スンゴイ、眠いzzz

結局、昨夜は一睡もせず。
その分、朝の6時から透析を開始して7時のカフェの開店と同時にモーニングを食べに出掛けたが冷房が効き過ぎて寒くてしようが無いから直ぐに帰ってきてから家で新聞の残りを読む羽目に。
確かに開店と同時に30℃ぐらいあるような陽気だったが、冷房は22~3℃にでも設定しているんじゃないかというぐらいに冷たい風がハゲた頭の真上から当たって、クッションになる毛が無いもんだから冷凍庫に頭突っ込んだみたいに冷たくなってきて退散…

いつもの店だから文句言おうかと思ったが、店側は寒くして置いて長居しないように仕向ける戦略かもとか考え、余計なことは云わない方が無難だと思ってそのまま帰って来た。
今日は9時~10時の間で薬剤の配送が来ると言う連絡だったので寝る訳にも行かず、眠くてボォ~とする頭で10時のバック交換まで我慢。

10時にバック換えてチョッと横になったら2時間も経っていて、エアコンが片側だけ当たるものだから左半身が痺れたような感じで目が覚めたら今度は、コブラツイスト攻撃!ならぬこむら返りと言うより、いつものツリっツリっ…
うぅぅぅぅ~~~、ぐぅぅぅぅぅぅ~~~、がぁぁぁぁぁぁぁ~~~、ガガガ、イテテ、ゲッ…
と断末魔の様な喘ぎ声を上げながら七転八倒で苦しんで、ツムラの薬を飲んで収まるまで生きた心地がしなかった。

14時に排液してランチに出たら、時間を逸して散々歩く羽目に…
さっきは喘ぎ、悶絶していたと言うのに歩きだしたら快調でホント自分の身体が理解できない。
結局、17時過ぎに帰って来るまで食事してお茶しながら本読んでで時間を費やした。

今日の収穫。
途中のナチュラルローソンの雑誌コーナーで〝公募ガイド〟と言う雑誌を発見。
日本中で募集している公募について集めた物のようでネーミング・標語、文芸、アート、フォト・ビデオ、音楽・芸能、学生向けにアイディア勝負のノンセクション。
まだ殆ど見ていないが、何か自分でできる物、出来そうなものにチャレンジしてみようかなと思う。
こんな雑誌に630円もの値がついているのも相当だと思うが、瓢箪から駒と言うことも無いかな

建て替えか?

三ツ沢のサッカー場の近くだね。サッカー好きでココ買った人も居るのかな。
基礎の杭じゃ建て替えしかないんじゃないかな?

25年位前に横浜駅に近い鶴屋町のビルに関わった事があるんだけど、
あのバス通りの山側は地盤が急に落ち込んでいる所で、表と裏ではわずか20mほどで
深さが大幅に違うんだとか。
なのでそのビルも10F建てだったけど躯体が出来るまでが大幅に遅れたのよね。
建てたのは三和だったけど、ウチが関わったのはそこの地権者の人の部屋で
その人は業界関係者だったから大林を推薦したんだけど、安値と他の地権者への接待で
三和に決まってしまったとか。
でも工事始まってから地盤の問題で工事が遅れた時に、実はその近所で大林が工事してて
周辺地盤のデータは持ってて、「だから言ったのに」って感じだったとか。
まあもともと海だった場所だしね。


三ツ沢のも地形的に急な傾斜のある場所だし、たぶん複雑だったんだろうな。

それと、設計や施工に余裕が無いのかもね。
そうでなければ多少の事があっても全体で持ち合ってそう簡単に傾いたりしないんじゃない?
耐震偽装の時もみんなこぞって「倒壊する」とか騒いだけど、実際にはまだ建て替えてない所もあったと思うけど地震がきても倒れたなんて聞かないし。

さて誰がどう責任取るのかね?

特別なニーズをもつ子ども

「サラマンカ宣言」では、知的に遅れ、だけでなく、飛び級できるような子、辺境に住む子ども、マイノリティなどの子、いろいろ「特別なニーズをもつ子ども」として個別対応するのが理想といわれています。

普通学級にいきたいというのもわかるんですが、座っていなさい、で我慢させるより、もっとやらなければならないことがたくさんあります。

どんなに重度の方でも、速さは違っても必ず発達するし、興味持ったことはできるようになりますから。
作業療法士さんと相談しながら、その子のための教材つくって、課題できたときとかほんとに嬉しかったし楽しかったです。

