レーザーポインターとの違い

ハト撃退レーザーポインター 安全、その上に色の光の小さな明るい点によって投影され、興味のあるものを強調するために設計された小型のレーザーです。側から視認自体ではなく、レー ザービームはビーム経路に沿った結果、光散乱ダスト粒子として表示される。そして、それは不透明な表面に衝突するとき、光の典型的な表示点に隠された小 型、低電力レーザポインタビーム自体、合理的な大気浄化のビーム幅。高出力レーザーポインタは状態の程度を見るために暗闇の中で、少ないか、レイリー散乱 を経由してかすかに見えるです。

ここで、レーザーポインター、赤、緑、青、市場でより人気がある。常に自分の目標を達成するために、さまざまなツールのレーザーレーザー信者を選択します指示棒レーザーポインター。


レーザーポインターは防水·防塵構造、水中レーザーポインターを体験できるようには素晴らしいもたらす。18650リチウム電池、制限を後押しする本当の挑戦を使用する、屋外で工事使用するのグリーン超高出力レーザーポインターの焦点を調節すると、タバコ、マッチと爆竹に点火し、軽気球を爆破する、星空観賞、カラスやハト等の害鳥撃退等さまざまな用途にお使いいただけます。


・会議やミーティング、プレゼンテーションでの指し棒として

・倉庫で高所や手の届かない場所にある荷物の出庫指示に

・強力レーザーポインター 中国製プラントや輸送機器など高温や作動中の危険箇所メンテナンスに一般的なプレゼンテーションの指し棒としてはもちろん昼間は建設現場やプラントで壁や橋梁など施工箇所や塗装箇所のマーキングポインタとして。また夜は手元から天空まで青の光線が見えるので星座の解説や非常灯火などアウトドア・レジャーにもいろいろ活用できます。・スポーツ指導や自動車など機械運転の教官の方に,ンネルや橋梁の補修、マンション外壁などの大規模修繕に

・住宅展示場や見本市会場などで講演や商品説明に

青色レーザーポインター電力配線、エアコンやダクト等の配線配管工事の設置経路説明・観光ガイドや工場見学でお客様にポイントを指し示して説明・位置測定機器、製造装置への組込み用モジュールとして・そのほか屋外市場やビルの工事現場などで広く使われています


ブルーレーザーポインター


レーザーポインターとの違いは、指している箇所が明確にわかりやすいところです。安定して握ることができるので、一度黒板やス小型レーザーポインターから 目を離してしまってもすぐに指している場所がわかります。また、アナログだからこそ電池切れや使い方の心配をせずに、気軽に使えます。小規模の会場・教室 では指示棒、中~大規模の会場ではレーザーポイントと使い分けるのもおすすめです。


usbレーザーポインターペンは、どんな関係なく、自分の時間や他の人の目に向けてはいけない場合でも、閉じたレーザの場合、誤って開いた可能性を持つことにな ります。レー ザー照射、反射面または滑らかな表面のいずれか、ブルーレーザーの優れた反射率が、時間の反射面に照射され、反射を生成しますことはできません、あなたは 人間の目への暴露に起こる場合には、怪我を引き起こす可能性があります。レーザーではなく、この場合に使用されるレーザの特性を知らない子供、精神機能障 害のために、容易に損傷をもたらすことができる、おもちゃではありません。


http://www.geekstinkbreath.net/blogs/read/143235/


http://www.houzz.com/projects/1852124


Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/baibai/26137