眠れる時に眠る、手足温かく 避難生活での眠りのコツは

熊本県を震源とする強い地震に見舞われた被災地では余震が続き、睡眠もままならないのではないでしょうか。避難生活では慣れない環境の中でストレスも増し、睡眠不足に陥りがちです。眠りの専門家に心構えを聞いてみました。

 「被災直後の不眠症状は、身の回りに生じた危機に対処するための正常な生体反応です。あまり心配は要りません」
巨人倍増
 こう話す国立精神・神経医療研究センターの三島和夫医師は、大切なポイントとして「眠れる時に眠る」という開き直りを挙げた。

 「夜中に周りと一緒に眠らなくてはならないという思い込みは、かえって不眠を悪化させる。逆に、昼間にうとうとと眠れることがある。昼でも夜でもいいので、眠れたという体験を積み重ねて下さい」

 床に入って寝付けない時は「今は体が眠りを求めていない」ととらえ、自然な眠気が来るまで呼吸をゆっくり整え、静かに横になるだけでいい。眠ろうと羊を数えるのは禁物だ。

 「不眠があっても淡々と受け止めていれば、日々の生活をこなすうちに多くの方は眠れるようになっていきます」
花痴
 被災前から不眠があり、睡眠薬を服用している人はそのまま服用を続けて良いが、自己判断で増量するのは控えるよう求める。睡眠薬代わりにお酒を飲むのも厳禁。「若干寝付きが良くなる人もいるが、じきに効果が弱くなる。逆に深い睡眠を減らしてしまいます」

 避難所での睡眠の質を少しでも良くするには、どうしたらいいのか。日本大学医学部の内山真教授(精神医学)は、阪神大震災で避難所生活をしながら診察にあたった経験から、二つのポイントを挙げる。

 一つは、できるだけ温かく感じられるような工夫だ。手足が冷えるとぐっすり眠れない。気温が低ければ、靴下や手袋を着けたまま眠ってもいい。

 もう一つは、日中は外に出て太陽の光を浴びるなど、昼夜のメリハリをつける工夫をすることだ。そうすれば、自然な眠気につながりやすい。被災前の生活のリズムになるべく近づけていくと、さらに眠りやすくなるという。

 それでも一斉消灯のタイミングでは、目がさえて眠れないこともある。そのまま眠ろうと焦ると不安が増すだけだとし、「床から出て少し明るい場所で休憩する方がいい。眠れないのが自分1人ではないと知ると、ほっとします」と助言する。これには、避難所の一角に明るい場所を作るという環境整備も必要だ。

ヘイトスピーチ、3年半で1152件 政府が初の調査

特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチについて、政府が初めて実施した実態調査の概要がわかった。2012年4月~15年9月に計1152件の発生を確認し、「減少傾向にあるが、沈静化したとは言えない」と結論づけた。この結果を受け、自民、公明両党は野党案の対案となる抑止法案づくりを急ぐ。
五便宝
 結果の概要によると、ヘイトスピーチをしているとされる団体の公開情報に基づき件数を調べ、12年4~12月は237件、13年は347件、14年は378件、15年1~9月は190件を確認。「15年に相当程度減少する傾向にあるが、沈静化したとは言えない状況」とまとめた。
媚薬 販売
 さらにインターネットに投稿されたヘイトデモなどの動画から、72件(再生時間計約98時間)を調査。特定の民族に対し(1)一律に排斥する(2)危害を加える(3)蔑称で呼ぶなど殊更に誹謗(ひぼう)中傷する――発言を抽出したところ、計1803回だった。14年の「3・2分に1回」から15年は「6・3分に1回」に減り、「それらに該当しない政治的主張も多数」としながらも、「いまだ相当数あり、沈静化したとは言えない」と結論づけた。

新千歳の「JAL機緊急脱出」に潜むさまざまな危険 重要なCAの役回り

新千歳空港(北海道千歳市)で先月、日本航空(JAL)機のエンジンから発煙し、乗客乗員165人が緊急脱出する航空事故が発生しました。3人がけがをしましたが、死者は出なかったこの事故には、実はたくさんの危険性が潜んでいたと、航空ジャーナリストの藤石金彌氏は指摘します。それはどのようなもので、事故の際はどう対応すればよいのでしょうか。藤石氏の解説です。
花痴
4本のスライドで165人が脱出

「右エンジンから火が出ている」

 2月23日午後3時ごろ、新千歳空港で札幌発福岡行きJAL3512便ボーイング737-800が、激しい降雪のため離陸を見合わせ、機体に積もった雪を取り除くため誘導路を移動中、エンジントラブルで出力が上がらず停止した。そして、機長から管制塔に「右エンジンから火が出ている」と通報があった。

