ATM不正引き出し、長野で「出し子」逮捕

17都府県のコンビニの現金自動預払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件で、長野県警は9日、窃盗などの疑いで、福島県いわき市常磐湯本町、無職高林慶一郎容疑者(26)催淫カプセルを逮捕した。

 逮捕容疑では5月15日午前6時20分ごろから1時間半ほどの間に、東京都内のコンビニ2店舗で、偽造クレジットカードを使いATMから計470万円を引き出したとされる。容疑を認めている。県警は現金を引き出す「出し子」役だったとみて、指示役などの共犯者を調べている。

 高林容疑者は6月、花痴.長野市で起きたニセ電話詐欺事件で金の受け取り役をしたとして詐欺容疑で逮捕、起訴された。