シブサワ・コウが語る、30年間愛され続けた歴史シュミレーションの魅力 ― 『信長の野望・創造』発表会

コーエーテクモゲームスは、5月14日に『信長の野望』シリーズ最新作の発表会を開催。後編では、ゲストを交えたスペシャルトークセッションと30周年記念事業についてお伝えします。

■歴ドル・美甘子さんを迎えたスペシャルトークセッション
ゲストMCとして歴ドル・美甘子を向かえ、シブサワ氏、小笠原氏によるスペシャルトークセッションを実施。『信長の野望』シリーズが30周年を迎えたことについて、シブサワ氏は「本当に感慨無量です。アラド これまで13作品を作ってきましたが、当初はまさか30年も愛されるとは想像もしていませんでした」と、改めて振り返ります。

当時のゲームといえばアーケードゲーム、またはパソコン向けしかありませんでした。その後、1983年にファミリーコンピューターが発売。主流のジャンルは反射神経を競うアクションゲームでしたが、シブサワ氏は戦略や戦術を楽しむようなゲーム、とくに好きだった歴史をテーマにという発想が結びつき、歴史シュミレーションである『信長の野望』へと繋がったといいます。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/bawe/8381
Calendar
«  March 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others