 異臭と煙が客室に入り込んだため、機長は緊急脱出を決めて乗客159人、乗員6人の計165人が4本の脱出用スライドで機体から誘導路に緊急脱出した。
威哥王販売
 このトラブル、当初は航空事故が発生するおそれがあるとする「重大インシデント」 とみられていたが、乗客1人が重傷(胸椎圧迫骨折)、2人が軽傷を負っている事が判明、「航空事故」(※1)に見直された。運輸安全委員会がエンジンだけでなく、脱出誘導方法、緊急脱出や客室乗務員の業務や訓練体制についても調査し指摘点があれば公表される。
パニック状態・手荷物を持ち脱出・機体近くでたむろ

 当日のテレビ各社のニュースは、乗客が撮影した「緊急脱出」シーンを何種類も繰り返し流した。走行を停止した機内では、CA(キャビンアテンダント:客室乗務員)が背もたれのカバーを外して乗客に配りながら、「ハンカチなどで口をふさいで下さい」、「低い姿勢を取ってください」、「私ども乗務員は訓練を受けています。どうぞご安心ください」などと乗客を落ち着かせていた。

直径9センチのラフレシア=最小の新種発見―フィリピン

単体の花では世界最大種が知られるラフレシア類で、花の直径が平均9.7センチしかない最小の新種がフィリピン・ルソン島の山で発見された。フィリピン大チームが26日、国際的な植物学誌フィトキーズ電子版に発表した。
絶對高潮
 ラフレシア類のうち、花の直径が1メートル超の世界最大種は「アルノルディ」。新種は赤褐色の花で、63個を調べたところ直径が6.6~12.7センチだった。学名は、自然保護に尽力した同国の富豪の妻の名前から「コンスエロアエ」と付けられた。
 東南アジアに分布するラフレシア類は葉や茎がなく、つる植物のブドウカズラに寄生する。この新種はルソン島中部の二つの山でしか見つかっておらず、絶滅の危機にあるという。
粉剤媚薬
 世界最大種が注目されるラフレシアだが、米ハーバード大などが2007年に発表したDNA解析結果では、ポインセチアなどの小さい花が多いトウダイグサ科に属する。
 単体ではなく、小さな花が集まって一つの大きな花に見える植物ではショクダイオオコンニャク(スマトラオオコンニャク)が世界最大。ラフレシアと同様に腐臭で知られる。

<シリア>病院や学校空爆、50人死亡 政府や露は関与否定

国連は15日、シリア北部で医療機関や学校が空爆され、民間人約50人が死亡したとして、攻撃主体に言及せず「国際法違反だ」と非難した。現場は反体制派支配地域で政府軍やロシア軍の関与が疑われるが、アサド政権やロシアは関与を否定。米露などは18日をめどに停戦を呼びかけているが、戦闘収束の気配はなく、実現は極めて困難な情勢だ。
媚薬
 国連によると、北部アレッポ県と北西部イドリブ県で15日、少なくとも5カ所の医療機関と2カ所の学校がミサイル攻撃を受け、子供を含む民間人50人近くが死亡した。

 国連児童基金(ユニセフ)によると、医療機関のうち2カ所はユニセフが支援している。また、国際医療支援団体「国境なき医師団」(MSF)によると、イドリブ県で空爆されたのはMSFが支援する病院で、患者ら7人が死亡、8人が行方不明になった。

 ロイター通信などによると、トルコ外務省はロシア軍の関与を主張し「明らかな戦争犯罪だ」と非難。フランスのエロー外相も政府軍やロシア軍を念頭に「政権側による医療施設への攻撃は容認できず、即時停止しなければならない」と述べた。
絶對高潮
 シリア内戦を巡っては、米露など主要関係国が11日、政権と反体制派の間で「1週間後の停戦」を目指すことで合意した。過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アルカイダ系の「ヌスラ戦線」は停戦の対象外とされた。

 だが、アサド大統領は15日、「国家や国民に対して武器を取る者は全てテロリストだ」と述べ、反体制派を「テロリスト」とみなす従来の主張を踏襲。「テロ掃討」を名目に反体制派への攻撃を続けることを示唆した。反体制派の一部も政権側への不信感から停戦を拒絶している。

 一方、国際社会ではシリア内戦への介入を強化する動きも出ている。サウジアラビアは近くシリア国境に近いトルコ軍基地に空軍部隊を派遣する見通し。

 トルコも国境付近で勢力を強めるクルド人部隊に対して越境砲撃を実施。クルド人を対IS作戦の連携相手とみなす米仏などは自制を求めているが、国内でクルド勢力と敵対するトルコ政府は、強硬姿勢を崩していない。

