上位1%が世界の富の半分を保有か

富を占有するやつは人一倍お金が好きで、そのために努力してきたというか、好きなものの方へ本能的(?)に流れていった挙げ句、当然の結果として金を所有している。
本人は好きでやってるから苦痛ではないのかもしれないが、そのために遊ぶ時間を削って受験勉強したり、人が休んでる時に働いたり、出世しそうな上司に媚びへつらったり、能力のありそうな同僚の足を引っ張ったり、品のない他人の無理を聞いたり、と「おいらならまずやらねぇな」と思うようなウンザリ修行を積み重ねてきた結果だから、それをやっていない人間がとやかく言うのは、宝くじを買ったこともないのに当選したヤツを嫉むようなもんで変な話だと思う。
資本主義の社会では、企業のトップは言うに及ばず(企業とはもともとそうした性質のものだ)、本来そうであってはならないはずの政治家や法律家、医療従事者や教育者まで、ほぼ例外なく「金が大好き」度合いが高い人が、上澄みの統治・管理側に収まる仕組みになっている。
好き嫌いに関係無く、資本主義というのはそういう主義だ。だから資本主義にどっぷり浸かって奴隷になっている人にとっては「金がある=勝ち組/金がない=負け組」という公式が成立する。

個人的には、所持金の多寡でなく、その公式を採用し自分の持ち金を他人のそれと比べて一喜一憂することこそが「真の負け組入り」の確定要因だと思うのだが、いずれにしても資本主義というのは富を独占する富裕層と搾取される貧困層の二極化を破綻するまで自動的に追求し続けるシステムなので、よほどのことがない限り時間の問題でほぼ全員(99%オーバーをほぼ全員と言ってもさしたる問題はないだろう)が世間で言うところの負け組になる。
少なくとも今この文章を読んでいるアナタは、その公式に沿って分ければ負け組だ。

そこで不思議なのは、いわゆる「負け組」が大多数を占めるはずの国家が、表向き多数決が有効なはずの民主主義を採っているにも関わらず、負け組が浮かび上がれる、苦しまず生きていけるような社会へと舵を切ることは決して無いという現実である。

そこに、資本主義という露骨な弱肉強食システムと対を為し毒消しとして利用される「近世世界史最大のペテン・民主主義」の本質がある。
多くの宗教と同じように、権力者が利用するために原典から遠く離れて政治化された民主主義は、やはり宗教同様、権力者や勝ち組に対する不満のガス抜きと個人の自由の剥奪を正当化する詭弁として機能している。
本当は「俺ら」が決めていることを「おまえらを含めた私たち」が決めたように見せかけ、都合の良い正義を形成し、誤った平等をばらまき、本来責任を負うべき者をベールの後に隠し、代わりに負け組一人ひとりにありもしない責任の一端を背負い込ませることで怒りや反発を圧殺する。

イスラム国がどんな考えの果てに持ち出した言葉かは知らないが、欧米先進国が布教し、ことあるごとに不可侵の金科玉条であるかのように振りかざす民主主義を、政治化された一種の御用宗教と見なし「打倒」しようという考えは、幸福追求という立ち位置から考えれば、当然出てくる方向である。
ホントは打倒した先にどんな絵を描いているかが大切なんだが、そこはとりあえず知ったこっちゃないとして。

ちなみに安倍の言う「富める者がさらに富めば、貧しい者にも富がしたたり落ちる」というのは、「富める者」次いで「貧しい者」が潤うために不可欠な「さらに貧しい者の搾取が継続して行われる場合」という但し書きを意図的に削除した幼稚なペテンである。おまえの脳味噌はいまだ大航海時代かよ、と。
安倍がこの言葉を唱えるとき、残念ながらアナタ方負け組の多くはおこぼれに預かれる一握りの「貧しい者」ですらなく、意図的に隠された大多数の「さらに貧しい者」にカテゴライズされていることを忘れてはならない。
自称経済学者が言うならともかく、本来なら一国の首相がシレッと吐いて笑える類の戯言ではない。

介護は大変

父が亡くなってもうすぐ一年
私も調子がよくないから一周忌はやりたくないけど…

介護が終わっても、数ヵ月たってもまだ疲れてる
解放されたとホッとしたのは亡くなって葬儀が終わった後ぐらいだけだったかも

49日が終わりすぐに田植えを始めてしまったら疲れが抜けなくなってしまった
周りにも、今年作るの?と言われた。

作らなきゃよかったな…

介護が終わっても母が足が悪く認知も少し心配
症状はまだないが。わからないから

色んな負担がのしかかる

昨日テレビで介護をするひとは10本の指を使うと、介護経験者の女優さんが言ってた

だから、使うのは5本だけにしてあとの5本はたすけてもらう、お医者さんや友達など


よく頑張ったね


私に向けた言葉ではなかったが

あの一言に泣けてきた


介護の経験がない友人には、他人事だから悩みは言わないほうがいいんだなと感じる。

介護中は多分、気持ちの余裕がないから些細なことに傷つく
もちろん、相手の立場を考えてくれるひともいるけど

父の友人であった人に
最近心が疲れたと思わず愚痴った

このくらいでいいや~
くらいのきもちを覚えた方がいいよと近所のおじさんに言われた


介護に綺麗事は通じない


逃げたいときは逃げてもいいと思う

その時点で頑張りすぎているのだから

昨日は本当に寒かった

昨日、ちょっと会社でいやな事があったので、なんとなくスーパーでぐるぐると
安いものがないか見回って帰った。
買ったのは、親に頼まれたオリーブオイルと、ベジップスと甘えびのかき揚げとグラノラマフィン
それだけ。

帰りは風が冷たくて本当に寒かった。

なので、帰宅後もお湯を沸かして鳥が寒くないようにしてから寝た。

怒りが収まらなかったのでその一番の被害者である?若い子にラインで私が
怒ってる事を伝える。
そのこ自身はあまり気にしてないようである。
むかつくのはいつものナースだ。
昨日はバナナさんさえ居たというのに・・・
私が怒ってるのは、なんとなくそのナースが職員に思いやりがない言動をするからだ。
つい、本音がでたんだろうけどね。
言っていいことと悪い事があると思うし・・・
悪気はないんだろうなぁー とも 思うけども。
ムキー (--#  転勤してくれないかな・・・
お気に入りの支店長のところへ飛ばされてくれ!! そだよ、 逝ってくれ!!
後釜がひどい人でもいいよ。  あははww

木綿の白い糸がないと縫えないけど、来週の火曜日に会社近くのスーパーで買うかなぁー?
もしかしたら1割引かもしれないし。
それとも100均の方が安いだろうか・・・
一個 裁縫箱が見つからないんだけど・・それに入ってるかな?

明日は雪になるかもしれないらしい・・・ 明日も寒い。


去年のタイでの朝食 フォーシーズンズ