ロレックススーパーコピー時計の水晶の発展動向から見ます

ルイヴィトンスーパーコピー腕時計の水晶の発展動向から見て、形でと構造の方面、形の結晶は次第に音叉の形の結晶に香に代わられて、これは後者は耐衝撃性方面で前者よりずっと優越しているロレックスの高さがコピー時計をまねるためです。加工技術の方面で、今すべて次第に腐食の一定の形を備える高さを採択して腕時計の加工方法のロレックスの高さをまねて腕時計をまねます。昔多く機械の加工方法を採択するので、振子と高さで腕時計をまねて過程で研磨を切断して、結晶のひび、格子の欠点などの表面の変質する層を引き起こして、シャネルコピー利用の腐食の一定の形を備える掟はこれらの欠点を免れることができて、振子の品質に対して高まって腕時計をまねるとても大きい意味のロレックスの高さがあります。コピー時計このような技術はウェハーを弗化水素酸の中に腐食に入れて一定の形を備えるので、普通はX+5を採択して振子を切断して、それの高さの腕時計をまねる美点はマスプロで、加工の精度の高さ、薄型の振子を加工することができて、布は周波数の微調整する技術の高さがエルメスコピーをまねてロレックスの高さを簡略化して腕時計をまねることに役立ちます。

米国はまた1種が式などをして

それ以外に、米国はまた1種が式などをして法をイオンエッチングであることを採択して、線間距離の2ミクロンだけ以下の高さを加工してブランドコピーの図形のロレックスの高さをまねて腕時計をまねることができます。振子と高さが腕時計の小型化をまねる方面に、電子腕時計の小型化の高さが腕時計の発展の勢いをまねることに従って、振子も小型化、薄型化にロレックスの高さに発展して腕時計をまねます。しかし振子と高さからコピー時計の特性をまねて考慮して、振子がもっと(さん)に越えるのは薄くて、加工所は高さが腕時計の表面の変質する層間の高さをまねて腕時計の影響をまねるもっと大きいことをもたらして、ウブロスーパーコピー音叉の振子にとって、もしもっと(さん)に越えるならば、結晶のインピーダンスは真空の高さに対して腕時計をまねてもっと高いことを求めることに値して、それによってコストを高めて、だから振子と高さは腕時計の厚さをまねて普通は薄くなく50ミクロンのロレックスの高さで腕時計をまねます。FMの方法の方面で、最も常用する高さの腕時計をまねる方法は真空が蒸してFMをめっきするので、それは石英の振子を膜の機械の高さをめっきして腕時計の真空をまねて内を覆うことに入れるので、電極に対して金属メッキを蒸して、電極の膜の厚さを増加して、周波数を定格値のロレックスの高さまで(へ)腕時計をまねることに加減します。研磨の方法をも利用することができて、奮い立つ区分の品質を取り除いて、調整の周波数、このような方法の高さの腕時計をまねる欠点がカプセル化になった後に再びロレックスの高さを加減してロレックススーパーコピー時計をまねることができません。

ブランドスーパーコピーうに歯車を行って歯を補います

歯車の歯は機械を表して過程で使って、程度の磨損と損なわないことがあります 傷、人為的にあるいは突然ぜんまいが切れてに折れることに震動されるため駆動歯車の歯車の歯をも使用します 曲げるか断ち切ります。カルティエ時計コピーもし歯車の歯は曲げて薄い口で子を取って挿入して歯の間でそっと引くことを表すことができるならば まっすぐにもし歯車の歯が断ち切るならば歯を補うことを行うことができて、具体的な方法は:先に歯の残りの根部を切るのがやすりをかける平らで、それからやすりの平らなのは歯所を切ります 1つのありみぞにやすりをかけて、その形がな内に大きいです 外小さくて、絵のようです5_9の75 ,再び銅を使います 板あるいは銅線は未(半)加工品(多く1段を残す 加熱する)にやすりをかけて埋め込みしてノッチに入って、オメガ時計コピーそしてはんだ付けの柵を使って、 最後に薄い刃とやすりで修繕して一定の形を備えます。

もし車輪の歯は2―3本もを断ち切るならば このような方法は歯を補って、しかし歯の形に注意しますと 歯の間の間隔。多すぎる歯を断ち切りますいいえ このような方法で埋め込みして補わなければならなくて、新しい件を交換する資格があります。http://i.anisen.tv/dafsds/