高校野球

高校野球が毎日、甲子園球場で行われている。
高校野球自体に殆ど興味は無いのだが、一般的には地元から選出された高校を応援するものなのだろうか。

興味が無いのが前提でどうでも好いと言えば、全てどうでも好いのだが応援する高校が無いのもまた問題である。
一応、東東京に含まれる高校を卒業して今もその東東京の圏内に住んではいるのだが、ただそれだけのことで〝郷土愛〟とか〝地元愛〟と言った感情が殆ど無い。
普通の人のように応援する高校は無くとも地元から行った高校を応援出来るだけ羨ましいと思うばかりである。

自分は丁度、早稲田実業の荒木大輔が甲子園を賑わした正にその世代、同い年であるが荒木も早実も前評判の割には活躍しなかった。
先年、と言っても既に何年も経つが斉藤裕樹を要する早実が優勝した時の方が断然実力が上だろう、荒木の時は評判倒れみたいな感じでイマイチ、活躍しなかったのではないかと思う。
尤も、自分は東東京の高校に通っていたが夏休みの高校野球が行われる時期には奈良に帰省していたから地元の報道と言うのには殆ど接していない。

おまけに荒木はウチのクラスにいた野球部の奴が云うにはかなりアホだったようで、野球だけで早実に行ったのでテストの点数は惨憺たるものと言うより、赤点を越えたことが無いとかあるとか言う話でそいつからアホぶりだけが伝わっていて、全然期待していなかった。

野球と学業は関係無いだろうと思うかもしれないが、どんなスポーツでもある程度以上に賢い=クレバーじゃないと勝ち進むのは難しいだろう。
野球のみならず、あらゆるスポーツに共通すると思う。
相撲のような格闘技に類するものでも力があるだけで勝てる筈も無い。
どんなスポーツもそれなりに頭を使わずに好結果を残すのは余程、実力差が無い限り難しいと思う。

そんな事より、この〝郷土愛〟と言うものに乏しい人間は高校野球のみならず、色々な場面で困る。
地元が無いと言うのは非常に寂しくも哀しくもあって、それで親を恨んでもどうにもならないし、どうなるものでもないだろう。

今年の高校野球では殆ど本気で見ていなくて(毎年そうなんだが)、ベスト8ぐらいに残った高校を見ると何処を応援しようか悩むほど。
富山がベスト8に進んだの珍しいと思うし、新潟も僅かに住んでいた。
両地とも魚とコメと酒がウマいから住むには充分の上、持ち家率も高い。
沖縄のピッチャーは同姓だったが、そんなに多い苗字じゃないから変に親近感があるが陰ながら応援していたのに負けてしまった。
熊本なんかも結構、好い所まで行くし、今準決勝をやっている大阪は浪人時代に住んでいたが殆ど愛着は無い土地で応援するまでも無く強いので応援する気にならない。

それに高校野球が不思議なのは選出たちの余りの感情表現。
勝てば嬉しいに違いないとは思うが、負けた時の悔しがり方も大変な感じを受ける。
見ているとこの選手、試合に負けたぐらいで大の男が大泣きしているのを見れば試合の後で自殺でもするんじゃないかと心配になる。
今まで、そう言う報に接したことは無いから良いのだがそこまで熱くなれるのは羨ましい限りだ。
単純に若さゆえの特権とも思えないような気がして、自分に振返れば何にそんなに熱くなったことがあったろうか?と、思うばかりである。

今、試合が終わって明日の決勝は関西同士の対決になるようだ。
出来れば勝っても負けても清々しい顔の選手たちを見たいものだ。

暗愚なネトウヨにはヘイトの意味すら分からない

「安倍政権打倒を唱えるのもヘイト」「中韓だってやってるじゃないか」と喚くネトウヨが跋扈する つぶやき欄を眺めるにつけ、気が遠くなる。

ネトウヨのバカさ加減と大量発生具合、及びそこから伺える日本の病巣の重篤さに。
そりゃ、ゴキブリにも喩えられるワケだ。

ヘイトスピーチってのは中傷であり人権侵害。人種や民族に対するものだから、オリンピックを開催する東京には相応しくない。…だが、そもそも東京だけ対策すれば済む話でもない。

