「信長の野望 201X」戦国武将総選挙の結果が発表!武田信玄(☆4)と滝川一益(☆3)が第1位を獲得

「戦国武将総選挙」とは、「信長の野望 201X」のゲーム内に登場する現代アレンジ化した武将総勢280人が対象の人気投票となります。

☆4、☆3のランクごとに投票が行われ、☆4ランクでは甲斐の虎「武田信玄」が、☆3ランクでは織田四天王の一人に数えられた「滝川一益」がそれぞれ第1位を獲得しました。後日、上位人気に選ばれた戦国武将による、特別な「スカウトガチャ」の開催も予定しておりますため、こちらは改めてご案内します。

『ファークライ プライマル』プレイレポ―紀元前1万年の豪快サバイバル体験記

2016年4月7日にUbisoftより日本語版が発売された、PS4/Xbox One/AmazonPCダウンロード向けのオープンワールドFPSシリーズ最新作『Far Cry Primal(ファークライ プライマル)』。過去シリーズ作とは打って変わって斬新な舞台設定を用意した今作のプレイレポートをお送りします。『ファークライ』は、広大なオープンワールドで構築されているFPSアクション。世界を探索し、プレイヤー好みの戦術で敵と戦える、自由度の高いシリーズ作品です。過去シリーズ2作では、大自然に覆われた南国の孤島や、ヒマラヤ山脈に囲まれた架空の国など、“現代”を舞台としていましたが、今作『ファークライ プライマル』では、なんと「石器時代」がテーマ。紀元前1万年の世界で、プレイヤーは危険な動物や敵対部族、そして自然の脅威と戦うことになります。

「日本ゲーム大賞2016 年間作品部門」の一般投票が本日スタート。投票者にはPS4や3DSなどを抽選

本アワードは,2015年度を代表するコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考・表彰する賞となる。2015年4月1日から2016年3月31日までの間にコンシューマゲーム機,PC,スマートフォンなどでリリースされたタイトルを対象に一般投票が行われ,その後,日本ゲーム大賞選考委員会による審査を経て,2016年度を代表するにふさわしい作品が選出される。
 なお,投票者にはPlayStation 4やニンテンドー3DS,XboxOneなどの賞品が抽選でプレゼントされるほか,発表授賞式への参加チケットなども用意されている。以下のリリース文で詳細を確認してから投票しよう。

「マブラヴ」とVRが融合を果たした“始まりの日”。吉宗鋼紀氏のトークセッションも実施された「Muv-

2016年4月3日,デジカとixtlの合同による「Muv-Luv × HTC Vive 体験会」が,ベルサール秋葉原にて開催された。 「マブラヴ オルタネイティヴ」の世界観を,仮想現実対応ヘッドマウントディスプレイ(以下,VRHMD)「Vive」で体験できるというこのイベント。そのほかにも,「Steam Controller」によるゲーム試遊コーナーやゲストを招いてのトークセッションもあり,入場無料のイベントながら,内容はかなり盛りだくさん。それもあってか当日は早朝から行列ができるほどの盛況ぶりで,VRデモの整理券は早々に全滅し,入場制限まで行われるほどとなった。

HTCのVR HMD「Vive」日本版を入手。豊富な写真と画面でセットアップまで全解説してみる

HTC製の仮想現実(以下,VR)対応型ヘッドマウントディスプレイ「Vive」の出荷がいよいよ始まった。Valveが策定したVRヘッドマウントディスプレイ(以下,HMD)規格である「SteamVR」に準拠した世界初の製品で,最大で縦横3m×4m,対角5m程度の範囲にいるプレイヤーの位置をリアルタイムに検出できる「ルームスケールVR」を特徴とするものだ。
 Viveの特徴やコンテンツについては,製品発売前に行ったテストレポートやインタビュー記事を参照してもらうとして,本稿ではHTC日本から借用した日本向けの製品版Viveを開封して,製品ボックスに何が入っているのかから,PCでのセットアップまでを写真主体でレポートしたい。