先ずは良さげな周辺の土地探しから。そして拠点を決めると都市の開発を開始

ひととおり今作での変更点や追加点の説明が終わると、ハンズオンデモ開始。時間泥棒の『Civ』のプレイにわずか15分を与えられても……と困惑気味に君主を自動選択するとなんと北条時宗公が。ドイツの地にて北条時宗公との邂逅に心をときめかす……暇もなく、急いでゲームを開始します。



先ずは良さげな周辺の土地探しから。そして拠点を決めると都市の開発を開始。文化と技術の両方のスキルツリーを発達させなければいけません。当面は選択出来るものはないため基本的な開発を選んで、手持ちのセトラーとウォーリアーを周囲の探索に向かわせます。冒頭の説明の通り、手持ちのユニットで縦横無尽に探索を進めていると蛮族の村を発見。侵略して配下に収めることで文化の開発が2ターン程縮まるのを確認しました。なるほど、こうして文化の発展を速めていけばいいのか。どうりでやたら他国のセトラーやスカウトを目にするはずです。相手との差をつける為にも、積極的でスピーディーな探索が序盤攻略のカギとなりそう。ひととおりマップを把握するのには、従来よりもさらに忙しい『Civ』となりそうです。

ArcheAge RMT
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/chisaihashi/27778