1⇒2⇒3⇒4⇒5
という進み方ではなく、2⇒3⇒1⇒4⇒5、な人もいるし、1.1⇒1.2⇒と進む方もいます。
どういう進み方をしているのかみながら、いろいろやってました。
ハマると嬉しい。
これはぜひ体験して欲しいです。楽しいですから(笑)
でも、13人を2人で、だったので気合いいりましたが。

つぶやき拝見していて「親の気持ち」と「学校」の視点はあったけど、その子はどうしたいのかな、というのがあまりなかったですね。

絵に書いた餅、なんですが、本当は入学する前に学校と保護者で話し合い、担任の先生は、週一度養護学校の先生などの専門家からアドバイスをもらうことができます。

あと、まさかとは思うけど、「普通学級に!」のお子さんは、きちんと「障害者手帳」もらっていますよね…。
生まれたときからの障害は、18歳までに認定されていないと、以降のしょうがい者のためのサービス受けられなくなります。

自分が死んだあとが心配という方多いですが、福祉事務所の担当者としっかりつながっていた方がいいです。
味方になってくれる人がいないときびしいところはあります。
で、親が死んだら、その子のきょうだいに同じくらいの負担がいくのか、というのもありますが、それはないです。
入院した時に連絡いくくらいだと思います。

子どもにとって一番いいことのうち、まわりができることはなんだろうってことを考えていきたいですね


身体壊さなかったら、特別支援の教員になるはずだったのになあ…残念です

男の統計も…

女性でもそう思うなら、男の場合はもっと多いと思いますよ。

同棲していた時、
毎晩「あっためて…」とベッドに入ってこられたのは
正直重かったですよ。
「おい、もう6月なのに寒いわけねぇだろ…」
と思いながら、それでも受け入れましたけど。

仕事でへとへとになってぐっすり眠りたい時に
ベターっとくっつかれたら暑いし
「もう勘弁して…」という気になります。

眠りに落ちそうになっている時に話しかけられると
キレそうになることもあるからね。

それでよく喧嘩になったこともありました。

この他、一緒に寝て疲れが取れない原因は、
寝がえり、おなら、いびきなどです。
元々眠るのが下手な僕にとっては毎晩が辛かったですよ。
しかし愛情を皮膚感覚で確認したいという本能を持っている女性には
一緒に寝たくないとはとても言えませんでしたからね。

だから女性が「毎晩彼氏と一緒のベッドで寝るのはは厭」
と思ってくれているのは男にとっては大歓迎だと思いますよ。

どうでもいい

正直なところ、こげなのを議会の問題にすることが問題以外何があるんだか
下品なヤジでヤジを飛ばした人の人格は疑いますが、何でもセクハラ扱いにするということについてはどうかと思うわけです。
セクハラにしてもパワハラにしても一緒なんだけど、嫌に思えば当てはめて騒ぐといったところも多々あるわけで、嫌悪感を抱いたら、これらの用語で片付く問題ではない。
当然の話ですが、犯罪行為については別だし、これは刑事事件として取り上げるべきで、校内とか社内のことだから、違法行為を合法化するというのも問題なわけです、ハイ。
いじめとかいうのも、内容次第では犯罪なわけで、犯罪をいじめで正当化してはいけません
この件は、議論の本筋に関係ない意見で終わりですね。こんなもん・・・。
「議会の品位をおとしめるヤジは無いよう注意して欲しい」の申し立てで十分で、この内容をニュースにする価値があるかと言われたらギモンを抱くだけの話です。

あと、ツイッターで「うやむやにするつもりか」と批判した都教育委員で作家の乙武洋匡さんは「今回のヤジはおもてなしと正反対。本当にこの街で五輪を開催できるのか」とかあるけど、この件と五輪って関係あったけ??と思うわけですね。
自分の主張をするために、起きたことを理由にしてるだけでしかないし
結局、下らないヤジを飛ばした方も問題だけど、それを受けて下らないことで騒ぎ立てるという感じなんだよなぁ。。。
晩産化の対策とか、女性の社会進出にしても、真剣に議論をしてるようには思えないわけです。
配偶者控除とか第3号被保険者の件で議論している地点で、ハッキリ言ってどうでもいいと思ってるとしか受け取れないわけで、女性の管理職の割合をとか何の意味があるのですかね
本当にどうでもいい議論をしている上で、どうでもいいことをほざいているだけの話でしかなく、問題を解決するのではなく、問題を利用して目的と手段のすり替えを行ってるだけの話
下らないことで騒ぐというのは、問題の本質の論点を逸らしているだけの話でしかないわけで、批判するのはいいんだけど、本質は見失ってはいけないわけですね