舛添さんの言ってることは至極、真っ当な話。

一方、ネトウヨが言う「安倍政権打倒というのもヘイトスピーチ」ってのは、あらゆる意味で間違ってる。

アタマ大丈夫?と心配になるレベル。

まず、政権打倒を唱える権利こそが民主主義であり、憲法で保証されている基本的人権の本質。
つまりネトウヨは、民主主義も立憲主義も分かってないってこと。
そりゃ、安倍政権も支持するし、安倍政権が本質的にナチスと酷似って言われてもピンと来ないよね。

だって、何も分かってないんだから。

それに、安倍さんは別に民族でも人種でもない。安倍民族に対する中傷だとでも思ってるなら、病院に行ったほうがいい。

まして、自分たちの蔑む対象であるはずの中韓もやってるだろと顔を真っ赤にしてるなら、火病を発症している自分の血統をまず疑ったらどうか、って話にしかならない。

どこまでも暗愚。

【佐世保女子校生殺人事件】報道の姿勢と少年法

この事件、だんだんマスコミもゴシップ化してきたね
今回の見出しなんて「高一女子切断」だよ、「切断」
そこまでグロな見出しにしなきゃいけないの?「佐世保殺人」でいいんじゃね?
こんな見出しになっている事件で、本気で事件を掘り下げるつもりがあるのかどうか疑問

ところで、いつも言ってることだけど、なんで片方が実名で片方が匿名なん?
死んだ人間は恥をさらしてもいいけど、生きてる人間は護らなきゃいかんと?
少年法の精神は、犯罪を犯した少年が、今後の更正の妨げにならないようにという配慮で、実名を伏せることになっている
ところが、ゴシップマスコミ連中は、被害者はおろか、加害者の実名も、近所に「取材」という名目で吹聴しまくっている
少年法の精神は、社会復帰の妨げにならないようにという配慮からで、一番知らせてはいけないのは、「今後その少年が社会復帰で接触する可能性のある人たち」なの
言っちゃ悪いけど、あたしのような遠く離れた人間にはその実名が伝わろうが伝わらなかろうが、ほとんど関係ない
関係があるのは近所や同級生なのに、その連中に「取材」と称して実名を教えてどうすんの
「そんなこと言ってたら取材できない」なんて反論もあるだろうけど、それなら取材すんなよ
それが少年法の精神ってやつです

要は、実名報道する根性もなく、必要性の説明もできないから表向き「匿名」としながら、関係者に加害者の個人情報をダダ漏れさせている、単なる卑怯者じゃね?
「子どもの頃給食に異物を混入させた」とか、「賢い子だった」とか、自分たちが勝手に取材した「イメージ」を拡散するだけの「取材」なんて、百害あって一利なし
何のために法があるのか?自分たちの「取材」がどういう影響を与えるのか?
マスコミを名乗っているなら、もっと基本の部分から見つめなおしてほしいものです

恨み骨髄に徹する

長崎 高1女子殺害 徳勝もなみの父親 再婚相手は妊娠中 20歳近くも年下の愛人

奥さんがガンで闘病している時から新しい愛人と仲良くしていたのだね。
それで、犯人は父親に対する強い反抗心があった と、どこかでも読みました。

私の友達にも全く同じパターンの人がいたので驚きました。

その男友達のお母様は胃ガンで闘病しており、よくその子が車椅子のお母様を連れてお散歩したりしていましたが、
亡くなる前から父親が家に殆ど帰って来なくなりました。
お母様が亡くなって2週間もしたら
『結婚前提の彼女がいるから』と言い出してその彼女の家に入り浸るようになり、その子と弟の待つ自宅には殆ど戻らなくなったらしい。

