毎日新聞にはネットリテラシーがあるのか?

未成年のうちから政治に関心を持つのは良いことだと思いますよ。
また、デモをするのも構わないでしょう。
ただし、オトナはその取り扱いに細心の注意をすべきです。

数年前、ある大学生が、一旦貰っていた内定が取り消されるということがありました。原因はgoogleの予測検索機能(サジェスト)。自分のフルネームを入力すると、身に覚えの無い犯罪(動物虐待だったと記憶します)がズラリと表示されていたわけです。容疑者と同姓同名か良く似た名前でしかも年齢まで近かったのが原因だった模様。

現在はgoogleと裁判中で、地裁判決ではgoogleに改善命令が出されましたけど、高裁判決では一転googleに責任なしとなったと記憶します。そして当のgoogleは米企業であり、またwebリソースには基本的には国境が存在しないこともあって、日本だけの法律には従えないという声明を出していたと記憶します。

なぜ、この話を出したか。

このデモに参加した娘さん達は、数年以内に就職するでしょう。あるいは結婚ということもあるかも知れません。

しかし就職するにせよ結婚するにせよ、今の時代では「とりあえず相手の名前を検索してみる」ということを試してみる人も多いんですね。

そのときに、このニュースは確実にヒットするわけですよ。

この子達は、その覚悟を持ってデモをしているのか。


なにしろ大新聞社のWEBに掲載されている記事ですから、2ちゃんねる他の掲示板や無数の個人運営ブログには、既にこの記事はそのまま転載されているはずです。

ですので、毎日新聞が今慌てて自社サイト内の記事を削除または再編集して名前を隠しても、もう手遅れです。

政治の見方、考え方というものは、年齢や社会経験によって変化してゆくものです。
むしろ、全く変化しない方が珍しい。

昔々ならば、学生運動で警察のお世話になった学生でも、それを黒歴史として封印し、まんまと銀行や大企業に就職できたりしたようですが、今の時代では少しでも新聞に名前が出てしまうともうアウト。その挽回には大変な労力が必要なのです。(既に公務員系、あるいは公的事業を扱っている私企業への就職は難しくなっているかもしれませんね。)

スポーツなどの入賞、人助けのボランティア活動、人命救助など、誰がどう見てもプラスになることについては大いに実名報道して良いですけど、こういった「微妙な問題」について、未成年の実名を報道するのは感心しませんな。

威哥王
三便宝

2015 猫のうんこを踏むりょーちゃん

昨年の反省。

一年中、非リア充です。はい。
教会の牧師先生が人生初の女性に変わったので
少し新鮮味というか、お会いしてから
オツムが柔らかくなった気がします。

あと体重測定がやばくなってきやしたっ
麺類控えめにせんとねー。
67→75→69てな具合なんで
10キロぐらい痩せてみます。

今年の抱負はー
抱負というか、目がたまに痙攣おこすようになったのでビタミンをとるように注意やね
睡眠不足は出勤時間が不規則なので
結婚するまで何とかこつこつ貯金するつもりっす。

新年は初詣に誘われましたが
やんわりお断りして

そのあと、迂闊にもお饅頭ぐらいの猫うんこ二個分を左足でー踏んづけてちまったーー
ケンケン足でティッシュまで跳んでいって
拭った瞬間、鼻つまむほど
茶色いうんこ臭に襲われるわーー

ケンケン足でシャワーで足洗おうと
風呂場に片足ジャンプしたら
風呂場のドアの天井に頭ぶつけるしーー

なんの天罰やねん
新年からギャグ漫画みたいなおバカっぷりでした!

元旦の天皇の言葉。

ある映画監督は「70過ぎてから作る作品は遺作のつもり…」だと言っていたが、80過ぎてからの公的発言は遺言ではないかと思った、天皇の 平成27年「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」を読んだ時に 。

「この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています。」

この言葉は重い。
何故ならこの言葉は《天皇》そのものが含まれていると思うからだ。
今上天皇の生まれる2年前に始まる満州事変から昭和の戦争を学ぶと言うことは、天皇制のあやうさを学ぶという事に他ならない。
そしてその歴史の中には、自身が靖国に足を運ばない理由も含まれてる。

そして、この言葉は皇太子にも向けられていると思う。
現政権は、時期天皇に「物分かりの良さ」を求めているからだ。