研修を振り返って

研修を終えた時点では、仕事の内容を分かり切れなかったけどな。
むしろ、研修を終えて現場で仕事を経験して、ようやく分かって来た感じ。
「あ、これって研修で言っていた…。」
「そうだよ。今更分かったのかよ。」
ということもしばしば。
ちなみに先輩は、呆れた顔はしなかったが。

そう言えば、仕事でこういう経験がある。
仕事中に、「あれ? これって、大学で習ったアレかな?」

学校の勉強であれ企業の新人研修であれ、
習ったことが現場で活用出来ると嬉しいもので、一気に手に就くことがある。
それから仕事が更にしやすくなった気がする。

ここから思うことは、
研修を受けたからと言ってその組織での基礎を作ったに過ぎなくて、
そこから先は如何に自分で築いて行くかだと思う。
だから、「この研修受けて良かったのかな…。」と不安に思う必要は無いし、
「この研修受けて失敗だった!!」と憤るのは、いささか早計だと思う。
蟻力神(第五代):http://www.hakanpo.com/p/pro336.html
蟻力神:http://www.hakanpo.com/p/pro132.html
三便宝:http://www.hakanpo.com/p/pro149.html

旅行www.hakanpo.com/p/pro138.html

病院帰りに一泊で旅行に連れて行ってもらいました。

主人と、妹母娘に母と親戚のおばさん。
一人では外出できなくなって以来、なかなか家族にも会えなかったし、旅行も簡単には行けないし、お休みのあまりない主人とも過ごせるスペシャルな2日でした!

ただちょっと不安なのが感染症。治療で免疫を抑えているので、温泉はよくないと以前言われたのですが、そのお薬もだいぶ減らしたので、そこまで怖がらなくても大丈夫じゃないかと思いつつ、同じ病気の方の「温泉で水むしに感染した」なんて実話をきくとやっぱり心配にはなる(笑)

さすがに車イスで温泉には入れないので、杖で入ることになるのですが、かろうじて温泉に入るのに必要な動作はなんとか頑張ってできるように調教は夏からしてきたので二回入ることができました。母など女性が一緒に入れるのも心強かったし。

まだまだ食べられる物も限られてるので、バイキングはやわらかそうな物を選べるので楽しめました。(ステロイド減ったので食欲がもどり、量はたくさん楽しめませんでしたが)

二日目には近くの牧場で遊ぶ予定が、まさかのお正月休みで、急遽サファリパークへ。

見たかったユキヒョウもいたし、ホワイトタイガーとか可愛い猛獣たちにたくさん会えてよかった!

ウサギさんとの触れ合いコーナーは車イスで入れなかったけど、主人がウサちゃんを抱っこして触らせてくれました。(ウサギってもっと手触りいい記憶があったけど、猫の方が手触りがよく感じてしまった)

そんな中でも一番すごかったことは、主人がよくお仕事で行くエリアだったので、よく泊まっているお店に入れてもらえたこと。写真は見せてもらったことがあるけど、そこに入っておかみさんと対面するなんて、なかなか体験することじゃない!

でも、どうやら、どうやらおかみさんは、わたしが奥さんだとは全く気付いてないっぽい
というか、子供と思われた疑惑が

メンバーで子供なのは、妹の子供たちが二人。

おかみさんが気をつかって「お子さんたちに」と渡してくれたアイスが3つ、わたしに話しかけてくれたことからして、わたしは大人とすら認識されてなさそう

そういえば、ホテルの方からも明らかな子供向けの言葉で話しかけられた

きっと高校生くらいだと思われてたんだ

実際、入院すると「高校生?」「え、違う?中学生?」なんて言われるし。
もうじき35歳ですからー!
マスクで半分顔隠れてノーメイク、特別グラマーな体型ってわけでもないし幼く見えるのかなぁ
一昨年の旅行の時と比べて姪たちが随分とおねえさんになったなぁ!と実感。
また今度は、もっと元気になっていたらいいな。

勘弁して……

最近あまり体調が優れないし、なんだか本当に売って生活できるようになるのかと不安でいっぱいになりはじめていて気乗りしなかったけど、とにかく少しずつでも先に進んでいかないと、止まったまま何の状況も変わらないし。

と思って、今日は主人も早く帰ってくるみたいだし、張り切って元気な気分のふりをして、残りのスイーツデコ写真立てを完成させようと決めた。

この写真のはL版だけど、残ったやつは2Lの大き目のやつ。

バランス上パーツの配置が変わってくるので、色々と試行錯誤して、なんかうまくできる気がしないけど、とにかくデコレーションをはじめた。

少し体調が落ち気味だと一番楽なホイップも絞るのが大変だし、ピンセットでつまむ小さなスワロフスキーが重くてたまらない。

なんとかあと一歩のとこで、事件が起きた。

普段イタズラなど一切しない娘猫が、いきなり作業台に飛び乗ってきた。

つけたてホイップの写真立ての上へ

思わず「キャー!!」と叫んで、なんとか状況を把握しようとしていると、第二弾が。
新入りメインクーンがあとから飛び乗ってきた。

ガラガラガッシャーン状態いや笑えない。
つけたてホイップが被害を受けた。
猫たちの足にたっぷりついたに違いない
それどころじゃない。これは遊びでやってるんじゃなく、売り物にするもの。
ベッタリホイップなんて許されるはずがない。

これ、なかなか拭き取って修復することが困難なシロモノで。基本的には「直し不可」なんです。

猫の足の汚れ拡散どころじゃない、乾く前に修復してトッピングしなければならない。お高いホイップも貴重なスワロフスキーも、いつでも自由に買いには行けない土台も無駄にするわけにはいかない
売り上げを得るまでは、主人に買ってもらう大事な材料なんだから!

必死になり、なんとか修復に成功?

気を取りなおし、次のにとりかかる。

猫たちは追いかけっこみたいになり寄ってこないので、この隙に

そして3つめ………ホイップをのせおわり、パーツをトッピングしようとしたその時、メインクーンが突如飛びのってきた。またか

あぁぁ………もう本当にやめて
ホイップどれだけ無駄にしたらいいの。

そしてわかった。わたしには怒ることができない。怒るには、かなりの腹筋やら肺活量が必要らしいと悟った。筋力の弱った状態では怒れないんだ。

でも、怒られたというのか、いけないことをしたらしいという空気は感じたような目つきをしてた
クルクルいってて本当にかわいいと思う自分て、頭悪いのかな^^;

とにかく、なんだかやっつけ仕事みたいに完成した。

なんか、今日はスイーツデコがあまり楽しくなかった。

次からは、別のものを作りはじめるし、そっちの方が高く売れるし需要もありそうだし。きっと楽しくなるよね。とにかく、体調がもう少しよくなれば。

教訓。やはり気乗りしないのには必ず原因がある
無理して仕上げようとしてはいけない!
巨人倍増:http://www.hakanpo.com/p/pro138.html
三體牛鞭:http://www.hakanpo.com/p/pro331.html
Calendar
«  April 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

search this blog.
category
archives
links
others