ウォーキングとは

ウォーキングは有酸素運動の一種です。有酸素運動とは軽く息が弾む程度の、心地よい、軽めの運動のこと。ウォーキングのほかに軽いジョギング、軽い水泳、サイクリングなどがあります。

反対に、息が切れて、苦しいほどの運動を無酸素運動といいます。運動というものは、力の入れ具合によって、有酸素運動にも無酸素運動にも変化します。

ウォーキングが無酸素運動になることはありませんが、ジョギングも全力で走れば、息も絶え絶えになり、無酸素運動になります。

あなたがこれから、健康のためになにか運動を探している場合、こうした息が苦しい無酸素運動はおすすめできません。

こういった無酸素運動は健康を害します。活性酸素が大量に発生し、病気の元になり、ガンを発生させやすくするからです。

その点、ウォーキングなら無酸素運動へと変化する心配はあまりありません。ですから、医療でも有酸素運動といえばウォーキングを、まず勧めるのです。

でも、ウォーキングといえど、急な坂道とか、階段の部分では息が切れてくるので要注意。
そういうときは無理をせずに、ゆっくり歩いてくださいね。

減肥茶
ダイエット

運動は必須です!

ワタシの苦い経験からくる恥ずかしいお話ですが、ラクして痩せるダイエットという言葉を鵜呑みにして、ある食べ物だけを延々と採り続けるダイエットをしていたことがあります

「その間、運動は全くなし!」肥滿

するとたしかに食事制限の効果から体重は減りましたが、ふとももとお尻の贅肉がぜんぜん取れません^^;

全く運動をしなかったことにより、脂肪を燃やしてくれる筋肉が全く無かったからですね。ようは新たに蓄積されるはずの贅肉はなくなりましたが、元からの贅肉が減っていないわけです

勉強することで、それを学んだことから家の中でひとりでは続かないので、スポーツクラブに通いはじめました。プールやエアロビクスなどですね

それと食事療法を組み合わせたらビックリするぐらい体重が落ちたので、新陳代謝やっぱり運動は必要だといまでは痛感しています

運動直後の体重減は水分

運動で大量の汗をかいたり、同じくサウナで大量の汗を放出する

体重計に乗ってみると、(粉劑媚薬)見事に体重が落ちています

それに気をよくして、ガツガツ食べ物を食べ過ぎていては元も子もありません。確かに脂肪燃焼して落ちた分もありますが、実際に燃えた分はかなり少ないです

ほとんどが汗として出て行った水分ですよ。実際、夏場と冬場で同じ運動でも汗のかき方はまるで変わりますよね?

そして体重計に乗ってみると、明らかに夏場のほうが、体重が減っています。コレは一時的に水分が減ったからということです

もちろん運動がダメなワケではありません

ダイエットにおいて運動は絶対に必要なことですが、運動後にガバガバと食べ過ぎることはヤメておきましょうね

しつこいようですが、実際にはほとんど水分という厳しい

認識をしておきましょう。次の日の朝にはほとんど同じ体重に戻っています。コレで毎回、一喜一憂していると、それだけでダイエットがしんどくなってしまいますよ^^;