大型蓄電池を持った電動バスの方が災害時に有効ではないか?

水素を大量生産する場合、現在はコスト面から天然ガスなどの化石燃料から水素を取り出している。
あまり大きく取り上げられないが、保管に圧縮と冷却を必要とする水素は保管するだけでもコストが大きくかかる。
ガソリンよりも高コストなのに同等価格で販売されてるのは水素にはガソリン税がかからないだけ。

水素燃料自動車と言っても、水素を燃やして走るんじゃなく、水素と酸素が結びついて水ができる際に発生する電気を利用して走る。水素を使った発電所を内蔵した電気自動車なのだ。

災害時に発電所として活躍とあるが、車のタンク内の水素しか使えまい。水素ステーションで太陽光と風力を補助電源として使う計画もあるようだが、曇りや夜には発電できない太陽光、風がなければ発電できない風力、こんな供給不安定なものではいざと言う時には役に立たない。大規模停電となれば水素ステーションはまず活動できないと思っていいだろう。

 電気は化石燃料だけでなく水力、太陽光、地熱、風力、海流、原子力などあらゆるものからエネルギーを取り出せる。大規模でなくてもいいので各家庭や事業所で各々が少しでも電気を生産し貯蔵することの方が災害時には効率が良かろう。
生産や保管に高コストがかかる水素しかエネルギー源に出来ない燃料電池車よりも、太陽光発電やエネファーム(停電時は発電できないがそれでも有用だろう)など家庭用小規模発電システムを利用しながら、コストと汎用性、拡張性に勝る電気自動車を蓄電池代わりに使うほうがよっぽど現実的なのではないだろうか?
淫インモラル
女性用精力剤