きらり元気企業(上)サンフレックス永谷園(いわき市) 非常食を被災地から

今年四月、熊本地震被災地に災害用非常食「フリーズドライご飯」六千食が三重県松阪市役所から届けられた。製造したのは、五年前の東日本大震災で被災したサンフレックス永谷園(福島県いわき市)だ。
催淫カプセル
 二〇一一年の東日本大震災で断水となり、操業停止を余儀なくされたサンフレックス永谷園。上村(かみむら)隆常務(61)は「被災時に水だけですぐに食べられる食事が必要だ」と実感。フリーズドライご飯の開発に着手した。

 親会社永谷園のお茶漬けやみそ汁といったフリーズドライ製品を約四十年間製造してきたノウハウはある。しかし、お茶漬けや汁物ではなく、炊いたご飯を再現するのは米粒への水分の浸透加減が難しい。さらに調理時間。上村氏は「余震の不安がある中、短時間で食べられなければ」とカップラーメン並みのスピードを目標に掲げた。
威哥王
 フリーズドライ製法に必要な凍結・真空・乾燥の各工程で温度管理や製造時間の最適な組み合わせを一年かけて研究。お湯で三分、水で五分と先行商品に比べ大幅な時間短縮を実現した。五年間の長期保存が可能で一袋七十五グラム。水やお湯百八十五ミリリットルを加えると二百六十グラムのご飯に。食べてみたが、少し軟らかめに炊いたご飯が再現されていた。一般消費者への小売りも視野に入れている。
五便宝
 “よい仕事おこし”フェア会場でも、ひまわり信金(いわき市)が熊本中央信用金庫にいわき産コシヒカリでつくったこの非常食を寄贈するという。

高知容疑者ら送検 覚醒剤“あぶり”常習か

元俳優の高知東生容疑者とホステスが覚醒剤を使ったとして逮捕された事件で、2人に注射の痕はなくいわゆる「あぶり」で吸っていたとみられることがわかった。
威哥王販売
 19日、再逮捕された高知東生容疑者(51)とホステスの五十川敦子容疑者(33)は、覚醒剤を使用した疑いで20日朝、送検された。2人は「覚醒剤を使ったのは初めてではない」という趣旨の供述をしているが、その後の取材で、2人の腕などに注射の痕がなかったことがわかった。

 ホテルの部屋からは、覚醒剤のほかに焦げた痕のあるガラス瓶やストローが見つかっていて、麻薬取締部は2人が覚醒剤をあぶって吸ういわゆるイカオウ「あぶり」と呼ばれる方法で常習していたとみて調べている。

天皇陛下「生前退位」報道、新聞を比較して自分の見立てを整理する

NHKの「スクープ」で始まった天皇陛下の「生前退位」報道、ソーシャルメディアでも様々な反応が発信されています。多様な意見を見えるのは良い点ですが、弱点もあります。ソーシャルメディアの性質として俯瞰的に読み比べることは非常に難しく、一つの記事がシェアされて議論が進むことで、別の視点から書かれた記事が読めないまま偏ってニュースを受け取ってしまう、いわゆるフィルダーバブル問題が起きがちです。ヤフーニュースも最近は関連リンクを絞っており、多様な記事を比較することは難しい状況です。
媚薬 販売
関心が高いニュースをより深く理解するために、新聞やテレビ報道を比較し、記事の扱い(どのくらいの大きさか、何面で展開されているか)、見出し、内容などの異なる点を洗い出し、ニュースを俯瞰的に捉えて自分なりの見立てを整理してみることが大切です。近くのコンビニで毎日、朝日、産経、読売、東京、日経(順不同)を購入したので、少しポイントを整理します。
記事の扱い:各紙大きく展開、取材準備を伺わせる

毎日:『天皇陛下「生前退位」意向』『数年内に譲位 「お気持ち」表明へ』(1面、2面、3面、社会面、社説)

