協議と調停と裁判

何度も何度も 書いてますが…
ワタクシ、二度 離婚してます(笑)

二度とも、一応は〈協議離婚〉
勿論、そこに至るには 時間も手間もかかったし、精神的にも かなりキた
けど、おかげで 面倒な役所手続きだけは慣れた(笑)

でも〈離婚調停〉は、経験してへん
て事で、知らん事が 結構あった

先ず
不成立があるってのを、知らんかった

ま、譲る事の出来ひん事が多いからこその調停やし
考えたら 不成立があって、当たり前(笑)


不成立やった場合、どうなるんか…
訴訟しか、ないんである
(稀に〈離婚審判〉てのがあるらしいが、裁判所の裁量)

ま、要は 裁判ですな
当然、弁護士を雇わんと 進めるんは難しい
…そんな金、あるかッ!‍
(因みに、余裕で100万はかかるらしい)

当然、話し合いでの解決は いつしても構わん
調停の最中やろうが、調停不成立の後でも 可能
それは、裁判中での〈和解勧告〉でも 可能

普通に考えたら、費用と期間のかかり過ぎる裁判は避けて、協議や調停で 離婚したい
三體牛鞭
三体牛鞭
勃動力三體牛鞭

化粧

なぜ女は化粧しなければならないのか。

私は化粧苦手です。
不器用なので(笑)
基本的にいつもノーメイクです(´・ω・`)

仕事でも化粧してないです(笑)

さすがに人前にでるフォーマルな時はしますけど。

ちなみにプロフ写真もメインの写真以外は化粧してないです(笑)

あはは(´∀`)

女性のメイクは努力の証なんですよね。
自分を磨くことの1つ。

社会人としての当たり前の身だしなみ。

うーん。
頑張らねば(T ^ T)
蟻力神
五便宝

酒癖

はぃよー!ゆうなですー( ´ ▽ ` )ノ

やばいぐらい寝てない!

みんなから 元気玉貰ったのになぁー(>人<;)

しかし お酒弱くなったなぁー…

去年の今頃は 鏡月フルボトル3本 シャンパン5本とか…
まぁ お会計で 目ん玉飛び出たよね!笑

んで 気が付いたら知らない客のボックスで飲んでたのなんてザラ!

タクシーでかえって 家の駐車場ですっ転んで 顔打撲…
あげく 真冬に部屋までに服脱ぎ散らかして 起きたら 江頭状態の黒タイツだけ!
はい めっちゃ 風邪ひきましたよ!



いまは そんな飲み方はしないのだ!!

最近飲みに行っても3杯目ぐらいでいー気分(*^o^*)

元々 飲めない体質だからさ
ビール一口も飲めなかった

付き合い程度で飲めるのが1番かなぁーって思う( ´ ▽ ` )ノ

まぁ 晩酌は毎晩なんだけどね笑
FLY D5
妻之友

ぼーっと昔を思い出す

頑張れば認められると

必死でやりさえすれば物事は好転すると

ただ単純に、純粋に信じていた頃があった。

まだ社会に出たての若僧で会社という組織も一人で生きていくという辛さも知らなかった。

言われたことをしっかりこなし

毎日頑張っているつもりだった。

大人になってから人前で涙を流したことは二回ある。

一度目は大学を出てすぐの頃

学生の時バイトしていてパチスロ店にそのままフリーターとして居ついていた時。

不人気店舗だから、たちの悪い客が我が物顔で、やりたい放題やっていたんだけど

それを注意しろと指導されていた。

正直すごく怖かったけど

ルールを守っていただけませんかと

何度もお願いした。

注意するのが俺だけだったから

必然的に口うるさい目障りなスタッフとして

お客さんには嫌われた。

上司もかばってはくれなかったし

お客さんには目の敵にされるしで

かなり追い込まれていたと思う。

ある時大きなスタッフ同士の揉め事があり

緊張の糸が切れたのか

何もしなくても、無表情のままで

すーっと涙がこぼれ始めた。

感情を高ぶらせるとか

泣きわめくとか

そういうこともなく

ただ静かに、頬を伝って止めどなく涙は流れ落ちた。

その日、そこを退職することにした。

数年後、大手の警備会社の営業職についた。

厳しいと評判のボスがいる支店に配属され

毎日毎日プレッシャーをかけられ続けた。

デスクの前で三時間立たされて人間性を否定され続けたこともあった。

頑張ろうとして動けば、それは違うと言われ

動かなければ何をやっているのだとどやされ

何も分からない新入社員はただただうろたえ、怯え疲弊していた。

もうこの人にはついていけない。

ある時それをそのボスの前で打ち明けたとき堰を切ったように涙が溢れだした。

回りには先輩や後輩がいたけど

子供のようにしゃくりあげて泣いた。

良い大人がすることではないと

泣きながら思わなくはなかったけど

それでも全然止まらなかった。
狼一号
VigRx
男宝

「打算的」な恋愛ではいけないと思う

社会人になると恋愛が打算的になる?

いいえ。

「現実的になる」と言うのが正解。

少年少女の恋愛は,今,目の前に居る相手と夢を描けるか。
大人になったら,2人の将来を一緒に描けるか。

この違い,小さそうに見えても大きい。

現実的になると,面倒なことも増えます。自分たちの実生活的にも,対・社会的にも。
それをこなして行ってこそ,先がある。

この時点で恋愛することを諦めたり非婚を選ぶのは,まだ子供のままでいたい,と言う願望の表れなのかな?
そんなことを言っても,周りは否応なしに「大人」であることを求めてきます。
その要求は,自分の恋愛の相手からも強く求められるはずです。

それとも,2人で揃って,現実逃避を続けるような恋愛を,延々と続けるのでしょうか?
やっぱり,大人なりに,自分のパートナーに対しても責任を持つようにならざるを得ないと思いますし,そのほうが,良い関係を続けることが出来ると思います。
実際,私の身の回りにも,ずーっと長いこと付き合っていて,同居もしているけど,忘れた頃に入籍したのとか,いますけどね。
ある意味,「大人の責任」を取れるようになったのでしょう。

結婚相手に「大人の社会的責任」を求める,と言う意味で,フリーターが嫌われるのは,やむを得ないことなのかも知れません。

定職に就くことは,夢を諦めること?
誰がそんなことを決めたの?
社会人には夢が無い,と言うわけじゃないんです。
現実に押しつぶされそうになりながらも,自分の夢を捨てずにいることで,現実のあれやこれやを,こなしているのです。
夢の形は変わってゆくのかも知れませんが。
その辺りの覚悟を決めるのも,「社会人になること」の重要な要素なのでしょう。

打算で結婚するんだったら,玉の輿でも狙ってみたら?
淫インモラル
FLY D5
RU486