郵便局はやきもきしているだろうな

マイナンバー配達11月完了せず
12月に入ると、年賀状の取扱で、例年郵便局は大混乱する。
年賀状の枚数が減り、機械化が進んでもだ。
何しろ、どう頑張ったって物理的な嵩は、目に見えて減るほどではないだろう。

例年だと、大学受験やセンター試験の願書の書留の山も押し寄せる時期が迫っている。

さて、ここに想定外の遅れをきたしつつある大量の書留郵便物。

差し出しっぱなしの方は気楽なものだろうが、配達する郵便局の方はたまった物ではあるまい。

どんなに郵便配達員が優秀であろうと、一日に処理できる郵便物の量は限られている。
まして、受取を必要とする書留郵便であるかぎり。

つまり、このまま行くと、越年も十分に考えられるだろう。
少なくとも、願書も年賀状も、期限が決まっているから、それよりも期限の先にあるマイナンバー配達が後回しになることは間違いないだろう。

結局のところ、準備不足で走りだしたのが原因だ。

で、思い出すのが1980年台に実施をまたずに廃止された少額貯蓄非課税制度の見直しで行われた預金者番号制度。
朝霞の税務大学校に大型コンピュータを設置しながら、実施直前に廃止された制度だ。
確か私の手元にも、当時の郵政省の発行した「グリーンカード」があったはず。

今回の制度も、今からでは到底運用には間に合うまい。
だから、やるならば、無理せずに1年先送りし、2017年1月からにするしかあるまい。

今のままでは拙速のつけが必ずや廻ってくるだろう。媚薬通販
紅蜘蛛
淫インモラル

嫉妬

エヴェレスト 神々の山嶺
試写会が今日あったそうだ。出演している方々が好きな俳優ばかりなので気になる所。
V6の岡田くんでも昔は怒られてばかりいたそうで、意外だなと思いつつ、木更津キャッツアイの頃からは随分雰囲気も変わったかも。

世界の小ささが嫉妬を生む
日経ビジネスオンラインより。
前にふと目にした記事のタイトル。なるほどなーと思って。
記事の中身もそれはそれで面白いんですが、そこはいいいや

嫉妬。なんでこんな感情があるのだろうかと以前思ったことがある。
なんのためにあるのだろうかってね。
キリスト教でも戒めていた気がするし。
そもそも嫉妬てなんだろうかと思って辞書引いたら羨むこと、とか書いててアレなのでwikiより
ー嫉妬とは、一つの感情であり、主として何かを失うこと、または個人がとても価値をおくもの(特に人間関係の領域)を失うことを予期することからくる懸念、怖れ、不安というネガティブな思考や感情に関連した言葉である。ー
だそうだ。

ま、あまり持ちたくない感情の一つ。
世界の大きさ。以前書いた「海が聞こえる」の最後のシーンに通じるものがあるなと。
見ている世界が狭いと妬みやすいというのは、そこしか知らないからなんで私が?!って気になるのかも。
広くなるに連れて、そういうこともあるよねって少しは思えるのかもしれない。

歳をとってそう思うことも減った気がするが、周りを見てると年齢とは関係なさそうな気もする。
漢字は女編だが男女問わず抱く感情。
クライマーズハイという映画があって、あれば男の嫉妬を描いた作品だそうだ。
堤真一主演、御巣鷹山の日航機墜落を追った新聞社の話。
エヴェレストにも出ている尾野真千子も出ている。また、山か。
タイトルにあるように途中クライミングのシーンが挟まって進んでいく。
暑い季節になるとこの作品を思い出す。そして作中、北関北関と連呼されるので(北関東新聞の略)
潜在的に今、群馬栃木が好きな遠因な気がしないでもない

事件を追う裏で描かれるのは男同士の嫉妬。自分が成し遂げられなかった事を後輩が成し遂げるかもしれない。自由に動きたいけど動けない。妨害したくなる気持ち。プライドと憎悪。
多かれ少なかれ多くの人は嫉妬という感情を抱きつつも否定してままならぬ行動を取ってしまう。
しかし嫉妬は悪いことばかりでもないそうで。
きっと嫉妬を乗り越えた先には何か大きな得るものがあるんだろうな。

昨日書いたレオナルド・ディカプリオもおそらく嫉妬したのかもしれない。
時に負の感情が人を大きくする。
宗教的には否定されることが多い嫉妬という感情だけど、
嫉妬を感じた自分を否定せず、乗り越えていく。
そんな道もいいのではないかなーなんて思ったりしたのでした。
徳国公牛
壮根精華素
街頭覇王睾丸素