しかも、その愛人は亡くなったお母様を看病していた看護婦。
お母様の闘病中に、看護婦と父親がデキていたのですね。
非常識なことをするのね。

お母様が亡くなって即再婚しようとしていたらしいが、親戚の目や世間体があるので隠していた と。

そのことが発覚してからは、その子は父親のことを避けるようになり、
私達の前でも父親のことを恨み骨髄 という感じでした。
父親のことを恨んでいる とはっきり言っており、その子が弟の学費も払っていた。
父親が、学費を払おうとしたらしいが、そんな父親の世話になりたくないとのことで自ら断ったらしい。。、

お母様の死の直後だったこともあり、精神的にいっぱいいっぱいだったようで、このことを私達に話してる途中で涙が出てしまっていた。

高校の時も、九州のほうに両親がいるのにわざわざこちらに住んでこちらの学校に通ってる子がいたが、
ある日、
『実はお母さんが不倫していてお父さんは気付いてるからしょっちゅう喧嘩ばかりで、会話も一切無く、私はそんな家にいるのが耐えられないから、
祖母がいるこちらのお家に住まわせてもらって、こちらの学校に来た。私にはちゃんとした家庭すらもなく、
すごくつらい』

と話してきた子もいた。

簡単に不倫をする人がいますが、子供はそういった親の異変を感じ取りやすいし、両親の不仲も敏感に感じ取り人格形成にも影響を及ぼしている。
子供はよく親を見ているのだな と思う。

そういうことも含めて親の背中を見ていると感じました。悪い環境に曝されてきた子の心の闇は深い。
影のあるような子が多いのは気のせいではないと思う。少し発言がおかしかったりね。

個人的には、こういうことをしている人間は全く信用がないし軽蔑してしまいます。
子供を不幸にした上に成り立つ幸せなんてウソっぱちだと思う。

こういう子たちを目の当たりにしてきたので、親としての責任感くらいは持って欲しいと強く思うのです。

ただ、今回の事件の加害者のしてしまったことは全く許されません。
欲求を満たすのに躊躇ないのは父親譲り。

ダブルスタンダード

都議会のから騒ぎの件です。
ネットを見ていなければどうでもいい話でしかないんだけど、発言者の特定とかどうでもよくて、そもそも報道されている発言内容も正しいのかも議論なわけですね。
少子化対策として、「 “みんなが”結婚したほうが良いんじゃないか?」というニュアンスで結婚を促すような要旨のヤジだったという説もあります。
こうなると発言の内容そのものが変わるわけです、ハイ。
発言をねじ曲げられた内容で騒ぎ立てて、言ってもいない発言者を特定されて、言ってもいない内容で謝罪するのですか??とも思うわけです。
所詮、ヤジなどは議事録に乗らないし、公式の発言ではなく受け流すべきものです。

確か、以前こんなヤジがありましたね。
こっちは明らかに厚労省に認定されている潰瘍性大腸炎という病気を冒涜したヤジなんですが、ヤジが問題であれば、病人を冒涜したヤジより、要旨の分からないセクハラ?発言を問題視することは問題ないのですかね
これこそダブルスタンダードでしかないわけです
このヤジを問題視するなら、病人よりセクハラの方が問題と主張してくださいね
自分や身内が病気であっても、他人のセクハラかもしれない発言の方が問題というのを是非実行していただきたいと思います

結局、慰謝料として1500万円受け取れる神経を持った人間が、ちょっとした発言も受け流せないという神経を持ち合わせているわけでありまして、このようなのを女性の敵であって、こういった女性を擁護出来る男性や女性がいるからこそ、女性の地位向上を損なう行為なわけです。
そういった意味では、小保方氏も一緒ですかね
女性だから許される??
女性は尊重しないといけない??
だったら、間違った意味で尊重しなければいい!正しく尊重すればいい!
それだけの話ですよ!!
それが出来ないからこそ、間違った形で男性や女性の差別??とかいう土壌を作ってるわけですがね
あとは、このヤジを問題視した人が7万人近くいたわけですが、自らの発言に責任を持って、病気よりセクハラのほうが問題というPolicyを貫き通してください