朝日:『天皇陛下生前退位の意向』『皇后さまと皇太子さまに伝える 皇室典範の改正課題に』(1面、2面、3面、11面、39面)

産経:『天皇陛下「生前退位」』『ご意向 数年内に 政府皇室典範改正検討へ』(1面、2面、3面、27面)

読売:『天皇陛下生前退位の意向』『政府、ご負担を配慮 皇室典範改正など検討』(1面、3面、38面、39面)

東京:『天皇陛下生前退位の意向』『1年前から示す 皇室典範改正に数年』(1面、2面、3面、30面、31面、社説)

日経:『天皇陛下退位の意向』『宮内庁、近く公表へ 皇室典範改正必要に』(1面、2面、3面、7面、社会面)

各紙大きく展開しています。制度面の課題、専門家・識者のコメント、国内外の反応などを幅広く押さえており、夜19時にNHKがスクープしてから取材がスタートしたのではなく各社が取材を進めていたことを伺わせます。

分かれているのは時期で、NHKは「生前退位」意向示されたのは5年ほど前と報じていましたが、東京は1年前、産経は少なくとも1年以上前、日経は数年前と書いてあります。
宮内庁の反応:否定は共通「拙速な議論を忌避」などの背景

毎日:見出しなし。1面本記内に「宮内庁はこれまで、生前退位に否定的な考えを示している」という方針の説明。

朝日:『宮内庁次長は否定』(1面1段)。山本信一郎次長のコメント「報道されたような事実は一切ない」「(天皇陛下は)制度的なことについては憲法上のお立場からお話をこれまで差し控えてこられた」。
曲美
産経:『宮内庁「憲法上、言及されぬ」』(1面3段)。山本信一郎次長のコメント「そのような事実は一切ない」「陛下は制度的なことについては憲法上の立場から話すことを控えられてきた。今後も一貫して同じご姿勢だ」。

読売:『制度上「退位」認めず』(1面2段)。宮内庁の方針を説明。1面本記内に山本信一郎次長のコメント「天皇陛下が『生前退位』の意向を宮内庁関係者に伝えているという事実は一切ない。そうした前提で今後の対応を検討していることもない」。

東京:見出しなし。1面本記内に山本信一郎次長のコメント「そのような事実は一切ない。陛下は制度的なことについては憲法上の立場から話すことを控えてきた。今後も一貫して同じ姿勢」。

日経:見出しなし。1面本記内に山本信一郎次長のコメント「陛下が『生前退位』について宮内庁関係者に伝えられたという事実は一切ない。公的な立場にある陛下が皇室制度について(周囲)にはなされているということはない」。

各社の報道は、宮内庁が否定的な姿勢であることを伝えています。しかし、日経には「同庁で内々に検討を進めていたという」(1面)、産経は「宮内庁サイドが拙速な議論を忌避している実態があるとみられる」(3面)、毎日は「政府は、参院選後のいずれかのタイミングで宮内庁側が退位に関して何らかの表明をした後、検討を具体化する方針だった」(1面)と解説しています。

水森かおり「日本の昔ばなし」で声優初挑戦!「妖怪役極めたい」

歌手の水森かおり(42)が6日、都内で声優初挑戦となるテレビ東京系アニメ「ふるさと再生 日本の昔ばなし」(日曜・前9時)の公開アフレコに出席した。
威哥王販売
 4月から同番組のオープニングテーマ曲「ふるさとほっこり村」を担当している縁で、8月21日放送の「嫉妬の箱」で妖怪ばあさん役で登場する。水森は「かわいいウサギさんの役かと思っていたら、まさかの妖怪ばあさんでビックリした。朝から全国のチビっ子を泣かせてみようかな」と笑みを浮かべた。
イカオウ
 同番組にゲスト声優が出演するのは今回が初めて。語り手としてレギュラー出演する俳優の柄本明(67)から「すばらしい」と高評価をもらい、水森は「1つの夢がかなった。次にやりたい役? 妖怪役を極めたい」と意欲をみせた。