八乙女事務所

八乙女事務所に働いてました。八乙女事務所は利益重視といった感じの社風、苦しい事務所の空気、なんか嫌です。アイドルたちの仕事をまとめるのも疲れてしまいました。もっと明るく楽しみたい私には合わないところですね。何か今の生活を変えるチャンスがあるといいなと思っていました。「小鳥遊事務所の社長、小鳥遊音晴です。」優しそうな男の人が私を待っていました。「カフェにでも行きましょうか、ちょっと相談があります。」「はい」私は帰宅途中なのですが、とりあえずついていきました。小鳥遊さんは注文をして私の方を見ていました。
「少しだけ調べたからね。君は、八乙女事務所で働いているね。」小鳥遊さんはニコニコと笑っていました。「はい。」「で、お願いがあるんだ。」「うちの事務所、マネージャーが居なくてね、君に、マネージャーを頼みたいんだ。」私ははっとして小鳥遊さんを見ました。アイドリッシュセブン コスプレ衣装「はい、引き受けさせていただきます。」私は頭を下げて、小鳥遊さんに言いました。

自己責任

コミケや同人誌即売会などでは中学生の人はあまり歓迎されていない様子です。「まだ中学生だから、同時マナーやルールを理解していない。」「義務教育を修了してから参加すべきだ、思考能力に欠ける。」原因は何ですか。
マナーとか主催者さんや参加者さんに何か迷惑をかけてしまっていますか。マナーやルールも理解しているが、社会経験のない中学生では周囲に迷惑はかけていることが多いです。同人イベント参加には自己責任を果たします。
イベントについて自分でキーワード検索で調べましょう。R指定のある本は触れないでください。
交通費や買い物代などはお小遣いで余裕を持って使える範囲で趣味を楽しむのが良いです。お金は親のものです。経済能力の無い中学生は自分でお金を稼げません。コスプレはお金が掛かる趣味です。自分でお金を稼げない子どもは参加を遠慮してほしいです。

大雨

「最悪!傘、忘れてきた。」四葉環くんは不機嫌そうに声を漏らしました。
私は玄関先で空を見上げると、外ではザーザーと地面を打つ水の音が聞こえてきます。アイドリッシュセブン四葉環コスプレ衣装
逢坂壮五さんなら傘を持っていると考えたが、よく思い出せば逢坂壮五さんはきっと仕事の関係で先に帰ってしまったでしょう。
四葉環くんはきっと「今日は仕事もないし止むまで待ってもいいのだ」と思っています。私は止まなさそうな状態を見ると帰るしかなさそうですから、彼に声を掛けました。
「私の傘使いませんか。」靴を履き、四葉環くんの元まで駆け寄れば顔を見上げました。笑いながら四葉環に向き言いました。
「あんたが、困るじゃん。」四葉環くんはいつもの如く大げさに肩を揺らしています。
「私の家近いし大丈夫ですよ。」四葉環くんは玄関の外へ目線を向け地面の水溜りを見つめり、何を言ってるんだと再度私に視線を戻しました。「しょうがないから、じゃあ、途中まで。」

陸くん、天くん

「陸くん、大丈夫ですか。」苦しそうにしている陸に気づき、アイドリッシュセブン七瀬陸コスプレ衣装隣に行っていました。
「……大丈夫、ちょっと、緊張しちゃって。」
「なんでお前が緊張すんだよ。TRIGGERのファンだっけ?」
「あっ、いや……」
「そういえば、お前の歌い方ってなんとなく九条天に似てるもんな。」
「えっ、似てなんか……」
「陸くん、無理しないで、あそこのベンチに座りましょうか。」
「すいません……」
「七瀬さん。前から思っていたんですが、その呼吸、もしかして……」
「なんでもない、大丈夫です……俺は……俺を家族を捨てていった、あいつのステージを見なくちゃ……」
「家族を捨てた?」
「双子の兄さんがいるんだ。」
「双子ですか?」
「双子だから似てないんだけど。優しくて、何でもできて…、特に歌とダンスが上手だった。兄さんは・・・。オレのスターだった。」陸くんはそう言いました。そういって懐かしそうに微笑んでいます。
「・・・そいつが九条天。」
「TRIGGERのセンター、九条天。」
「TRIGGERの九条天が陸の兄貴!」

ミヤ王子

ソルシアナの国のミヤ王子に招かれて、この国に何日も過ごしました。ミヤはとても太陽のようにいつも明るいです。私はミヤが好きです。ミヤのそばにいたいです。ミヤは元気いっぱいに振舞って笑顔で皆を明るくさせていました。
木漏れ陽の中をミヤと並んで歩いています。
「君といるとさ、つい素の俺が出ちゃうんだよね。」ミヤは照れくさそうに微笑んでいます。私は胸がドキドキしています。
「どうしたの、さっきの怖かった?」
「ううん、何でもないよ、深呼吸をしただけ。」
「そっか。」城までたどり着きました。その時ミヤが立ち止まり、私に言いました。夢王国と眠れる100人の王子様ミヤコスプレ衣装
「ありがとう、俺もう自分を誤魔化したりしないよ。頑張ってみるから。」ミヤは力強くよう言いいました。太陽のような笑顔をしています。その笑顔を見ると、抑えようとした鼓動が高鳴りだしたのです。