友達だと思って た

どこの国にあっても、パン屋は朝早くからパンを焼いており、町の人々に朝食用の焼きたてパンを売っている。
ジェシカの家の近所のパン屋クランも、今朝は朝早くから起き出し、パンの生地をこねていた。
長年の修練の結果、空気が入り込まないように丁寧に慎重に、それでいてすばやくパンの生地がこねあがっていく。
と、突然、店の方から大きな音が・・・・・・
驚き、慌ててこねるのを中断して店の中の様子を見にいってみると、奥の掃除道具入れの扉が開いており、箒やモップなどの掃除道具類が床に散らばっていった。
毎朝(といってもまだ真夜中だが・・・・・・)、起きだすと最初に店を綺麗に掃除し、キチンと掃除道具をしまい、掃除道具入れの扉がしっかりと閉じているのを指差し確認するクランだったので、こんなことが自然に起こるなんてありえない。
ってことは何者か侵入者がいて、掃除道具入れを荒らしたのか?

でも、今、店の表側のドアはカギがかかっており、窓もよろい戸が閉まっている。出入りできる入り口は作業場に通じるドアだけだが、今クランが入ってきたばかり。
ってことは、犯人はまだこの店の中に?
ということで、すこし怯えながらも(本人は捕まえてやる気まんまんでと話していたようだが)店中をあちこち探しまわったのだが、結局、掃除道具入れを荒らした犯人を見つけることはできなかったらしい。
「きっと姿のない犯人なんだよ。事件だよ! ミステリーだよ!」
「ハハハ、まさか、きっと猫か何かが暴れたんだよ」
「でも、クランおじさんのところは猫なんて飼ってないもん!」
「でもなぁ~ 姿がないなんて、ちょっと信じられないなぁ~」
「あぁ! ジョゼフィーヌちゃん、ジェシカのこと疑ってるぅ!」
「え? あっ? そんなことないよ。そんなこと」
「ウソだぁ~! ジョゼフィーヌちゃんのこと、私、友達だと思って
たのに! ショックぅ~! しくしく」
ジェシカが大げさに泣きまねをしてみせる。けど、その途端。

「え?」
「キャァァ~~~~ 今のなし。聞いてないよね。うん、聞いてない!」
「えっと、なに、お腹鳴ったの?」
「キャァァ~~」
ジェシカは恥ずかしげに両手で顔を隠すのだった。
パン屋のクラン、つい犯人探しに夢中になりすぎて、パンこねが遅れ、焼きの作業にも影響し、パンの焼き上がりが店の開店に間に合わなかったそうな。
「おかげで、今朝はパン食べられなかったよぉ~ 朝食抜きだよぉ~ 腹ペコだよぉ~」
そうして、ジェシカはまた盛大にお腹の虫を鳴らした。

翻訳の力

翻訳の善し悪しは、本の売れ行きに「相当に」影響する。
影響するのは当然。でも僕は、「相当に」影響すると考えているのです。

人の訳書を見て、10万部売れた本でも、「もっと訳がよければ15万部はいけたに違いない」「10万人が購入し蚊蚊萬綺雯てくれたのに、この訳じゃ最後まで読み通した人はあんまりいないのではないだろうか」などと思うこともあるし、1万部しか売れなかった本でも「訳がよかったから、本当は5000部クラスの本なのに倍売れたのかも」などと思うこともあります。翻訳者が気にしなければならないのは、「本来~部くらいのポテンシャルの本が、自分の訳によって、どれだけ増減したか」であって、単に何部売れたかということではないと考えています。100万部売れたとしても、訳が酷ければ意味がない。100万の負のエネルギーを世の中に撒き散らしたことになる。その責任は重い。

僕は人の訳書が、訳の質が、めちゃくちゃ気になります。訳者の責任はものすごく大きい。最近、同業者の方から聞いてなるほど、と思ったのですが、訳書に名前が出るということは、その大きな責任を負っていることの証なのだと。間違いがあったら、それは私の責任ですよ、ということの証なのだと。

内容が良くても、訳が不味ければ、口コミでの広がりは鈍いものになる。
書店で本を手にとってパラパラと中身hifu超聲波拉皮をみたとき、砂を噛むような読みにくい文章だったら、買う気が失せる。
翻訳者の情熱は、必ず読者に伝わる。

翻訳者だから、訳のことがやたらと気になる。翻訳の力が、ありありと眼前に迫ってきます。

しかし、それはどの仕事でも同じなのだと思います。本の世界でいえば、営業担当者は営業の力を、編集者は編集の力を、マーケティング担当者はマーケティングの力を信じている。要は、自分の仕事の価値に誇りを持つということ。その価値に意味を感じていること。

金曜日に、日経新聞の朝刊に、私が翻訳を担当した書籍『成功者は皆、ストーリーを語った』の広告が掲載されました。効果はテキメン。Amazonの売上ランキングの順位が一気にあがりました。

この日の広告君には、翻訳君も脱帽。今日のヒーローはあなたです(ありがとう~!)。
しかし嬉しい反面、ここまで大きな影響があると、翻訳の力の立場はどうなるんだ? という思いも少々脳裏を過ぎります。結局は、宣伝いかんなのかと。

しかし、広告君と翻訳君(ほかにも、いろいろ○○君はいます)は、手を繋いでチームの一員として頑張っているのです。広告君は、カンフル剤のように本の売れ行きにキックを入れ、読者のbotox瘦面注目を集める。翻訳がよければ、読者はジワジワと増えていく。

自分の訳が、そういう価値を生み出す訳であるように。そう願ってやまないし、これからも常にそんな心構えで仕事をしていきたいと思っています。なんだか突然真面目になってしまってすみません。
Calendar
«  July 2020  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others