八乙女事務所

八乙女事務所に働いてました。八乙女事務所は利益重視といった感じの社風、苦しい事務所の空気、なんか嫌です。アイドルたちの仕事をまとめるのも疲れてしまいました。もっと明るく楽しみたい私には合わないところですね。何か今の生活を変えるチャンスがあるといいなと思っていました。「小鳥遊事務所の社長、小鳥遊音晴です。」優しそうな男の人が私を待っていました。「カフェにでも行きましょうか、ちょっと相談があります。」「はい」私は帰宅途中なのですが、とりあえずついていきました。小鳥遊さんは注文をして私の方を見ていました。
「少しだけ調べたからね。君は、八乙女事務所で働いているね。」小鳥遊さんはニコニコと笑っていました。「はい。」「で、お願いがあるんだ。」「うちの事務所、マネージャーが居なくてね、君に、マネージャーを頼みたいんだ。」私ははっとして小鳥遊さんを見ました。アイドリッシュセブン コスプレ衣装「はい、引き受けさせていただきます。」私は頭を下げて、小鳥遊さんに言いました。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/azusa611/26534