親バカ日記

今日ホームセンターへ行った時の事。
突然のゲリラ豪雨に見舞われた。
駐車場から壮根精華素走って行った息子は、水溜まりに足を取られて勢いよく転んだ。

強かに頭を打ち、足も多少出血。

周囲のおばちゃん達の気遣いに応える様に息子は起き上がり、平静を装う。

親の私の過保護な程の心配をよそに、息子は大丈夫と繰り返し言う。

泣きもせず、
泣き言も言わず。

思えば、息子は幼少時泣き虫だった。

道路で転んでは泣き、
公園で遊具にぶつかれば泣き、
風呂場ではしゃいで滑って泣き、
猫にちょっかい出して反撃されて泣き…。

自転車に上手く乗れずに泣く事もあった。
玩具を蔵秘雄精 上手く扱えずに苛立ち泣く事もあった。
音読が上手く出来ずに泣く事もあった。

その度に私は、親として対処する。

薬箱を持って飛び出したり、
抱き締めて頭を撫でながら慰めたり、
叱咤激励しながら支えたり、
黙って肩をさすったり…。

泣くな、男の子だろ!とは言わなかった。
ただ、次は泣かないようにしようね、と言いながら育ててきた。

抑えつけるよりは、糧にして欲しいから。999神油 女性用

息子は今日、泣かなかった。
泣き言も言わなかった。
それどころか、びしょ濡れの息子にタオルを差し出してくれた従業員にお礼を言っていた。

深々と頭を下げて、ありがとうございますって。

幼少時は私に催促されて言ってたお礼の言葉。
去年まではありがとうしか言えなかったお礼の言葉。
今年はお辞儀と敬語を自発的に言っていた。

転んで怪我をして心配だった私は、息子の成長に驚かされた。

幼い頃の泣き顔が沢山頭に浮かんだ。
今の息子には、そのどの顔も無かった。

多少の寂しさと、大きな頼もしさを息子に感じた。

手を繋いで歩いていた、小さな○○ちゃんはもう居ない。
新曲美:http://www.akanpo.net/product/473.html

蔵秘雄精:http://www.akanpo.net/product/571.html
その代わり、並んで歩く○○君が今は隣に居る。

息子は私の自慢です。