅など関係先を一斉捜索し、田母神氏を任意で事情聴取した。今後、押収資料を分析し、資金の流れについて解明を進めるとみられる。

 田母神氏は2014年1月、資金管理団体「東京を守り育てる都民の会(現・田母神としおの会)」を設立。翌月の都知事選に出馬したものの落選した。同会の資金に関し、田母神氏は15年2月、元会計責任者が少なくとも3000万円を着服し、生活費や遊興費に流用したなどと発表。14年分の政治資金収支報告書でも、元会計責任者の着服による「使途不明金」として約5054万円を計上した。
絶對高潮
 だが、関係者によると、資金の一部は、田母神氏の家族に絡む民事訴訟の弁護士費用や知人に贈った高級服の代金などに流用された疑いがあり、元会計責任者が都知事選で選対本部長を務めた番組制作会社の社長に対し、「田母神氏や選対事務局長の指示で、毎週のように資金管理団体の口座から現金を引き出して渡していた」と話していたことが判明。元会計責任者は、特捜部にも同様の供述をしているとみられる。