我若離去,後會無期

前幾天,看過一檔尋人電視節目:
一位白髮蒼蒼的老人,來到電視臺,講述了他的故事。十年動亂期間,他被 下放到一個山村改造。
在那個艱難的歲月裏,一位叫秦雨的農村女孩十分關心他,經常偷偷的 幫他。後來他們相愛了。因為他特殊的身份,他們的相愛遭到鄉鄰及秦雨家人的 阻撓和打擊。她和他一起被批鬥,掛牌子,遊街。很多人對秦雨謾罵侮辱。他勸 秦雨離開他,但是倔強的秦雨,頂著沉重的壓力,堅持和他相愛著。這份感動, 讓他在那段艱難的歲月裏,頑強的活下來。
動亂結束後,他被平反回到了城市。和許多故事一樣,他和秦雨的戀情也毫 無懸念的終結了。以後的日子裏,他娶妻生子,日子過得平順安逸。但是他總覺 得愧對秦雨。他也曾偷偷的找過她。但是秦雨再也沒有了消息。
他不知道,在他回城的日子裏,秦雨立在村頭,一次次等待,一次次失望, 一次次被人嘲笑打擊。她無法在當地生存下去,只能背井離鄉。

去年他的妻子去世,他便想找到秦雨,想和她再續前緣。

記者多次走訪,幾經周折,終於找到了秦雨。

演播廳裏,昔日清秀善良的秦雨,已經變成了飽經滄桑的老婦。滿是皺紋的 臉上,我們讀不懂歲月在她臉上留下的痕跡。
主持人講完這個故事後,觀眾都在期待著,他們見面的激動場景:或緊緊相 擁,或熱淚盈眶,或無語凝噎。
我的心也被揪的緊緊的。有的觀眾甚至眼淚都落下來了。

當大螢幕上顯示男人的照片的時候,主持人問她,你認識這個人嗎?秦雨平 靜的看了看,搖搖頭說,不認識。
主持人激動的說,這個就是你當年愛過的那個人啊。
秦雨安靜的看著螢幕,淡淡一笑說,哦,是嗎,我忘了。

節目到這裏,似乎冷了場。主持人一下子也不知道說什麼好了。觀眾臉上也 很訝異的神情。

哦,是嗎,我忘了。這是一句多麼淡然而凝重的話啊。忘記需要多大的勇氣 ,又需要多少堅強?
不知道螢幕後面的那個老人聽到秦雨這句話的時候,是什麼樣的心情?

是啊,在最需要你的時候,你不在我的身邊,當年你最最需要關愛的時候, 我卻毅然站在你的身旁。
生活總會對人一次次的考驗。有一些東西,錯過了,是可以彌補的。譬如錢 財。而有一些東西,錯過了,就再也尋找不回來了。比如情感。

故事的結尾已不再重要。此時,我的腦海裏蹦出了這樣的一句話:當我最需要你的時候,你已離我遠去。

這個夢對我觸動好大

年底,我因一個困難的個案去找督導師,頗受質疑同時又得到了認可和鼓勵。在被督導後的第二天晚上,我做了一個搞笑銅鑼灣 髮型屋的夢。我夢到“中國好聲音”學 員、少數民族小王子是我的來訪,我因此去找老師做督導,得到了肯定,老師說我做得不錯。結果過後卻從他人處得知,原來這個來訪是被督導老師所治療的,他們 每週進行電話諮詢。督導老師還對別人說:“這個個案很困難,她(指我)做不了,她的諮詢也解決不了什麼問題。這個個案無非是少給我打了兩次電話而已。”我 一下子懵了,感覺自己象個傻子,被欺騙、愚弄了。
  也帶給我難得的覺察。我因一個困難嫩膚療程的個案尋求督導,先被老師否定說“不能這麼做”,繼而又得到了專業上的肯定和鼓勵,心裏有種矛 盾的情緒。說實話,在聽到老師說“不能這麼做”的時侯,我第一反應是逆反、抵觸,覺得“我就要這麼做,我非要試試看,怎樣就不行了?”這和我一慣的人生議 題有關,即與權威的矛盾關聯。
  從小爸爸對我嚴格要求,同時又無比溺愛。當我做對、做好時常會得到父親無以復加的認可和讚賞;但當我做錯、做得不夠好時,是會被父親鄙夷和厭惡的。記 得小時侯有一次父親要去赴飯局,我央求他帶我同去,他說最近我不乖、表現不好,不願意帶我去,覺得“丟人”。我心下淒然,便覺自漸形穢、自怨自艾。如果父 親厭惡我,我則是該羞愧的。於是我從小的邏輯便是:“做個好小孩,才會被愛;如果是不聽話的壞小孩,是不被待見的。”換言之,父親的愛是有條件的。
  我的幼年還有一件事,是作為“不聽父母言,吃虧在眼前”的典型事例被父親反復念叨、教誨不已的,即公園落水事件。當時五六歲的我和爸爸去迎澤公園玩, 有一處大池塘可踩石而過,我雀躍要試,父親阻止說危險不可:“小孩不留意會掉進水塘!”我不聽,隨一群大人銅鑼灣 Hair salon踏上石階穿越水塘,結果蹦蹦跳跳地不知怎樣真的 掉水裏了!當時嚇得夠嗆,至今我還記得滿眼渾綠的水影和水面上隱約的人聲,之後一個叔叔一把將我撈了上去。落湯雞似的我哭著找爸爸,爸爸卻離老遠站著並似 乎準備要走開。我嚇壞了,忙哭著追上滿臉厭惡並作勢要甩開我的父親,父親也為此受到圍觀者的批評。雖然我知道爸爸罵完我還是會保護我的,但同時我也犧牲了 自尊,成為了一個討好爸爸的女孩。

