光速が一定だったら何か問題でも?

秒速10万kmのロケットから放たれた光の速度は誰が測っても同じ、秒速30万km。

どこが不思議なのか。

この光景は、地上の人からは、秒速30万kmで進む光を秒速10万kmで進むロケットが追いかけているように見える。
光とロケットは1秒間に20万kmずつ離れていく。

でもロケットに乗っている人から見ると、光は自分から1秒間に30万kmずつ遠ざかっていくように見える。

これが、誰が観測しても光の速度は同じってこと。

このおかしな観測結果は、地上の人とロケットに乗っている人とでは時間の進み方が違うと考えれば辻褄が合う。
アインシュタインの作り上げた相対性理論では、物体の速度が速くなるほど、その物体に流れる時間は遅くなる。
時間は万人に同じペースで流れているんじゃないってこと。

この真理は日常の中での私たちの直感とは違う。私たちは時間は皆に平等に流れているものだと感じている。
ニュートンもそれは当たり前だと思っていた。

でも実際はそうじゃなかった。時間は物体それぞれでバラバラに流れていた。
当たり前だと思っていた世界をアインシュタインは覆した。

そして、時間の他にもアインシュタインはいくつかの常識を覆した。

重力によって空間が曲げられること
速度が早くなれば空間が縮むこと
物質がエネルギーに、エネルギーが物質に変わること

これらの不思議な法則は、天体の観測や人工衛星、原子力の世界で実際にその正しさが証明されている。

ニュートンの方程式は、日常的な世界の物理現象は見事に説明したが、光速に近い速度で運動する物体や、星のような巨大な物体には通用しなかった。
アインシュタインの方程式によって、日常世界からそうしたマクロな世界までを説明することができるようになった。

これで人間は世界のしくみのすべてを把握できるようになったかに思えた。

が、まだゴールじゃなかった。

もっと驚くべき難問が出てきた。
次はミクロの世界で。
中華牛鞭
黒倍王