月・こうこう、風・そうそう

幾本もの竹が天井まで聳える。半分ほどは宙に浮く。そんな竹藪に爺婆がやって来る。「今は昔、竹取の翁という者ありけり…」。韓国痩身1号,「竹取物語」のイメージそのもの。別役実らしからぬ正攻法な幕開けに驚いた。「かぐや姫伝説より」と副題が付いているものの、全く違う世界観を提示してくると読んでいた。だが、爺婆と姫が出会う次の瞬間、圧倒的な別役ワールドへと一気に誘われた。

昨年5月に都内各地で始まった「別役実フェスティバル」の最後を飾るのは、「月・こうこう、風・そうそう」。新国立劇場芸術監督で演出の宮田慶子から3年前に依頼を受け、病と向き合いながら書き上げた待望の新作だ。

「マッチ売りの少女」や「不思議の国のアリス」のように、童話を題材にした別役作品は少なくない。だが、意外にも日本のお伽噺は初めて。

街頭覇王睾丸素カプセル
原作の「竹取物語」には謎が多い。別役なりの視点で捉え直した世界は、極めて世俗的であり、ファンタジーの感触を抱かせない。

例えば、かぐや姫(和音美桜)の登場シーン。竹から産まれない。誰かに追われるようにして、どこからともなく現れる。心中しようとしていた爺婆(花王おさむ、松金よね子)の前に…。

自分はどこから来てどこに向かうのか。宛てどなくたゆたう姫の元には、意味深な言葉を呟く盲目の女(竹下景子)、母らしき女(増子倭文江)、兄(山崎一)らが代わる代わるやって来る。でも、姫の存在は謎に包まれたままだ。

5人の求婚者ならぬ、人さらいの風魔の三郎(橋本淳)が出現。彼の存在が、姫や爺婆の秘めた過去を浮き彫りにする。けっこうシュールな真実には、貧しい暮らしから脱け出そうという、爺婆の人間臭さが滲む。

割りとシリアスな展開ではあるが、姫と風魔の三郎が仲睦まじく食卓を囲んだり、爺婆が囲碁を指したりするシーンには、別役作品特有のユーモアが感じられる。

食べるという原始的な行為に対するこだわりは、これまでの作品でも観られた。横一列に並んだ家族が、ただただ食べる。何でもないシーンが、後々に強い印象を残す。共に食べる姿に親和性を感じ、作中では紹介されない日常にまで思いを巡らすヒントを与えてくれるからかもしれない。

囲碁のシーンに関しては、爺婆の会話のズレが面白い。若手作家にとっては、会話作りの手本となる格好の素材である。上手いなあとつくづく思う。
花痴

ある程度の安全対策は必要だが、

こういった統計を見たことがないのは、私の調査不足というわけではあるまい。King Wolf狼王戦宝


その統計というのは、視覚障害者の関係する鉄道などの事故の傾向値の統計。

と言うのは、以前にも書いたことだが、私の住む街には、今は筑波に移転した視覚障害者の訓練施設があった。
鉄道駅(当時の国鉄や営団地下鉄、あるいは都電)までは、点字ブロックもなく、バリアフリーでもなく、音声による誘導もなかった。
だが、皆様、白杖でコツコツ路面を叩きながら、私(当時幼児)などよりも足早にスタスタと移動されていた。
だから、子供ながらに本当は見えているのではないかと思ったこともままあった。

この当時、今よりも交通ラッシュはすごかったことを考えれば、遥かに多くの視覚障害者が転落するなどで死傷していても不思議はない。

だが、そんな話、親世代に聴いても知らないという。

媚薬 激安

さて、一方でこんな話がある。
所謂高所平気症の話。
高さの間隔がなく、高層階から地上階へと落ちてしまう、特に乳幼児諸君がいるということ。
だが、一時期暮らした8階建て賃貸マンションでは、歩き始めた子供がしたいといえば、嫌な顔ひとつせずに階段で1階から5階や6階まで階段で行き来する親子がいた。
当然、始めのうちは階段からしょっちゅう落ちてはべそをかいている。
だが、さほど時間を経ずして、ゆっくりだが自力で昇降する。
目的階まであと少しの踊り場まで来て満足してしまい、出発階まで戻ってエレベーターに乗りたがるというおまけ付きで。
こんな子供たち、階段落ちを繰り返すことで高さの感覚を身に着けて、高所平気症になどはならなかったようだ。

これ、視覚障害者にとっても同じだろう。
あまりに安全対策を整備し過ぎると、”危険不感症”になり、逆に危険になるのではないだろうか。

無論、全盲の音楽家宮城音也氏が、トイレと間違って手動のドアを開けて出来に出てしまい、トイレに入るつもりで虚空の線路脇に踏み込んで演奏旅行中に没した事を再現させないため鉄道車両のドアが自動化されたことをけしからんと言うつもりはないし、当然の流れだろうとは思う。
だがホームドアなどは別だろう。

嘗て、視覚障害者諸氏は、白杖のコツコツという音と感触とで、ホームの端、階段の端、などを見極めておられた。
無論、血の滲むような試行錯誤と努力の賜物の成果だろう。

それを軽減するための安全策は必要だ。
だが、一切必要としないような対策は、逆に危険を惹起することになりかねまい。

必要性は十分認めるが、どこまで必要かについては十分に精査が必要だろう。
花痴

錦織 全米OP初戦2年ぶり突破も少しヒヤリ「危なかった」

◇テニスの全米オープン第2日・男子シングルス1回戦 錦織圭 6―1、6―1、3―6、6―3 ベンヤミン・ベッカー(2016年8月30日 ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
巨人倍増
 初戦を何とかクリアした。一昨年は準優勝しながら昨年、まさかの1回戦敗退を喫したした錦織圭(26=日清食品)は、世界ランキング96位のベンヤミン・ベッカー(ドイツ)から最初の2セットを6―1、6―1とわずか計49分間で連取したものの、第3セットを落とし、少しヒヤリとする場面もあった。