去尋找自己的夢想

很快,我也受到了這個待遇,不過英國旅遊不是因為吵鬧,而是一次考試。那次考試,很巧地被分到她的考場,剛開始答得很順暢,直到遇到一道不會做的題,想了很久也沒有想出來,眼看時間所剩無幾,卻還有好幾道題,心裏如火爐上的螞蟻,額頭也冒出了細密的冷汗,手裏煩躁的轉著筆;心裏也著急,題更做不出來。她好像看出了我的緊張,站起身,依舊是:“鼓點聲”卻比平常慢了許多。她站在我身邊,站立了幾秒鐘,然後輕輕的把手放在了我的右後背上。一瞬間,仿佛無窮的力量湧入心窩,內心也漸漸平靜下來。一個聲音直達心臟深處:“慢慢做、別急”。我輕輕地舒了一口氣,而她也早已回到講臺上去了,接著,便是做完題、交卷。

僅僅是一個不曾注意的動作,卻帶給我無窮的力量,背後的溫暖,直達心底。

那個季節很熱,尤其那年,這就冥冥中註定了那會有場別樣的離別。那時候的花有開有謝,人有聚有散。花開花落購物商店皆由天定,人聚人散自有因緣。

閑看一葉芭蕉打濕衣衫,細聞一曲小調描繪冷暖。時光彙聚在七月,終化成巨浪奔向流年的大荒。一場六月的雨奏響了離別的華章,風舞凋零了一個花季的表演,陰雨連綿了一個盛夏的憂傷,煙花開出最美的夢幻,卻是瞬間。是誰隔岸在觀賞一場熟悉的舞蹈,是誰的眼淚虛幻了一世紀的情長。

你說過,要,人生不可能處處充滿霞光。你說過,要去奔赴那場光年的流浪,生活處處可能充滿了希望。看似一場風輕雲淡的聚散,只有我們自己知道這其中隱逸了多少淒婉。生活中很多人成為了我的過客,我也成為了許多人的過客,只有你是那個曾經陪我從滄海鴨脷洲數學補習班看到桑田的人。你說過,過客也是客。

途經歲月,靜水流長

總是,沿著文字的線條去描繪自己的心情,然後,靜坐波光瀲灩的水岸,看萬種情意,從檀香木的時光裏願景村 退費搖曳而出。那最遠處的風景,仿佛就是夢裏愛的原鄉,在天與地的蒼茫中,不僅純美了冬月的暖陽,又在心之土壤上長出歲月凝戀的馨香。

或許,記憶裏的我們哭過,笑過,愛過,痛過,然而這些都無妨,也只願,一朵微笑就可屏退四野的蒼涼與悽惶,只安享這一種渾然天地的美,讓如煙的過往淡漠成清淺的詩行。流年裏,我們曾費盡了筆墨與紙張,無非,是想用心畫出一頁圓滿的守望,讓風塵中流願景村 退費浪的心事從此都落定塵埃,又從塵埃裏長成悠揚的夢想。

好似,那凡塵的煙火,總是第一時間就抵達心房,與暖陽重疊在一起,燃燒了整個季節的清寂。也唯有此刻,才會感覺心不再是空洞的浮華,一種生命的敬重與坦然就這樣穩妥在心上。

