欧州中銀、供給増額せず=ギリシャ、資金枯渇の恐れ

欧州中央銀行(ECB)は28日、緊急理事会を開催し、ギリシャの銀行に対する資金供給を増やさないことを決めた。ギリシャでは、欧州連合(EU)との資金支援交渉をめぐる不安から市民の預金引き出しが加速。銀行に資金がなくなり、銀行の営業停止や、預金引き出しなどを制限する資本移動規制が不可避との見方が強まっている。
 ECBは声明で「金融の安定を維持するため、ギリシャ中銀と緊密に協力する」と表明。一方で「決定を見直す準備がある」とも指摘し、資金供給を制限する可能性をにじませた。
紅蜘蛛
絶對高潮
 ECBとギリシャ中銀による資金供給は、ギリシャをユーロ圏にとどめている生命線。資金供給が絶たれれば、預金流出にあえぐギリシャの銀行は現金が枯渇し、同国のユーロ圏離脱が一気に現実味を帯びる。

口永良部島が再び噴火 連続発生か、20日ぶり

気象庁は18日、鹿児島県の口永良部島・新岳が午後0時17分、噴火したもようだと発表した。その後も連続的に起きたとみられるが、午後0時47分ごろ停止したという。

 口永良部島の噴火は5月29日以来、20日ぶり。

 気象庁によると、爆発による空気の震動や、マグマの動きを示すとされる火山性微動が観測された。震動は5月29日と比べると小さい規模だった。天候が悪く、噴煙の状況は不明。
威哥王

三体牛鞭
 口永良部島は6月16日午後4時ごろから火山性地震が増え、16日は10回、17日は31回。18日は午前9時までに7回を観測した。

増える技術系派遣 幅広い技能習得が必要

主に製造業界で仕事をする技術系派遣の人たちが近年増えている。特殊技能があるだけに人材派遣の中では比較的高所得だが、技能のレベルアップが個人任せの派遣会社が多い。今国会に提出されている労働者派遣法の改正案には、体系的な教育訓練などの実施義務を強化する内容が盛り込まれており、独自の教育カリキュラムを作っている派遣会社もある。 
ビグレックス
 群馬県内に住む男性(51)は、同じ派遣先企業で通算十六年間、特定の電子機器製品の設計の仕事を続けている。三十五歳の時、以前に勤めていた会社を辞めた。正社員の技術職を探したが見つからず、首都圏の人材派遣会社に登録。この会社に派遣された。

 派遣会社との契約は半年更新で、年収は四百万円ほど。「年齢的に正社員への転職は難しいのではと思っている」と話す。

 仕事内容もずっと同じため、自分の技能に不安を覚えることも。派遣先企業の技術革新についていけなければ、契約を打ち切られても不思議ではない。現行の労働者派遣法では、教育訓練の機会確保が派遣会社に義務づけられているが、男性が登録する会社に技能向上のための支援はない。

 ソフトウエア開発の勉強もしたことがあるが技術を身に付けるには、実践の現場と年単位の時間がいると痛感。「これからどんな技術が必要か、個人で探して習得するのは難しい」と漏らす。
淫インモラル
 三月に発表された厚生労働省の労働者派遣事業報告書(二〇一四年)によると、事務系や日雇いなども含む派遣労働者数は二百五十二万人。うち技術系派遣労働者数は約十九万六千人おり、前年度より一万五千人ほど増えた。十九万人の半数近くが有期雇用だ。

 一方、派遣技術者のレベルアップが不可欠として、独自の教育カリキュラムを作ったのが、技術系派遣大手のメイテック(東京都港区)だ。

 同社は今春、二百九十九人を新規採用。正社員として雇用し、家電や自動車、機械などの大手に設計開発の技術者として派遣する。

 同社は、派遣先企業の技術革新に対応するため、多彩な研修制度を設け、社員の技能アップを目指す。例えば電子回路設計なら、スマートフォンや大型家電、エンジン制御部品の開発を、経験豊かな現役技術者から学べる。

 システム開発専門の村瀬聡一さん(45)は、これまでにプログラミングや画像処理技術など二十の資格を取得。企業のデータベースの構築などでリーダーの役割を果たす。「社内の研修や技術者同士の勉強会に参加し、将来のキャリアを描きながら、幅広い技能の習得に努めています」

 派遣労働に詳しいニッセイ基礎研究所(東京都千代田区)の松浦民恵主任研究員は「幅広く技能を磨く努力は、若いうちから始めた方が効果的。同じ派遣先で業務を続けているだけでは、十分なキャリア形成ができない懸念がある。自助努力に任せず、派遣業界や行政の取り組みが欠かせない」と話す。
三體牛鞭
 一方、従来一つの派遣先への派遣期間の制限がなかった技術系派遣で、有期雇用労働者の場合は他の業務と同じ一律三年に制限される内容も改正案に盛り込まれた。同じ派遣先で長期間働いてきた派遣労働者の雇い止めが多発するとの懸念が広がっている。

安楽死

。。。に、ついて考えてさせられる。
媚薬カプセル
病気で苦しんだ末に亡くなるのは、苦痛を伴うし。
誰しも『あまり苦しみたくない』って思うでしょう。

自分の最期を選択できるのは、いいことなのかもしれないけど。。。

考えちゃうな。。。

自分の愛する人が苦しむ姿は見たくない。
けど、1分1秒でも長く生きていて欲しいとは思うだろう。
触れると体温を感じていたい。
万が一の回復を願って、余命半年が10ヶ月。。。1年に伸びるんじゃないか?という可能性に掛けてみたい。。。
もしかしたら、医療の進歩で治る方法が見つかるんじゃないか??

なんて、本人以外は思っちゃいますよね。。。

確かに、末期癌で苦しんで亡くなる姿は見たくないし、本人も相当苦しいのだろうと思うし。。。

自分だったら。

どうするかな。。。

そして、安楽死って『まったく』苦しまないのかな??

麻酔でもかけられてるうちに心肺停止するなら。。。
苦しくないかも。三体牛鞭

アタシだったら。

アタシを看とる人が見ていて辛くないのなら。
最期の最期まで、足掻かせてほしい。。。かな。

闘って、闘って召されたら。
達成感と快感を得られそう。

ま、死んだことないから解らないけど。。。

どこまで苦しいのか。

初めて母親の胎内から出てきて、初めて呼吸をしたあの頃の事も覚えていないし。。。
何十年と呼吸してきたことが止まる事も想像できない。

誰しも生まれたからには経験することなんだけど。。。

安楽死かぁ。。。

自分で命日を選択できるのはいいのかもなぁ。。。

なんて。威哥王
独り言です。