思ひ出

母様は、面白い人です。

子供の頃、赤ちゃんはどうしたらできるのか?
なんて有りがちな疑問を母にぶつけた。

「赤ちゃんはね、お父さんを跨いだらできたんよ。」

・・・跨ぐとできるん?

「そぉやで」

幼い私は、部屋でゴロゴロしてる父を
ヒョイっと跨いで歩く
母の姿しか浮かばなかった
今となっては、「跨ぐ」にもいろんな
状況があるのだと
まぁ、母は、嘘はついてなかった訳なのだけど

そして、赤ちゃんはどこから出てくるのか?

「赤ちゃんはね、お腹を裂いて出てくるんよ」

お腹を裂くってさ、エイリアンちっくな絵しか浮かばなくて・・・
夜、夢を見て泣いた記憶がある。
実際、母様は帝王切開で、お腹に傷があったから・・・
信じちゃったんだよ

中学生になるまで、赤ちゃんはお腹を切らなきゃ出てこないと
信じて疑わなかった私です

母様は嘘はつかないけど、説明が端折り過ぎなのだ(笑)
三便宝
ビグレックス
黒倍王

ほんと助かりま~す

活字が大好きなんで

新聞を毎日読まないとってなわたしですが

とある新聞のお陰様で

買わなくていいものがいっぱい

3ヶ月契約のときに

毎度たらふくいただく

洗濯洗剤

トイレットペーパー
ラップ
ディズニーグッズ

とてもやさしい新聞屋さんは、今回はディズニーが間に合わなかったので入ったら持ってきますって~(^∀^)ノ

やはりサービスがいいのがよろし

てか、毎度誰でも仲良くなるんで


いろんなものをただでもらうわったし~(^w^)
五便宝
黒倍王

馬鹿は黙りなさい

総理自身が最終責任は自分にある、と言ったように、救出できなかったことに対し、総理に責任があるのは間違い無い。

 だが、先月3日に殺害していたカサスベ中尉を交渉材料に平然と使うような、まったく話もできない相手と何をすればよかったのか?

 総理を批判するのは簡単だ。だが、議論、駆け引きすらできない相手との交渉が如何に難かしいものかは、日本は北朝鮮との拉致被害者奪還交渉で熟知しているはず。

 ISILはその北朝鮮ですらかわいく思えるほどの非道な連中。当然だが、身代金支払いはやるべきじゃない。人質交換と言っても彼らが求めるような人質は日本にはいない。

 今回も日本人解放と言いながら、交渉相手はヨルダン。独立国家である国に対し、日本ができることは限られている。それとも、民主党や維新の党にはこうすれば助けられた、と言う具体的な案でもあると言うのか?

 昨日も書いたが、こう言う事で日本の国会が混乱すると、喜ぶのはISILだけだ。彼らはこれで日本人を殺せば日本の政治が乱れるのだ、と言うことを理解した。馬鹿な連中が騒ぎ立てることでどんどん、邦人の安全が脅かされる。

 対ISIL対策だけはまさに、挙国一致で行くべきなんだよ。
魔根
威哥王
巨人倍増