もっと大きな事故が起きそうな予感。京急見習え

予感していたことが起きてしまったというのが、今の感想です。
JR東日本というのは、今までと言うか国鉄時代からのいい伝統を捨ててきています。

まず民営化になり人員を減らしています。確かに民営化となったためそういうことは、必要だと思いますが、肝心なところまで削減しているように思います。

昔、電車の窓から工事用車両(マルチプルタイタンパーなど)の車両の所属表記に東京工事局 なんとか保線区とか書かれていました。今見ると、東鉄工業とか何んとか建設なんて表記のものになっています。保線作業もすべて外注となっています。
思うと、3年前の震災時に首都圏のJRの運行が遅かったのは、保線を外注としたため人員が集まらなかったのと、JRの保線担当者が少なく線路点検に時間がかかったのだろうと思われます。

今回の事故の詳細は、分からないがJRの指令所と工事業者の連絡ミスというか、双方での確認・再確認を怠っていたのだろうと考えられます。また事故当時JRの担当者が監理と言う面で立ち会わなかったのか?

線路内に4tユニック車を入れるということは、き電停止させるはずだが、き電停止の有無とかそういう細かい部分までやり取りしていなかったと考えられます。
JRも工事業者と両方に過失があるように思えます。また同じようなことが起きるか、もっと酷い事故が起きるような予感もあります。

JR東日本って埼玉、新潟偏重主義が強く、城南地区~神奈川にウエートを置かないのがおかしいと思っております。
何かのときにアンケートがあって、こんな要望を出した。
東海道線の20両化および、湘南・スカ線のスーパーグリーン車両連結。横浜・南武線の早期10両化。特別車両等およびトップナンバー車は、東海道方面優先配置。
と言うのを出したことがある。

車両製造でも伝統・実績の長野工場を捨て、181系をポンコツにしてしまった、新津を選んだ。
何も考えていないのです。伝統と言えば、東京機関区、品川運転所、田町電車区も廃止してしまった。前々から行っているが、上記3個は伝統の場所で、鉄道の神様がいるところだった。
東京競馬場の大欅を切ってしまったようなものだ。その祟りが出てきたかも。

それにしても、人身事故を起こした時の東の全線運転見合わせには困る。
京急のような逝っとけダイヤさえ組めない。緊急時・異常時に対応できないそんな体質だからこんな事故が起きたのだろう。
脱線転覆した車両は、妻面の形状から川崎重工製のものだ。
最近思う、京急のポリシーはJR東に比べたらすごいものだ。
今回のことが起きても京急の車両だったら、屁でもなかっただろう。先頭車が電動車だからだ。
1年ほど前京急も事故があったが、あんな転覆までなっていなかった。
京浜東北の場合、10号車と9号車は、付随車だからこのような転覆となった。
E233系は、運転席にクラッシャブルゾーンがあって安全に乗務員を守るという話だが、先日の東急の事故といい、今回の事故で走るんです車両の乗客への安全面が劣っているように思う。

通勤で朝の横浜駅を利用するが、ホーム監視の姿勢から京急とJRの違いがよくわかる。
京急は、駅員さんをホームにこまめに配置してホーム整理している。JRは人があまりいない。
駅ナカとかそんなことしないで、鉄道会社なのだから本業をきちんとしてほしい。
京急のように人が必要なところには、ちゃんと人がいる。咄嗟の判断とか上手く機能している京急は。

結局は、人がいないと何でも成り立たないんだなと改めて思いました。
神奈川方面、JR東海にならないかな。東はダメだ。アンチJR東日本の戯言でした。
芳香劑
情愛芳香劑

三輪素麺とシイタケな夜!身も心も炙られて!

奇しくも、昨日の日記の通りに、暗く寒い日になってしまった。
都心でも昼前から雪が舞っていた。
フロントガラス越しに雪の粒を見れば外気温が氷点下近いのがわかる。
案の定、一歩、車外に出ると手がかじかんだ。

もちろん、今が一年で一番寒い時季なのだから、それでいいと思う。
昨日が大寒で、立春までが寒さのピーク、
むしろ立春近くが最も寒い。

昨日、
連日になってしまったが、外で酒を飲んだ。
驚いたことに連日で、いい酒になった。
なにか、今年は、、もしかしたら、、いい年なのかもしれない!

