米軍の空爆で警察官8人死亡

アフガニスタン南部ウルズガン(Uruzgan)州で18日、米軍による空爆により、淫インモラル旧支配勢力タリバン(Taliban)と戦っている地元警察官8人が死亡した。当局者らが19日発表した。米軍が同国の反政府勢力に対する攻撃を強化して以来、誤爆とみられる事件が発生したのは今回が初めて。

 空爆が行われたのは、同州のタリ(Tali)地域。同州では最近タリバンが、州都タリンコート(Tarin Kot)の制圧を図ったばかりだった。

 同州高速道路警察幹部はAFPに対し、「最初の空爆で警察官1人が死亡した。他の警察官が救助に集まった際に2度目の空爆が行われ、うち7人が死亡した」と明かした。巨根カプセル,,,

 北大西洋条約機構(NATO)のカブール(Kabul)司令部は、米軍機が同域で空爆を行ったことは認めたが、標的にしていたのはアフガニスタン部隊の脅威となっていた個人らだったと説明した。

 米軍は昨年7月にも、カブールの南に位置するロガール(Logar)州の軍検問所で空爆を行い、アフガニスタンの兵士ら最大10人が死亡。近年外国軍による「誤爆」が相次ぐ中、最多の犠牲者を出した事件の一つとなった。
男根増長素

ISIS戦闘員、最高指導者の「死闘」命令を無視 米軍司令官

中東地域を管轄する米中央軍のジョセフ・ボーテル司令官は1日までに、シリア北部での最近の戦闘で過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の戦闘員が「死ぬまで戦え」との最高指導者の命令に背き、撤収する動きがあったことを明らかにした。

米国防総省で記者団に述べた。この命令無視が起きたのはシリアの少数民族クルド人部隊らがISISから奪取したマンビジュでの戦闘。最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者の命令を聞かず、戦闘員は北部へ退却したという。
韓国痩身一号
その上で、ISIS指導部の指揮権限がどの程度戦闘員に及んでいるかについて疑問を呈した。ただ、ISISは中央指導部からの「指導」に頼る「強いネットワーク」を依然有しているとの見方も示した。
紅蜘蛛
ボーテル司令官はまた、ISISが握る支配地の今後の動向について「同組織は守るべき地域の選別について厳しい判断を迫られる可能性がある」と指摘。イラク内の最大拠点とされる北部モスルについては、活動資金が稼げる地区や樹立を宣言したカリフ制国家の維持に重要な象徴的な地区を除いた支配地は放棄する可能性があると述べた。
D10媚薬
モスルについてはイラク軍が今年末までの奪還を目指す作戦を進めているとされる。同司令官はモスルはISISの心臓部だけにその奪還作戦は過酷な戦いになるとも予想した。
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others