自主性亡き増税論には反対だ

ついに「たばこ一箱1000円」の到来か――税理士が「大幅増税案」に賛成する理由
タバコに対する税その物の増税には賛成だ。
だが、示されている論拠には反対だ。

反対理由は明白だ。
海外に比べて云々と言うのは、税の根拠としては、あまりにも薄弱だろう。

やっていることは、「お隣がローンを組んで住まいを新築したから、うちもやる」と変わりがない。
世帯構成や年収を度外視しているからだ。

同じ事は、所得税や住民税の課税最低限引き下げ論についても言える。
こちらも、単純な外貨菅さんだけ、物価や可処分所得、購買力平価を無視し、高過ぎると主張する。

消費税についても同様だ。

都合の良いことだけ海外を引き合いにだし、それ以外に主たる論拠を見ないのは、あまりにも自主性がなさすぎる。
この点において、この増税案には反対だ。

増税案の根拠に海外の例を出すべきではない。
無論、結果として同じ水準になる事は妨げる根拠にはならないが。

喫煙者の肩身を狭くし、嫌煙者を勢いづかせていることの一つに、恐らくは少数の喫煙者による喫煙マナーの悪さがある。
喫煙制限区域内での喫煙、
吸殻や灰の放置や投棄、火のついたまま投げ棄てる者すらいる。
自分だけはヤニ臭くならなければと言う者、

最近頻繁に見かけるのが、タクシードライバーの無法ぶり。
車内禁煙を始めたのはいいが、喫煙者ドライバーは、客待ちの列にいるとき、車外に出て、一斉に喫煙し、吸殻を路上に投げ棄てている。
例えば、千代田区内は、全域が路上喫煙禁止であるにもかかわらずだ。

これ、条例に抵触するばかりではない。
状況により、裸火の取り扱いを罰する軽犯罪法、或いは刑法にも抵触する。
ひょっとしたら、廃棄物処理法なども絡むかもしれない。

だから、増税の根拠として、こう言った不心得者に対する懲罰的課税として、当分の間一箱千円、或いはそれ以上になる様な課税をすると言うならば、それなりの自主性があるだろう。

嗜好品に対する税は怪しからん、酒も同じにしろと言う論も耳にする。
確かに、泥酔者の吐瀉物は迷惑だ。
だが、現在飲酒禁止条例や、飲酒禁止区域は存在しまい。
喫煙も、自宅内、喫煙場所内ならば、一切咎められない。
ヤニ臭い呼気と衣類などに眉を顰めらるとしても。

そして、これならば、喫煙者諸君も、異論は出し難いだろう。
タバコに関する税を増やさない、減らすためには、マナーを弁えない諸君を根絶すれば良いだけだからだ。
税を上げるも下げるも、喫煙者諸君の総意にかかっているからだ。
だが、根絶は、恐らくは困難だろう。
つまり、喫煙率が、0.000000000パーセント以下にならない限りは、安定した税源となり続けよう。
威哥王:http://www.feelkanpo.com/view/415.html
三體牛鞭:http://www.feelkanpo.com/view/812.html