當一首熟悉的老歌,自塵封的記憶之中被喚醒,又用緩慢的曲調抖落歲月的浮塵,將韻律在唇邊婉轉著輕輕呼出,那悠然恬靜的感覺,便開始溢滿心靈的味蕾。而所有的思緒,如同歲月疊加起來的豐盈,如癡如醉的在心海深處微微徜徉,仿佛,只一個瞬間,就已驅散了空氣中隨風而至的清寒。塵世紛擾,有諸多憂苦疾患,就像是一場又一場虛構願景村 退費的清歡,斬不斷,理還亂。

美術館に行くと

スフィンクスにお目にかかった。
ちょっと小さいヤツ。
それでも、ご丁寧なドームの中におさめられ、ひときわ存在感があった。

エジプトのギザにある大スフィンクスの鼻は、
ナポレオンの大砲によってぶっ飛ばされたという話だったが、
このルーブルの中にある
スフィンクスの鼻もぶっ飛んでいるreenex價錢

レプリカでもあるまいと思ったが、鼻っ柱をへし折られている
その謂(い)われについての説明は、遂に発見できずじまいだった。

ルーブルに展示されているミロのヴィーナスの話になると、
かつて、吾が叔父が眼を輝かせて東京オリンピックの年に
京都まで見に行ったことを一つばなしに話していたことが思い出されてきた。

ミロのヴィーナスがルーブルに所蔵されてから、その地を離れたのは、
その時一度っきりだったそうだから、
その言葉も今から思えば値打ちがあるreenex好唔好

ルーブルに行ったならモナ・リザの前に立たなければ、
何かしら、初詣に行って本殿にお参りしなかったような感になる。
そこで、ぐるっと人をかき分けて正面に立つ。
そうなれば、お賽銭こそ出さないが、
柏手(かしわで)のひとつも打ちたい気分にはなる。

だけども、ガラス越しのご対面reenex hongkong
残念ながら、
写真集で見る方が、ずっと身近に感じる。

桜子どういう事だ

「それで、お前らの見合いは何時なんだ?」
「あきらは来週、俺は再来週、滋が明日、桜子が明後日・・・。」
「やっぱり変だな・・・。」
「どうして5人が同じ時期に見合いなんだ?それも断れないような
処から見合いだなんて変だろう?」
「司はそれで見合いどうだったんだ?」
「白鳥ってあの石油の白鳥だろう?」
「綺麗でした?美人らしいけど一度もパーティーで逢った事ないんですよね。」
「白鳥麗子だっけ?司どうなのよ。」
「美人と言えば美人かな?姉ちゃんみたいな感じだけど・・・。性格は
分からないな・・・。というか・・何だか嫉妬深そうな女だったな。
俺に女はいるかどうか調べてるようで怖い気がした。」
「でも司今回は断れないよね?私の時とは違って適齢期だしさ、どうするの?」
「わかんねぇな・・・だけどこのままなら確実に婚約はするだろうな。」
「あきらの相手は?」
「俺は、一条由香里 一条財閥の娘。顔は美人と言えば美人。
親同士が盛り上がってて・・・。断るのは難しい。なんか俺の事こっちも
調べてるみたいで、侮れない感じがするんだ・・・。」
「総二郎の相手は?」
「俺は、宮家の高階家・・・。瑠璃子って言うんだ。お茶もお花も完璧で
親も今度の見合いは絶対に断るなと言って来た。
写真見たら、まあまあ俺の好みに近い女だったな・・・。」
「じゃ、滋の相手は?」
「それがさ・・・。NYのハドソン財閥の長男マイケルって人。
親同士がどうも決めてるらしいのよね・・・。はあ~」
「桜子の相手は?」
「私の相手は、生け花綾小路流の次期家元の貴之様です。」
「花小路?また凄い処からの見合いだな・・・。貴之さんって長男だったな。」
「そうなんですよ…誰が仕組んだのか・・心あたりはあるのですが・・・。」
「・・・心当たり?それってもしかして類だろう?」

わたしちゃん

来週は火曜日に病院へ行く。職場はとても恵まれていて、休職に至るところまで落ちてしまっては大変だから、つらいときは無理せず休んでいいと言ってもらえている。有休もあまっているし。

周囲に話せていないので、最近の彼女、仕事に全然身がはいってないんじゃないのって思われちゃってんじゃないかなってことが気がかり。

ただ落ち込むだけなら、かなしむだけなら、これまで何度となく経験してきて、わたしちゃんたちはその度なんとか浮上してきた。

毎日、今日こそしななくちゃっておもってたときもあった。もう10年くらい前の話。

だけど、なにやら今回は違う。

確かにたくさん泣いて、落ち込んで、だけど、大丈夫だっておもってた。時間が解決してくれる。きっとまた、あんときさーって笑えるって。

だけど、いままで、こんなふうに、なにもできなくなるなんて、どこも悪くないのにお腹が痛くなる、ふらふらする、立ちくらみする、胸痛、がんばれない、倦怠感、そんなのなったことなくて。