そこで供された肴に、「淡路島産、玉ねぎ炙り」と言うものがあった。
皮つきの丸のまま焼かれている。
それを十字に豪快に切り分けてある。
皮には焦げ目がついているが、中は中心まで火が通っていてトロトロでホクホクだ。
特製の練り味噌と醤油ダレの2種で味わえるようになっていた。

酒がウマい。
新年になってから、玉ねぎを食すことが多い。
それがいいことに、つながっているのかも知れない。

玉さん、ありがと!

やはり酔っぱらったのは言うまでもない。
最終電車とタクシーで帰宅。

すると、また娘がいた。
冷蔵庫を覗いている・・・。。
目が合う。

まさか、また腹減ったのか・・?

イエスだと。

まあ、俺もちょっと何か食べたいとは思ってたんだけどさ。。

にゅうめんでいいか?

イエース!

じゃ20分後。

材料を出す。
三輪素麺、小ネギ、ほうれん草、柚子、、、、?
あ、しまった・・。
昨日シイタケ煮、、食べちゃったんだ・・。。

でも、やっぱ、欲しいな。シイタケ。。
急いでシイタケだけ煮始める。
最後には煮しめるのだが20分縛りなので、
ある程度、味が染みたところでOK。

出汁もあるのでチャチャっと麺つゆをつくって、
麺を茹でる。強火で1分ちょっと。
はいよ、おまたせ!

最後にお腹にやさしい〆となりました。

『希望の水』

ここで説明をしていては長くなるので、もし?気になった方がいらっしゃれば?

世の中には無数の水が出回っていますが、自分の場合は福岡県と佐賀県のほぼ県境にある!『希望の水』を約6年前から飲んでいます。

騙されたと思って、ひとくちだけでも口に含ませて見ませんか?
非常に喉ごしも良く、一瞬でそこらに出回ってる水との違いに気付かれる方も多いと思います。


いやいや、別にその事を伝えたくて書いたのではありませんでした。


実は母の香典返しにと、良く使わせてもらってる『もち吉』で約15万円近くの品を贈らせたこともあり、店側からもち吉で販売をしているお水を何と('_'?)
5ケースも頂いたものだから、初めてもち吉の水を口にしたのだけど。

詳しい効能等はまだ、読んではいませんが・・・そこいらで売ってる水とは明らかに違う、やはり!喉ごしの良い水だったので、もし?お水だとかに拘っておられる方がいらっしゃれば?
と急に思い付き、チョッと書かせて頂きました。

あるテレビ番組が昔、取り上げていたことがありましたが・・・日本で市販されてる水は9割以上が全く!大したものではないらしいので、お気をつけ下さい。い。

意気込みは評価するが、

構想の完遂は不可能だろう。

徳富廬花「みみずのたはごと」冒頭の「都落ちの手帖」に、興味深い記述がある。

廬花は、茅葺きの家に住みたかった。
しかし、東京市は既に市内の茅葺き屋根を禁じていた。

で、やむなく西郊、東京府豊多摩
郡粕谷村内の元農家に転居する。
市外への転居だから、都落ちと言う訳だ。

さて、この特区構想には、
致命的な欠陥がある。

それは、如何なる建造物も、精々難燃化は出来ようとも、不燃化は不可能だと言うことがある。

不燃化住宅とされる高層マンションを例に取ろう。
家具や内装、衣類や食品、みな、よく燃えるだろう。また、
忘れがちだが、住人こそが一番燃えやすい。

温度が上がれば、鉄骨すら無事ではない。

このタイプの火災については、知事の著作の一つ「日本の突然の死」(確か新潮文庫)にも言及がある。

延焼被害を防ごうと思えば、冒頭で触れた「みみずのたはごと」に出てくる粕谷村のような街づくりをするしかあるまい。
即ち、精々が二階屋まで。家の距離は最低でも一町歩は空ける。

さて、粕谷村で起きた火災はどうなったか?

村民総出で農作業中、偶然誰かが火災の煙が焔に気がつくと、消火用具置き場の鍵を取りに地区長の家へ走るもの、半鐘を鳴らすもの、現場へ直行するものなどに分かれたそうだ。
だが、田畑で火事に気がつく頃には火の手は屋根を突き破っており、けしにかかる前に丸焼けになっている。
東京市内は火事が多いからと預けられた晴れ着などが、そのために焼失したなんて言う話がある。
ま、そのくらいにしないと、延焼防止は成しがたいだろう。