大型蓄電池を持った電動バスの方が災害時に有効ではないか?

水素を大量生産する場合、現在はコスト面から天然ガスなどの化石燃料から水素を取り出している。
あまり大きく取り上げられないが、保管に圧縮と冷却を必要とする水素は保管するだけでもコストが大きくかかる。
ガソリンよりも高コストなのに同等価格で販売されてるのは水素にはガソリン税がかからないだけ。

水素燃料自動車と言っても、水素を燃やして走るんじゃなく、水素と酸素が結びついて水ができる際に発生する電気を利用して走る。水素を使った発電所を内蔵した電気自動車なのだ。

災害時に発電所として活躍とあるが、車のタンク内の水素しか使えまい。水素ステーションで太陽光と風力を補助電源として使う計画もあるようだが、曇りや夜には発電できない太陽光、風がなければ発電できない風力、こんな供給不安定なものではいざと言う時には役に立たない。大規模停電となれば水素ステーションはまず活動できないと思っていいだろう。

 電気は化石燃料だけでなく水力、太陽光、地熱、風力、海流、原子力などあらゆるものからエネルギーを取り出せる。大規模でなくてもいいので各家庭や事業所で各々が少しでも電気を生産し貯蔵することの方が災害時には効率が良かろう。
生産や保管に高コストがかかる水素しかエネルギー源に出来ない燃料電池車よりも、太陽光発電やエネファーム(停電時は発電できないがそれでも有用だろう)など家庭用小規模発電システムを利用しながら、コストと汎用性、拡張性に勝る電気自動車を蓄電池代わりに使うほうがよっぽど現実的なのではないだろうか?
淫インモラル
女性用精力剤

同性の評価の高い人

ひとつ言えること。

同性からの評価が高くても、異性からの評価が高いとは限らない。

特に、男子の「あいつはいい奴だ」と言う同性評は、女子の同性評よりも、あてにならない。
女子の「あの子はいい子なんだけどねー」は,同性の中では褒められても恋愛に関しては縁が無い,と言うのと,ほぼ同義な感じ。

今だからバラしてしまおう。付き合い始める前の彼女は、「恋愛の対象」としては、自分史上最低だった。

友達としては、仲が良かったけど。

彼女から正面切って「少なくともあなたは恋愛の対象じゃない」と宣言される。

甘えない。むしろ同性から頼られる存在。

いろいろな面で長けている…学力はもとより、常識家で博学、料理も手芸も音楽もOK……なので、同性に憧れられる。でも、異性からは煙たがられる存在。

ここだけの話、男子目線で言えば、元カノのほうが、かわいい。

でも、私が女子トークを苦にしなかったのが、運のつき。「友達」としてすっかり仲良くなってしまった。

その後しばらくして、「友達」として、人のことをボロクソに言っていたはずの彼女に、「好きになっちゃったじゃないの!どうしてくれるの!」と言われ、あまり立ち位置を変えないまま、「彼氏」と言う役回りがやってきた。でも、中身は、ほぼ以前のまま。距離は近くなったけど。
「彼氏」と言う立場上、彼女に少しは夢を見てもらうようなこともやりましたよ。でも、基本、腐れ縁の悪友の領域を越えられず、華やかなカップルとか甘~いカップルを見ると、「あー、私達、こんな関係じゃないよね」と思うだけ。

でも、離れられない。お互いを知り尽くした「友達」だから、嘘がつけない、裏切れない。
思い直してみたら、元カノよりも、ずっと居心地がいい。

「恋愛の対象」としては、たいして褒められないけど、「友達」として、「結婚の対象」として、優秀だったのかな、と思わせた。

結婚しても友達のまま。それが快適に感じられる昨今。

結論。同性の勧める女子は、やっぱり、「恋愛の対象」としては、イマイチだった。

いつまでも「友達」でいても、全く問題は無かったけと。
催情剤
男宝
威哥王

「彼氏いなさそう」は失礼

私は基本、それなりにお年頃の女性に接するときは、彼氏や配偶者がいると言う前提を置いて接する場合が多いのです。

「この人はいい」と思ったら、こんないい人が独り身、彼氏なしのはずが無い、と思えるでしょ。
「え~、こんなのに彼氏がいるの~?」なんて思われていたら、どうします?

私が「彼氏あり」を前提に接するときは、その人の女性としての認めつつ、無理にアプローチしたり手を出したりしませんよ、と意思表示しているとき。

……だから自分にもちょっかい出すな。こっちも彼女持ちなんだから……と言う含みも、それなりにありましたけどね。

こちらが彼女持ち(今は既婚)であることは、少しずつリークします。

それなりに親しくなれば、お互いに、その辺は分かってきて、手を出さないようにするラインが決まってきます。その人を輝かせ、魅力的にしているのは誰なのかを考えてみたら、答えは明らか。
このラインがあるから、女友達をたくさん持ち、深入りしないで済むし、奥さんもそれを承知で、私がどこかの女性に傾くことは無いという信頼を持っている。

もっとも、私と仲良くできるような人は、それほど多くない。
なにしろ、結婚前、彼女に「私は変わった人が好きなんだ」と、堂々と宣言されていたほど。
そういう変な奴と友達づきあいのできる女性は、やはり、「いい人」なのだと思う。

私と仲のいい女友達は、大体が彼氏持ちか既婚。しかも、離婚したと言う話は、まず、聞きません。
私もそれに負けないくらいの夫婦仲でありたいと思います。
だから、私と仲のいい女性は、自分の恋愛や結婚に自信を持ってください(笑)
催淫薬:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
中絶薬:http://www.xn--fiqs66igff.net/