NHK復興支援ソング『花は咲く』 アニメが持つ力とは?

東日本大震災から5年を迎えた翌日、3月12日の夜にNHKで初放送された『花は咲く~アニメスター・バージョン~』。アニメ声優・歌手としても活躍する山寺宏一(宮城県塩竈市出身)&水樹奈々が歌う復興支援ソング「花は咲く」に乗せて、『鉄腕アトム』から『妖怪ウォッチ』まで、日本の古今の人気アニメ38作品をつなげた5分番組だ。誰もが知るキャラクターたちが放送局の垣根を越え、ありえないと思っていた夢の共演が実現した。放送後、「泣けた」といったツイートや、50代以上の人からも「感激しました」と同局に手紙が届くなど、幅広い世代から大きな反響があったという。本作のプロデューサーらに制作意図を聞いた。
D10媚薬
 もともと「花は咲く」は2012年、震災から1年のタイミングで制作されたチャリティーソング。宮城県仙台市出身の岩井俊二が作詞、同じく菅野よう子が作曲・編曲を担当した。当初、岩手県・宮城県・福島県の出身者とゆかりのある歌手・タレントなど34人が参加し、その後、放送中の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で主演を務める高畑充希が歌うアニメバージョンや、フィギュアスケートの羽生結弦選手とコラボレーションしたバージョンが制作されるなど、さまざまな形で展開されてきた。
壮天根
■復興支援につなげたいという思い 各社が賛同

 東日本大震災プロジェクトの讃岐好伸チーフプロデューサーは「震災から5年の節目に向けて、風化させないためにも新しいバージョンを作ることを決めました。さまざまに模索する中、菅野さんの『アニメのキャラクターが総登場するのはどうかしら?』という一言がきっかけでした。どの世代も、とりわけテレビでおなじみのアニメに影響を受けている。アニメの持つ力が被災地の励ましや元気、勇気につながるのではないかと。1年前から準備をしてきました」と経緯を説明する。

「ザ・プラン9」新メンバー募集を発表

お笑いユニットの「ザ・プラン9」が11日、大阪市内で結成15周年記念公演の制作会見を開き、新メンバーを募集すると発表した。リーダーのお~い!久馬(43)は「もともと大人数でやりたいと思って始めたのに、気づけば3人。できれば女性や男前を入れたい」と語り、15周年イベントを続ける年内に新メンバーを決める方針を明かした。
威哥王
 プラン9は2001年4月、久馬が浅越ゴエ(42)、鈴木つかさ(43)とともに結成。その後、なだぎ武(45)とヤナギブソン(39)の加入により5人体制となったが、鈴木となだぎの脱退で現在は3人で活動している。久馬は「よく『なんでプラン9なの?』と聞かれるんで、9人でもいい」と幅広くメンバーを募集する考え。「なだぎさんが辞めたので(かつて交際していた)友近が入ってくれたらうれしい。今は3人とも地味なんで(R―1ぐらんぷり覇者の)ハリウッドザコシショウでもいい」と、人気芸人に白羽の矢を立てた。
V26
 久馬によると、桂文枝(72)門下の落語家・桂三度(元世界のナベアツ=46)がすでに加入を希望。しかし「看板がでかすぎる。うちが『桂プラン9』を名乗らなきゃアカン」と断ったという。一方、浅越のもとに加入を申し出たのは、西川きよし(69)の長女・西川かの子(41)。文枝と並ぶ大御所一族からの要請に、ヤナギブソンは「面白いじゃないですか。桂と西川。『吉本プラン』でいきましょうよ」と乗り気だった。

 15周年記念公演「ブルース」は4月23、24日、大阪・梅田のHEPホールで開催。その後、ファン投票などにもとづくベストコントイベントなどを予定している。

「ブラタモリ」桑子アナ、NHK報道の顔に!4・4新番組に抜てき

NHK美人アナが春の大異動! 桑子真帆アナウンサー(28)が3月末でバラエティー「ブラタモリ」を卒業し、4月から新ニュース番組のキャスターに内定したことが22日、分かった。後任には福岡放送局の近江友里恵アナ(27)を抜てき。「NHK歌謡コンサート」はリニューアルされ、司会は橋本奈穂子アナ(35)が務めることも分かった。
絶對高潮
 元日付のサンケイスポーツ報道でフジテレビの谷岡慎一アナ(28)との交際が発覚した桑子アナ。昨年末に発表された「オリコン好きな女性アナランキング」で圏外から5位に急上昇しブレーク中だが、仕事面の転機を迎えた。

 複数の関係者によると、昨年4月から「ブラタモリ」(土曜後7・30)でタモリ(70)のアシスタントを務めて“全国区”の存在となったが、3月末で卒業。同時に「NHKニュース7」(後7・0)の隔週平日サブキャスターも卒業し、4月4日スタートの新番組「ニュースチェック11(イレブン)」(月~金曜後11・15)のキャスターとなる。

 「ブラタモリ」の後任は東京アナウンス室に異動する近江友里恵アナ。早大政経学部を卒業後の2012年4月に入局。清潔感あふれる笑顔と旺盛な好奇心で、現在所属の福岡放送局で人気者となった。街歩きが趣味で、しかもタモリの出身地の福岡にも縁が深く新相棒にはピッタリ。近江アナのブログによると、目標は2020年東京五輪までに「英語など外国語で深い話ができるようになる」ことだという。
三便宝
 関係者によると、同局アナウンサーの異動や担当替えの正式発表は2月上旬ごろ。他の目玉は、4月12日スタートの「うたコン」(火曜後7・30)の司会だ。「NHK歌謡コンサート」のリニューアル番組で、担当は橋本奈穗子アナに。1993年4月の同番組開始以降、女子アナの司会起用は初めてとなる。

 橋本アナは現在司会を務める関東ローカルの情報番組「首都圏ネットワーク」(月~金曜後6・10)を3月末で卒業。11~13年に紅白歌合戦のラジオ放送で進行役を務めるなど音楽番組の経験も豊富なことから、白羽の矢が立ったとみられる。