空襲被害者には直ちにユダヤ人から没収した住居と家具

1933年に政権をとってから増え続けていた債務は1937年には臨界に達しつつあった。1938年、ユダヤ人財産の正式の国有化が始まり、経常収入の9%をしめた。

第一次世界大戦時、40万人が餓死した銃後の貧困。これこそが敗戦の原因であり、好感度独裁体制であったナチス政権が最も避けねばならないことであった。出征兵士の家庭には出征前の給与の85%相当の「生活維持給付」が与えられた。民需材の供給不足、国内の「金あまり」を緩和し国内のインフレを防ぎ、また国の歳入を増やすため、占領された国々には多額の軍税が課せられた。これらの国々でもユダヤ人財産の没収により、それを賄うようになる。ユダヤ人迫害は常に経済的動機があったのである。
街頭覇王睾丸素カプセル
駐留軍兵士には遠征先の通貨で給料が支払われ、なるべく当地で使いきることが奨励された。兵士は大量の食料、物品を故郷に送った。なかには貨車一台ぶんを送った例もあった。これを規制するこては「士気に関わる」とされ、ほとんど行われなかった。
狼一号
ドイツ国民は占領地からの物資で潤い、空襲被害者には直ちにユダヤ人から没収した住居と家具が与えられた。大戦末期までナチス政権は国民を窮乏させることはなかった。「欲しがりません、勝つまでは」では勝てなかった国の知恵であろうが、それは同時に戦争を止めるわけにはいかない理由にもなった。

ドイツ国内及び占領地におけるユダヤ人迫害が極めて合理的な判断に基づくものであったことが、よくわかる。この時代に興味をもつ方には是非とも読んで頂きたい一冊。壮根精華素