ほしのあき 離婚危機を否定、絆裏づける「白亜の億超え新居」

夫・三浦皇成騎手(26)がレースで落馬、いまだ入院中のほしのあき(39)。仕事復帰が見えないなか、一部週刊誌が“離婚説”を報じている。

本人に話を聞こうと、茨城県内の自宅マンションを訪ねた記者は驚いた。2人は結婚以来住んでいたはずの部屋をすでに引き払っていた。
徳国公牛

「三浦さんご夫婦は、一戸建てを新築して、もう2年も前にそちらへ引っ越しされてますよ」(マンションの住人)

 2人はマイホームをゲットし、移り住んでいたのだった。同じ茨城県内でたどりついた2人の新居は、光の反射もまぶしい“白亜の豪邸”!

「367平方メートルの広い敷地に、1階2階あわせて床面積が265平方メートルもある広いお宅ですね。土地と建物をあわせれば“億超え”の物件。実際、登記を見ても、三浦さんが1億円の住宅ローンを借りて家を購入されています」(地元の不動産業者)
アフリカ超人

 そのとき、記者の目の前でガレージから1台の車が出てきた。ほしのが長女(4)を幼稚園バスに乗せに行くようだ。帰宅したほしのに、記者は声をかけた。

 ――すいません、週刊誌が“離婚危機”を報じていたので、心配になりまして。

「アハハ、ないです、ないですよ、そんなの」

 たしかに離婚を考えるような夫婦は、ローンを組んでまで億超えの新居は買わない。

「よく主人とも、『なんでウチがよく“離婚”とか書かれるんだろうね?』って話すんですけどね……。主人とは『こんなに幸せなのにね』って笑っているんですよ(苦笑)私が主人より13歳も年上だからですかね、何度も“離婚”って騒がれるのは……」
美国遅時100

 じつは前日まで、入院中の三浦騎手の看病で札幌に滞在していたという。

 ――あれだけの落馬事故。三浦さんも“もう競馬は嫌だ”なんてことは……。

「全然、そういう感じはないですね。1日も早くレースに戻りたいみたい(笑)。そんな男らしさが、また素敵なんですよ。ケガしても、また次の仕事のことを考えている彼の姿勢。男らしくて本当に頼り甲斐があって……」

 離婚危機の真相を聞きにきたら、ほしのの“のろけ”を聞かされるはめに……。

「とにかく、離婚は永遠にありませんから!」

 最後に念を押して笑顔で“愛しの我が家”へ入って行ったほしの。その後ろ姿には、姉さん女房の風格が漂っていた。

まさにリアル「とと姉ちゃん」…高畑充希は“向上心”がハンパなかった!〈dot.〉

女優の高畑充希(24)が9月7日、都内で新車発表イベントにトレンド評論家の牛窪恵氏(48)と出席した。「草食系男子」などの流行語を生み出した牛窪氏は、自分を磨いて成長させることに前向きな女性を「育自ウーマン」と命名。この話を受けて高畑は、自身の「育自ウーマン」ぶりについて「仕事に反映できるように、仕事をしていないときに自分を豊かにできるように、芸術を見たり、いいものを見たり、いい人と会ったりするためにお金を使うのは、割と惜しみなく使っている気がしますね」と明かした。

蟻力神

 現在、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、ヒロインの「とと姉ちゃん」こと小橋常子を演じている高畑。ドラマに登場する、小橋常子も戦前はタイピストとして働き、戦後に自ら出版社を立ち上げ、敏腕編集者を口説き落として共に雑誌を作り、成功を収めた向上心の塊のような人間。「自分を豊かにするためにお金を惜しみなく使う」と言う高畑も、自身が演じる常子と同じで向上心が強い人間なのかもしれない。

「高畑は小学生の頃から女優になるのが夢で、オーディションをいろいろ受けていたみたいです。彼女の凄いところは、どのオーディションにも受からなかったら早稲田大学の劇研に入ろうと思い、塾に通って猛勉強したこと。それが功を奏して中高一貫の名門進学校に合格した。結局、中学在学中にミュージカルで女優デビューして、東京の高校に進学し本格的に女優活動を開始しました。そんな中でも、『他の職業に進む人と出会う機会が少なかった。違う道に進む人とたくさん出会いたい』と大学にも進学しましたから、向上心は人一倍、強いのでしょう」(週刊誌の芸能担当記者)

蟻力神

 しかも、読書家で高校時代はかなりの量の本を読んでいたという。加えて、「サバサバしたイメージとは裏腹に女子力が高いんですよ」と証言するのはスポーツ紙の記者だ。

「料理が上手で、残り物を使ってブリ大根や炊き込みご飯を作ったり、パンケーキを焼いたり器用に調理すると本人も言ってました。他にも、隠し味に日本酒を使ったみそ汁を作り、ご飯を鍋で炊くなどいろいろな工夫も。仕事が忙しい中、ここまで料理をしようと思ったらやる気がないとできません。手芸も得意で、ファッション誌で小物やアクセサリーを手作りする連載も持っているほどです。日々、女子力をアップさせようと励んでいるんだと思います」

 意外と家庭的なことにも熱心だった高畑。ところで、肝心の仕事に対する向上心はどうなのだろうか。

「いろいろな役にチャレンジしている。舞台『奇跡の人』では、聴力と視力、言葉も失ったヘレン・ケラーを演じましたし、今回の朝ドラでは母と妹2人を守りながら、戦前戦後をたくましく生き抜いた女性を好演していますよね。今年12月に公開される映画『アズミ・ハルコは行方不明』では街中にグラフィティアートを描くギャル役もこなし、同月から上演されるミュージカル『わたしは真悟』では小学生役ですからね。どんどん、役の幅が広くなっている感じです。朝ドラのヒロインを経験した女優は、その後も朝ドラでの役のイメージが強すぎて、ブレークしきれないこともありますが、高畑の場合は持ち前の向上心でそれを払拭し、映画やドラマに欠かせない存在になるんじゃないですでしょうか」(前出の芸能担当記者)

蟻力神

 若手女優が群雄割拠する昨今にあって、高畑が一歩抜きんでた存在になる可能性は高そうだ。(ライター・丸山ひろし)

北方領土、現世代で決着=「日ロ極東会談」定例化を―安倍首相演説

安倍晋三首相は3日(日本時間同)、ロシア極東ウラジオストクで開かれた同国政府主催の「東方経済フォーラム」で演説し、プーチン大統領との首脳会談を毎年、ウラジオストクで行うことを提案した。
巨根カブセル

北方領土 ビザなし訪問

 懸案の北方領土問題を含む平和条約交渉にも言及し、「私たちの世代が勇気を持って責任を果たしていこうではないか」と早期決着を訴えた。

 フォーラムには大統領も出席。首相は5月の首脳会談で提示した経済・民生分野8項目の対ロ協力プランに触れ、「年に一度、ウラジオストクで会い、進捗(しんちょく)状況を互いに確認しよう」と呼び掛けた。
D8 催情剤

 領土問題に関しては「重要な隣国同士であるロシアと日本が(第2次世界大戦終結から)今日に至るまで平和条約を締結していないのは異常な事態だ」と重ねて強調。「70年続いたこの事態に終止符を打ち、次の70年の日ロの新たな時代をともに切り開いていこうではないか」と述べた。