「マルちゃん ハイラーメン」が静岡だけで50年以上も売られているワケ

先日、静岡の沼津へ出かけた際、ふらりと立ち寄った店にスーパーに、「ハイラーメン」というインスタントラーメンが売っていた。

 袋にドーンと大きく「マルちゃん」のマークが入っているものの、東京では見たことがない商品だ。最近流行している「ご当地限定商品」というやつですか、とお店の人に尋ねたら、意外な答えが返ってきた。

 「マルちゃんマークが初めて使われた商品で、昔は全国で売っていたそうですが、新しい商品が出たことでどんどん置かれなくてなって今では静岡県内の店でしか置いてないんですよ」

 確かに、東洋水産の「商品情報」を除くと、発売日は「1962年」とある。ちなみに、インスタントラーメンの元祖が「日清チキンラーメン」だというのは、あまりにも有名だが、こちらは鍋で煮込んで、、粉末スープをといたどんぶりに入れるタイプの元祖らしい。

 50年以上ひっそりと静岡のみで売れ続けるラーメン。なんだか絶滅危惧種みたいだなと思ったら案の定、一部のインスタントラーメン愛好家から「幻のラーメン」なんて言われているらしい。

 一体どんな味なのか、と好奇心から買ってみたら、昔ながらのちぢれ麺で、スープはチキンラーメンのようにあっさり味ではなく、白濁してトロッとしていた。子どものときによく食べた駄菓子屋の味的なものをイメージしていたが、2010年に48年ぶりに味が全面リニューアルされたということもあってか、ジャンク感はありながらも今風の味で普通にうまい。

 今度はもうちょっと多めに買ってみよう。そう思って次に静岡方面へ向かう予定は、と考えているうちにはたと疑問が浮かんだ。

 いろいろな新製品が出回るという状況は静岡だって変わらない。なぜこの地の「ハイラーメン」だけは生き残ることができたのか――。

●なぜ静岡だけで売っているのか

 まず考えられるのは、静岡県民が「ハイラーメン」が好きでたまらないという、『秘密のケンミンSHOW』でいうところの「ケンミングルメ」だという可能性だ。確かに、かの地には、「富士宮焼きそば」なんかもあるわけなので麺類好きがたくさんいそうなイメージがある。

 実際に今から14年前の『毎日新聞』(2002年9月1日)は、「ハイラーメン」が売れ続けている静岡について「即席めんとの関係は古く、強い」と評し、その理由として「有名なラーメン街などがない」「農漁業が盛んな地域は、繁忙期もすぐ食べられるためインスタントが売れる」などを挙げていた。媚薬 販売
花痴

鳥取砂丘「ポケモン解放区」宣言 知事「広大で安全」

スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の人気を観光客誘致につなげようと、平井伸治知事は25日、鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)を「スナホ・ゲーム解放区」とすることを宣言した。この日の定例会見で「鳥取砂丘は広大で安全にゲームを楽しめる。夏休みの旅の目的地としてもらいたい」と述べ、利用者に積極的に砂丘を訪れてもらいたい考えを示した。宣言の「スナホ」は砂とスマホをかけた。
淫インモラル
 県によると、砂丘内に100本以上ある砂の移動を調べるための杭付近には、「ポケストップ」というポケモンを捕まえるアイテム(武器や道具のようなもの)が手に入る場所などが割り当てられているという。

 宣言は県砂丘事務所のホームページに掲載された。宣言では、「掟(おきて)」として、熱中症になったり、事故を起こしたりしないよう注意すること、砂丘の生き物や人に迷惑をかけないこと、雄大な砂丘の景色などを楽しむことが明記されている。威哥王

強制連行の中国人男性実話、28日大阪で

太平洋戦争中に日本に強制連行され、終戦を知らずに14年間北海道の原野に隠れて生き延びた中国人男性の実話を基に書かれたカンタータ(声楽曲)「脱出」が28日、大阪市内で大阪フィルハーモニー交響楽団と公募の合唱団によって演奏される。戦後71年を迎え、実行委は「忘れてはならない出来事を歌の力で語り継ごうとするこの曲を演奏する意義は、以前より大きくなっている」と話す。

 オペラ「森は生きている」や合唱曲「原爆小景」で知られる林光さんが作曲した。1978年に東京で初演され、西日本では今回が初演になるという。歌詞は小説にもなっている劉連仁(リュウ・リェンレン)さんの体験を中心に、詩人の木島始さんが書き下ろした。劉さんは北海道の炭鉱労働に従事させられ、終戦直前に逃亡。日本への強制連行の実態を証言し続けた人物として知られる。2000年、87歳で死去。

 曲は全18章、演奏時間1時間10分の大作。身重の妻を残して日本軍に連れ去られ、強制労働から脱走して14年間生き延びた男性の怒りや悲しみを激しく、美しいメロディーでつづる。<逃げだすか うちこわすか それが 奴隷の思い>。最終章では、忘れてはならない事実を歌で伝えていこうと訴える。

 大阪府内の音楽教育に関心のある教師らでつくる「大阪音楽教育の会」を中心とする実行委が演奏会を企画した。実行委員長の鶴賀とも子さん(65)=同府岸和田市=は「テロや紛争が頻発している現在、過去の事実を知ったうえで相手と向き合おうというこの曲を歌う意味は大きい」。

 合唱団には関西を中心に広島や徳島など全国から約150人が参加。小学校教諭や保育士、主婦など、年齢層もさまざま。同府茨木市の保育士、諸岡拓未さん(31)は「将来まで伝えていくべき大事な歴史だと思う。責任を持って歌いたい」と練習に励んでいた。指揮は、林さんが12年に亡くなるまで30年以上親交のあった作曲家の寺嶋陸也さん(52)。「光さんが『多くの人に聴いてほしい』と望んでいた曲を大阪で初めて上演できるのは楽しみ」と話している。
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others