人生の空模様

今、わたしは書きたいことがなくなっている。

それは、お笑い女芸人が幸せな私生活を送りはじめると、途端に芸がオモシロくなくなるようなものか。

幸せで、平和ボケで、書きたいことがなくなったわけではない。

自分の残りの人生デザインをどう描こうか、と考えている。

が、立ち止まっている。
一種の凪のような状態だ。


時間、労力、おカネ、気力をどう配分しようかと。

自分のために、人のために。他者と自分、このバランスも加味している。

実母は、「世間などない」、と言う。
「世間はあれこれ言うばかりで、いったい、自分に何をしてくれる?」と。
義母は、世間は何も言っていないのに、勝手に自分の中で世間を作り上げている。

両方、正しいと思う。
ある程度、自己チューにならないと、他人に振り回される。
かといって、自己チュー一本やりだと、なりたい自分とかけ離れる可能性がある。
自分を軸にしつつ、世間での立ち位置を調整しながら、自分の進みたい方向に行くのが、妥協策だ。
協調性が必要である。



ご近所の子供関係の知り合いに、自分の路線ばかりを押し付ける人がいる。
最近、立て続けに、その人とバス停で顔を合わせる。
30年ほど前からの知り合いだが、方向性やスタンスはちっとも変わっていないので、驚いた。

年齢とともに、変わってきているかな、と思いきや、相変わらずで、うんざりした。
だめだ、こりゃ。
自分が良いと思うことは、人にもぜひ勧めたいという気持ちはわかるが、
押し付けがましいのは、鬱陶しい。

趣味のことでも、自分の趣味や、その楽しさを知ってほしいというだけならまだしも、
ぜひ、いっしょに楽しみ、実体験してほしい、と、参加を強要する人がいる。
鬱陶しいこと、このうえない。

なぜ、自分の中で納まらないのだろう。
自分が楽しかったら、それでよいではないか。
わたしの考えがおかしいのか?

考えが合わない人とは、一線を画すだけである。


趣味の世界なら、どうってことはないが、
一線を画すことのできない分野や、関係の場合が、ややこしい。
苦悩やトラブル、紛争のもとになる。

解決できない問題が、世の中には、わんさか転がっている。
火が付いたり、くすぶったままだったり、火の粉が身に降りかかったり。
知らん顔ばかりもできなくなっている。

問題意識を持って、行動しなければいけないが、避けられないような事態が生じるケースも想定できる。
享楽的に人生を享受できる時代は、終わりつつあるのだろうか。
自分をしっかり持っていなければ、渦に巻き込まれ、底なし沼に落ちてしまうかも知れない。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/bibizhahah/25778
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others