幸せかもしれない告白する必要がない

幸せかもしれない必要告白、痛みも必要ない叫びのように、心に耐えることができるのでさえすれば、かつての日々は、私に何が愛です、何かは心の喜び……失われた日々、心の深い痛みの記憶、私はなんと希望の時間がすべてを持っていく。

自分がとても強靱だと思って、独りで耐えるこのすべて、といつも思って離れてすべてを忘れても、逃げようには弱さを体現していて、ときには恋しい思い、記憶はまだ存在しているが、他人をだました自分を騙させない。

人を愛するが一秒、忘れるかもしれない一年、十年もの一生の1世、しようとしたすべての幸福はあなたにどのように、私もあなたの世界に入ることができないかもしれないが、私の世界はあなたは気にかけないで、そうなのかもまだ足りない、こんにちは!私はあなたを気にしたくない、こんな折磨自分こそ、徹底に君を忘れて、目じりのなかでたびに涙時、やっと自分で自分を騙し、かつてのすべてが、早くも去らない。

愛の背後には恨みは離れて、たとえ友達の名を借りて相手を愛している、一生も愛しているかもしれないが、すべてが最初から決められたその結末は、自分を死守する頑固の愛あなたの思考になるのは自分の罰だろう!たとえ友達を選ぶの名義で相手を愛しているけど、友達を選ぶと滯在あなたの傍には行かない、会いたくないからお邪魔して、相手の生活を、もう一度彼女を傷つけ、すべて落ち着いて、黙々としてあなたを愛しているといい。

行かない自責、生活本無間違いに対して、愛もないと間違いは、逃すの時間、逃した場所、逃す人、このすべてはすべて運命は誰にもできない変更できない以上は必要ない!変更を変えて、自然に、少なくともまた友の名のもとに愛を守るている。

あの愛を胸に最も深い所に関わらず、受ける何の苦しみも心で彼女を守る命命の終瞭まで、彼女のために全てを受け入れて。

愛しているから。
巨人倍増:http://www.xn--gmq15an1qquf7nnhnq.net/
威哥王:http://www.akanpo.net/product/299.html

改めて哀悼の意を…

僅かながらにも進んでいる各地での復興

未だに立ち入ることができない居住地域

人々の記憶の中から色褪せようとしている未曾有の被害

家族との別離で嘆き悲しんだ日から少しでも立ち上がろうとしている被災された人々

放射能の影響で農業や漁業が成り立たない人たち



私たち直接被災を受けなかった者が何を手伝い、何を語ろうと被災された人々の心中は推し量ることはできない

それでも現地へ行った者にはどうなったのか

ボランティアで行きながら逆に大変なところに来てくれてありがとうと涙ながらの微笑みで声をかけてくれたあの人たち

今は元気で暮らしているのだろうか

あれから4年

年老いた人たちにとっての4年は長い年月

どうかいつまでもお元気で長生きして下さいと祈るしか他にない

併せてお亡くなりになった何万もの人々への哀悼の意を申し上げます


いまでも仮説住宅で一人で暮らしているおばあちゃんがいる

ボランティアのときにまるで孫のように迎えてくれた人

今でも四季折々に手紙をもらっている

もちろんすぐ返事を書いて写真も同封したこともあった


いつも現地にはいられない心苦しい想いも胸のどこかにある


そのおばあちゃんに当時付き合っていた恋人を亡くしたことを話したことがあって

慰問のつもりが逆に共感してもらったり励まされたり


仮設は仮の住まいであっても人と人との繋がりに仮はないのだ


今度は関東

首都直下

東海

巨大な地震や富士山の噴火で被災することも十分考えられる

そんなとき日本各地からボランティアや物資の搬入などに駆けつけてくれるのだろうか


東日本大震災や長野県地震や広島の土砂災害や風雪被害や

風化させるということはいつか自分たちが被災したときに誰も手を差し伸べてもらえないということなのだ


慰問でも観光でももちろんボランティアでも何でもいい

少しの時間とお金があるのなら現地へ行くことが、人が絶えずいることが風化させないことになります


少し前に今週の土曜日に婚約者を連れて手紙をくれているおばあちゃんに会いに行くと手紙を出しました

すぐ返事が来てちらし寿司を作ってくれると書いてありました


あのとき見せてくれた微笑ましい顔を見たくなったから二人で行ってきます


最近は腰が痛くなったとも書いてあった・・・