勝手に歴史の話を出すけれど。

まずはお断り。
以下に、江戸時代までの高貴な身分の方のお話を例に挙げます。
今回の記事から焦点は外れると思いますが、あしからず。

今の感覚だと、父=公家や殿様で、母親=その子を産んだ人だけど、
当時の慣習では、母親=父親の妻だったそうだ。
側室=妻の代わりに公家や殿様の子を産む役目だったそうだ。
代理母ってわけだ。
つまり、側室は産んでも母親とされないわけ。

勿論、周囲の大人からは“御部屋様”とか“御袋様”とは呼ばれて、その子が次の当主になりにでもしたら、
その側室の実家の一族は重用される可能性が大きいけど、子供には“お母さん”と呼ばれることは無い。
2人きりの場面ではあったかも知れないが、表向きは決して言われることは無かっただろう。

大正天皇が、自分の生母が昭憲皇太后ではなくて驚いたという記録が残っているそうだ。
それは、まだ良いかも知れない。

出展は失念したが、維新後に側室から産まれた松平容保の息子の供述が頭から離れない。
「目の前に自分を産んでくれた人がいるのに、その人を“お母さん”と呼べなくてとても辛かった。」

子供に暗い影を落とすようなことはあって欲しくない。
ただ、現状ではスッキリとした解決策は無いように思える。

今のオレの頭では、良案が思いつかない…。
催淫剤:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
催淫薬:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/