波瑠 24時間テレビでチャリティーパーソナリティー、NEWSとタッグ

女優・波瑠(24)が日本テレビ系「24時間テレビ39 愛は地球を救う」(今夏放送)のチャリティーパーソナリティーに初挑戦することが26日、分かった。今月2日に放送を終えたNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインを演じた“朝の顔”が、メインパーソナリティーを務めるNEWSとタッグを組み、今回のテーマ「愛」を届けていく。
威哥王販売
 朝ドラ後も多忙な波瑠に“びっくりぽん”な大役が巡ってきた。

 波瑠は今世紀の朝ドラで最高視聴率だった「あさが来た」後、嵐・大野智(35)主演の日本テレビ系ドラマ「世界一難しい恋」(水曜、後10・00)に、大野演じる社長に一目ぼれされるヒロイン役で出演。大野から休日取得を喜ばれるほど多忙だった波瑠が、NEWSと共に今夏の24時間完走を目指す。
曲美
 初の大役に「正直なところ不安もありますが、光栄な気持ち」と1978年開始の名物番組出演を喜ぶ。今回のテーマは「愛 ~これが私の生きる道~」。「本当に大切なものは何かということを考え、伝えていけたら。見てくださるみなさんの近くにいるつもりで、この番組を楽しみたい」と意気込んだ。

 岩下英恵総合プロデューサーは「老若男女、誰からも愛され、凛(りん)とした存在感が非常に魅力的な方。波瑠さんの持つ優しさと芯の強さで感じた『愛』を、表現してもらい、伝えていただきたくお願いした」と説明。杏(30)、松下奈緒(31)に続き、「朝ドラ」ヒロイン経験者が3年連続で大役を務めることになった。

避難4日目「避難所に入れない」「水・食料足りない」

避難を余儀なくされている人は11万人を超えていますが、4日目になっても避難所に入れないという人が多数いるようです。

 被害が特に激しかった益城町の避難所の17日の様子。着の身着のまま、町が運営する体育館に集まった人たちは1000人を超えました。しかし、廊下にも入れない人が500人以上いて、駐車場にとめた車や屋外にしいたブルーシートで眠れぬ夜をすごしています。
五便宝
 「余震が怖いです」(男性)

 断続的に続く余震。そして・・・。
 「着替えるものもない。そのままで出てきたから、もう3日目ですか」(男性)

 物資の不足。避難所側によりますと、「オムツなどは比較的に足りているが、特に水や食べ物が不足している」といいます。

 「水がない。お風呂にも入れない。着替えも何も持ってこられなかった。熊本全体が被害に遭っているので、 物資が届きにくくなっている」(女性)

 物資が不足する中、ようやくお店を開けたコンビニには、物資を求める人たちが作った長い列。しかし、商品が不足しているため、お店側から客に配られた紙に書かれていたのは、「御一人様10品までに抑えてほしい」とのお願いでした。
 「子どもたち、パンしか食べてないから、ありがたいです。これだけ買えただけでも」(女性)
催淫カプセル
 一方、ようやく復旧したガソリンスタンドにも、燃料を求める人が列を作りました。
 「ガソリンもこれからなくなったら車を動かせないので、今のうちにガソリンを入れておきます」(男性)

 一方、大規模な土砂崩れが発生した南阿蘇村では、さらに状況は深刻です。土砂崩れで送電線がダメージを受けたため、村全体が停電しています。被災者の中には、懐中電灯の明かりで食事を取る人の姿も・・・。

 「毛布、食べ物、コメが食べたい。水・電気など全部足りない。こういう時は非常事態だから、協力しないとぜいたくは言えない」(男性)
 「トイレが汚いし、水が無いので。余震で(屋根が)上から落ちてきそう」(女性)

 地震によって避難を余儀なくされている人は、熊本県内で11万人以上。いまだ6万戸以上が停電しています。

 そして、今、水の問題が深刻です。断水は39万戸以上にのぼります。熊本市全域が断水していて、自宅生活者も水の配給に訪れるため、市役所には多くの人が列をなしていました。

 「14日の午後9時半ごろの地震からすぐ止まった。断水3日目です」(女性)
 「きのう来たが給水が終わっていて、次に来るのが1時間半後と言われ待てないので諦めて帰った。きょうはお米とかとがないといけない」(女性)

 避難所となっている熊本市内の千原台高校の避難所では、ノロウイルスが発生しました。避難生活は長期化する可能性が強くなっていますが、限界を迎えつつあります。