明日はヨガなんだけれど。

先週、起き上がれなくて行けなかったんだよな。仕事は、行かなくちゃって責任感がまだあるから行けてるのかな。ヨガは休んじゃっても振替がきくし、だれにも迷惑かからないものね。

ヨガはがんばるとかじゃないのにな。行くまでがしんどいんだろうな。スタジオ落ちつくから、来てよかったっていつも思えるもの。明日、行けるといいな。

シェイクスピアのみならず

シェイクスピア劇は、『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』が、
彼の代表作で四大悲劇とされる。
それらに一歩先駆けて発表した『ジュリアス・シーザー』は、
中でも史劇を確かなものとした作品と言われているDream beauty pro 脫毛

この劇は、シーザーの暗殺が大きなモチーフになっている。
内容を簡単に紹介すると、
「シーザーの暗殺に加わったブルータス。
腹心として育て上げたブルータスが暗殺者の中にいることに驚き
『ブルータスお前もか?!』
と声をあげるシーンはよく知られている。
このブルータスは、ローマ市民からも信頼されている人物。
シーザーを討ち取った後、市民に向かって演説をし、
自分はシーザーを慕っていたが、
ローマ市民の自由のために已(や)むなく刃を加えたことを語る。
このような三段論法で納得させ、市民はブルータスに喝采を送る。

続いて、その後、アントニーが登壇する同珍王賜豪
静かな語り口調からブルータスへの賛意を述べるが、
アントニーは、シーザーが高潔であったことや市民を愛していたことを語って行く。
そして、いつの間にか、ブルータスを含めた暗殺者たちこそ
逆賊でありテロリストであると結論づける。

諄々(じゅんじゅん)と語る10分程度の演説と、
血に染まったシーザーのマントを見せ、人情に訴えかけることによって、
ローマ市民の心は180°変わり、ブルータスへの敵愾心を芽生えさせる」という話。
すなわち、しっかりとした論法で納得させる力より、
血に染まったマントなどを見せ、
情に訴える方が、世の人々の賛同を受けやすい、ということらしい。

そういえば、都知事選も中盤。
選挙というものは、そんな風な様相がある僱傭
すぐれた政治手腕を発揮したり政策やビジョンを語る候補者より、
急死した夫に代わり立候補した夫人が勝つ場合が多い。
ガバナンスの手腕を云々するより、
お情けやセンチメンタリズムに訴える方が効果的。

ちなみに

ちなみに、
(ここから本題だったりする。長い序章、前文、ごめんなさいの気持ち)

女性は、不幸ネタが好きである。
いかに自分は不幸か。
その不幸ぶりが手に取るように蜜蜜遊、目に浮かぶように、想像できる、超絶・不幸生活。
特に、不幸な結婚生活。
これは、ウケる。

生活範囲がさほど広くない人にとって、生活の中身が、自身の幸せバロメーターであると感じる。
そこには、夫をはじめ、家族との確執や水解蛋白、避けることの出来ない不幸ネタがぎっしり詰まっていれば、詰まっているほど、読む側は、わくわくするようだ。
これが、仕事の話だったとしたら、興味、共感を得ることは、ほんの少ししかないだろう。

なにが幸せの基準か。
隣の奥さんと比較する?
隣の芝生は青い?(使い古されたフレーズ)

比較でしか、自分の幸せを実感できない。
しかも、自分と、ほんの少しだけ近い人と、比較する。
毎日の食事にも事欠く人が品牌維護、世界有数の富豪を妬むか?
毎日の、幼稚園お迎え時の自分が着ていく服に(ライバルママとの優劣を視野に入れつつ)、悩むママが、
ハリウッド人気女優に嫉妬するか?
自分とシーソーゲームをする、ほとんど同じ分野に棲息する人物をライバルと見なし、競争心を煽られる。

かたや、自分より、ちょっと不幸な人を見ると、自分の幸せを再確認できるのだろう。
そういう人を知りたくて、触れたくて、不幸ブログは人気があるかも知れない。
多くの人に、幸せ感を与えるにしても、自分の不幸ネタで皆さんを幸せにするのは、どうだか。
同情させてあげ、憐れませてあげる。

気持ちの荒んだ人が大勢集まってくれて、閲覧数がぐっと上がって、嬉しいかどうか。