縛られない覚悟

目の前にある状況について、周囲の環境や過去の経験に原因を求めてしまうことは誰にでもよくあることです。

とりわけ今の状況を好ましく思っていないときは、他者や過去の自分のせいにしたくなることが多いようです。

ところが、同じ状況にあっても、それを前向きに捉える人もいます。
そういう人はウソくさいとか偽善者だ言われることもありますが、必ずしもそうではなくて、本心からピンチをチャンスと捉えたり、多少の困難を楽しんでいる人はいるものです。

この違いはどこからくるのでしょう。

どんな状況であっても、どう対応するかは本人の自由です。
どう受けとめて、どう感じ、どう行動するかは自由なんです。

原因を他者や過去の自分のせいにして不自由に縛られているのも自由。
今からどうすれば良いかを考えて自由に行動するのも自由。

つまり、本人の考え方次第で、状況の評価は如何ようにも変えることができるということです。

自由になるか 不自由になるか
ピンチと捉えるか チャンスと捉えるか
めんどくさいと思うか ワクワクするか
本人がどう考えるかによって状況は違ってきます。
勃動力三體牛鞭
三体牛鞭