オメガだから実現した技術革新

オメガという時計ブランドの技術力の高さをつくづく思い知らされるようなニュースが飛び込んできた。あたらしいロレックススーパーコピー腕時計の品質規格“マスター クロノメーター”が発表されたのだ。これはオメガと計測の第三者機関“メタス”が共同して発表した、あたらしい腕時計に関する品質基準である。

品質規格には、完成状態での時計の精度や1万5000ガウス以上の強耐磁性を含む信頼性など、8つ規準が設けられている。ほかの時計メーカーでもこの審査を受けることもできる。さらに、この新規格の情報にくわえ、年末に公開される映画「007」やオリンピックにちなんだ記念モデルと、今年のオメガスーパーコピーの製品展開は“意欲的”という言葉で収まらないほど。さっそく、それらの商品をご紹介していこう。

12月公開予定、映画“007”ジェームズ・ボンドの特別モデル

年末公開に向けて準備が進む映画「007」シリーズ最新作『スペクター』。これまでオメガのスーパーコピー時計は多くのスクリーンで“ジェームズ・ボンド”とともに活躍してきた。

「シーマスター アクアテラ マスター コーアクシャル」がボンド特別モデルとして登場。新作は『スペクター』の公開に向けて用意された限定モデルだ。印象的なブルーの文字盤、さらにはインパクトのあるイエロー秒針の先端には、ボンド家の紋章を模った装飾が配されており、付属の専用ボックスの表面も、同じ紋章を模った意匠で埋め尽くされている。しかも、オメガ独自の耐磁キャリバー「マスター コーアクシャル」搭載で、高性能も折り紙付き。このモデルに限っては007に因んで、耐磁性能が1万5007ガウス以上と表記され、世界限定1万5007本という限定数もウイットが効いている(笑)。ウブロスーパーコピー俄然注目のリミテッドエディションだ。
Calendar
«  May 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others