seiko criteria夢

1977年、seiko criteria(セイコー)若いエンジニアが始まったひとつの夢、どうやって作る「寿命の長い腕時計」?彼の目標は、オメガコピーこのseiko criteria腕時計はバネ駆動を所有し、毎日マイナス1秒の精密度、これは精良の電子時計で達成した高精密度。この人のエンジニア――Yoshikazu Akahane(赤羽いいや)、そして信念と集中奉献の人。彼は28年かかった時間、無数の挫折を経験したし、600以上の試作品だけで、すべてのタブ工芸面を取った画期的な技術革新の後、彼と彼のチームがついに成功した。2005年、スプリングDriveの時代到来!な腕時計を通じて製造プロセスの4つの主要分野の改善、seiko criteriaスプリングDrive実現したその精妙なところ、正確性、信頼性や耐久性。「三級同期変調控速器」同期制御調節バネの発生の三種類の異なるエネルギー、機械の能力、電力や電子磁能の出力。伝統的な機械の時計の制御のシステム、逃して縦装置、一方向回転する革新速度制御システムを通じて、ウブロコピー時計は本質的にもっと安定して丈夫、もっと正確に。seiko criteriaスプリングDrive精確で毎日誤差マイナス1秒。スプリングDriveムーブメントは摆轮の逃げシステム、整組機械ずっと一方に向けて、独特な指針走査型の滑走運動。スプリングDriveは世界で唯一、まさに時間流れ続けた腕時計。新たな主バネが与えるほうが雄勁、より安定した、より長く動力。SEIKO(セイコー)自分で研究開発した特殊な合金材料は、耐久性、抵抗と持久高温腐食以外、さらに多くのエネルギーが生じ、たとえ連続使用タイマー機能の状態では72時間のエネルギー貯蔵。seiko criteriaスプリングDriveシステムはハイエンドカウントダウンを提供した腕時計の完璧な基礎のため、カウントダウン過程の中に流れて行く時間が正確にキャッチと指示が出ていたのではなく、一番近い指向の目盛点。±1秒/日の精度、クロノグラフは12時間、「垂直なチェーン装置」と「星柱」とともに、ボタンの正確性を確保するため、世界でも優秀な計時腕の一つと言える。完全に手作りの組立、416の部品、ごじゅう宝石、140注油時、使用ご種類の潤滑油、ルイヴィトンコピースプリングDriveクロノ腕時計もカウントダウン機能を備えて起動する場合は、72時間の動力貯蔵機能。1959年に加えseiko criteria機械を発明した表にチェーンシステムの特別部材――「マジックてこ」。どの方向に向かっても揺れて、その毎回揺れているエネルギーは有効に利用されて、自動的にチェーンシステムの効率を向上しました。今新しいマジックレバーにチェーンシステム、陀のベアリングが直接的に動かし、チェーンよりも以前より効率がある。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/bnsa/28110
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others