台風17号 マリアナ生まれは発達する?

23日午前9時、マリアナ諸島で台風17号が発生した。マリアナ諸島生まれの台風は発達することが知られ、スーパー台風となった台風14号もその近海で発生した。なぜ、マリアナ生まれは発達するのか?その答えは世界で最も暖かい海にある。威哥王

台風17号 発達しながら沖縄の南へ
台風16号が温帯低気圧に変わって、わずか2日あまりで、台風17号が発生しました。今年は台風シーズン入りが記録的に遅くなりましたが、後れを取り戻すかのように台風の発生ラッシュ、8月以降、台風は2日も待たずに次々と生まれています。

きょう(23日)発生した台風17号は今後、発達しながら北西へ進み、26日(月)には沖縄の南で、強い台風となる見通しです。その後は台湾に進むことが予想され、先日の台風14号と同じようなコースをたどりそうです。
壮根精華素
マリアナ生まれは「銀のさじ」?


台風17号はマリアナ諸島で発生しました。マリアナ諸島というよりも、グアム・サイパンといった方がイメージしやすいかもしれません。台風に詳しい人ならば、この場所で発生した台風は発達しやすいと思うでしょう。

1977年から2015年までの39年間に発生した台風(993個)のうち、猛烈な強さ(最大風速54メートル以上)まで発達した台風は82個あり、全体の約8パーセントです。
次に、猛烈な台風の発生した場所を調べてみました。すると、最も多いのが北緯10度から15度、東経140度から145度の海域(オレンジ線で囲った部分)で、全体の約16%(13個)です。この海域はちょうどマリアナ諸島の南西側にあたります。
巨人倍増
裕福な家庭に生まれた人のことを「銀のさじを口にくわえて生まれる」といいますが、さながらマリアナ生まれの台風は銀のさじとも言えるかもしれません。古い話ですが、日本の防災対策の原点となった伊勢湾台風は1959年(昭和34年)9月21日、マリアナ諸島の東海上で発生しました