<スキーバス転落>運行業者の許可取り消しへ2日にも処分案

長野県軽井沢町で15人が亡くなったスキーツアーバス事故で、国土交通省は、バスを運行した「イーエスピー」(東京都羽村市)の貸し切りバス事業許可を取り消す方針を固めた。2日にも処分案を提示し、同社の意見を聞く「聴聞」の手続きに入る。
イカオウ
 国交省による事故後の特別監査で、イーエスピーは点呼簿の虚偽記載▽詳細な運行ルートを記載する「運行指示書」の未作成▽国に届け出た基準運賃を下回る金額での受注--などの法令違反が次々と明らかになった。
五便宝
 国交省によると、道路運送法に基づく行政処分は、違反項目ごとに定められた違反点数を累積し、合計が81点以上になれば、最も重い事業許可の取り消しになる。同社の違反内容を精査したところ、81点を超えることが分かったという。

 同社は事故後、大型バスを使う事業から撤退する方針を示している。

原因不明まひ、26都府県で66人 6歳以下が6割超

原因不明のまひを起こす子どもが昨年夏から相次いだ問題で、国立感染症研究所(感染研)は19日、実態調査の最新情報を明らかにした。昨年8月から12月3日までに報告された患者は、大人も含めて26都府県の男女66人としている。
RU486
 原因不明のまひは、発熱やせきなどの症状が出た後に起き、一部の患者から「エンテロウイルスD68」が検出されている。まひが出た患者の報告は昨年10月時点では47人だった。
五便宝
 感染研によると、12月3日現在の患者66人のうち6歳以下は41人。20歳未満が全体の9割強を占めた。性別は男性35人、女性30人、不明1人。発症した時期は9月に集中していた。

熱海の「秘宝館」来場者3割増で人気 「明るいエロチシズム」目指す

熱海にある「熱海秘宝館」(熱海市和田浜南町、TEL 0557-83-5572)の2015年来場者が昨年よりも大幅アップしたことが、1月5日取材で明らかになった.

 同館は1980年オープンで、1984年目の前にある「熱海後楽園ホテル」(同)に経営移譲。1970年代~80年代に温泉街の風物詩といわれた「秘宝館」の中では、鬼怒川秘宝殿(栃木県)が2013年末で閉館し、現存する最後の施設となった。
曲美
 館内にはエロチシズムをテーマとしたアトラクションが33あり、それぞれが童話や民謡、映画などをパロディーにした作品が並ぶ。館内にあるアトラクション「モンロー」はハンドルを回すと風が起こり、ハリウッドスターに模したろう人形のスカートがまくれあがるというユニークな仕掛けが目を引く。

 同館によると、鬼怒川秘宝殿が閉館し、2015年の来場者は12万1600人を記録。前年である2014年の約9万人に比べ、約35パーセントの来場者増となった。

 来場者の増加について同館支配人は「ここ数年熱海市のシティプロモーション経由での取材やロケ依頼が重なったのと、昨年から『日本で最後』というネーミングのおかげで知名度が上がったのも原因の一つ」と話す。
コンドーム通販
 同館は1996(平成8)年の約16万8000人をピークに来場者が減少。東日本大震災の影響もあり「右肩下がりの来場者。正直苦しい時期も多くあった」(支配人)と言うが、継続している理由について「個人経営が多かった秘宝館に比べて、宿泊施設が母体となっている企業体で運営しているのも利点。ロープウエーや秘宝館などは維持メンテナンスに多額の費用が必要となる。企業体だから相乗効果を見込みながら運営できたのも、生き残ったポイントではないか」(同)とも。

 さらに同館の来場者を増やしたのは、その客層の変化と立地だ。多くの温泉旅館は1990年代後半から団体客離れで旅館利用者が激減。しかし支配人は「現在は団体客よりも圧倒的に個人客が多い。男女比も開館当時は8対2程度と聞いているが、現在は6対4。女性たちだけのグループで訪れ、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで旅行の『ネタ』として使う人も多い」と話す。

 この日東京から来た20代のカップルは「熱海旅行で探してこの場所を知った。卑わいなイメージよりも、性を面白く表現しているのが楽しい。明るいイメージだ」と感想を述べる。

 同館は昨年に2つの新アトラクションを設置、今年もアトラクションのリニューアルや再稼働を予定している。「通常、秘宝館と聞くと暗く、人に話すをはばかれる雰囲気があるが、時代とともに女性たちの認識が変わり、受け入れられるようになったのでは。館内でも常に来場者に受け入れられるような、明るいエロチシズムを追求していきたい」と今後の抱負を話す。