 それだけに試合後は「1、2セット目を凄くいい形で取れたのに、彼もいいプレーをして打ってきていたので、もったいない落とし方もしましたけど、ファイナル凄く集中して粘って2ゲーム取れたので、特に後半、暑かったけど良かったです」と振り返った。
媚薬激安
 序盤から今年新設されたコート「グランドスタンド」の特徴を見極め「ここは速いのでなるべく打っていこうとやってました」とサーブ、フォアハンドで果敢に攻めた。しかし、第3セット「少し硬くなってしまう場面があったり、そこで結構、詰め寄れて彼に前に入ってこられて打たれた」と一転、受け身に回った。第3セットは第8ゲームでこの試合初のブレークを許した。第9ゲームではブレークポイントを決められずキープされ、3―6で落とした。

 第4セットも第3ゲームで先にブレークされ「危なかったですね。次の(第4)ゲームに少しラッキーがあって(3つの)ダブルフォルトがあったり、たまたま取った部分もあった。あのまま流れが彼にいってると4セット目も危なかった」。と言いながらも「テニス自体はよかった」と2時間10分の試合を振り返った。
巨人倍増
 2回戦では世界95位のカレン・ハチャノフ(20=ロシア)と対戦する。

20年東京五輪 炎熱マラソン対策は…夜走る?扇風機で冷やす?

2020年東京五輪は暑さ対策が必須になる。都心では昨夏に最高気温が35度を超える「猛暑日」が8日連続で続く(観測開始以来の最長記録)など年々厳しさを増しており、五輪(7月24日~8月9日)はピーク、パラリンピック(8月25日~9月6日)も厳しい残暑の中で行われる可能性が高い。アスリートはもちろん、花痴
観戦者の体調を守る対策は欠かせない。

 屋外競技は、いずれも過酷な環境の中で行われるが、最も暑さへの対応が懸念されるのがマラソンだ。女子は8月2日、男子は最終日の同9日に、ともに午前7時半スタートを予定。マラソンに適した気温は12、13度とされるが、日本陸連関係者は「7時半だと、20度超えのレースになる可能性が高く、選手にとっては厳しい。アスリート・ファーストの観点からも午前5時スタートか、東京は治安もいいことだしナイトランもありでは」と競技時間の変更を提案。「コースにミストシャワーや大型扇風機を設置するなどの措置もやってほしい」(同関係者)と要望する。
淫インモラル

 政府は、昨年11月に閣議決定した大会運営に関する基本方針に、暑さ対策を進め「アスリートや観客が過ごしやすい環境を整備する」と明記。東京都も、マラソンコースを中心にさまざまな対策を進め始めている。

 通常のアスファルト舗装では、真夏の路面温度が60度に達するが、都は路面の温度上昇を抑える最新の道路舗装「遮熱性舗装」を導入する方針。遮熱性舗装は赤外線を反射させて舗装への蓄熱を防ぐ効果があり、路面温度の上昇を8度ほど抑えることができるという。
媚薬 激安

 都の担当者は「20年は選手、観客に快適な環境で過ごしてもらいたい」と話し、20年までにマラソン全コースを含む計136キロにこの舗装を施す。日陰を多くするために、街路樹の樹形を大きく仕立てる剪定(せんてい)する計画も立てている。

吉田沙保里、五輪4連覇ならず…決勝で24歳米国選手に敗れる

◇リオデジャネイロ五輪 レスリング女子53キロ級

 レスリング女子53キロ級決勝が行われ、五輪4連覇を目指した吉田沙保里(33=フリー)はヘレン・マルーリス(24=米国)に敗れた。17日の伊調馨(32=ALSOK)に続く五輪個人種目4連覇達成はならなかった。

 吉田は2回戦から登場すると、まずはアゼルバイジャン選手を4―0で退けた。続く3回戦はセネガル選手に対して序盤からポイントを重ね、9―0で圧勝。準決勝もベネズエラ選手に6―0と3戦連続完封勝利でファイナルに進んだが、運命の決勝では第1ピリオドで1ポイント先取したが、第2ピリオドで4ポイントを失い、逆転で屈した。吉田は「たくさんの人に応援してもらったのに銀で終わってしまって申し訳ない」と号泣。何度も「申し訳ない」を繰り返した。
威哥王
 調整面では過去3度の五輪と違う部分があった。昨年12月の全日本選手権以降は試合に出場しておらず、約8カ月ぶりの実戦。前回、前々回と国別対抗戦のW杯で1度ずつ敗れて五輪本番を迎えていたが、今年はW杯が開催されなかったことで、ぶっつけ本番を選んだ。
アフリカ超人
 ここまで五輪と世界選手権を合わせて16大会連続制覇中だったが、3歳のころから指導を受け、2年前に亡くなった父・栄勝さん不在で臨む五輪は初めて。最後の五輪と位置づけ「4連覇は父との約束。絶対に達成しなければいけない」と意気込んだが、最後の金メダルをつかむことはできなかった。
Calendar
«  November 2019  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

search this blog.
category
archives
links
others