JKAが補助事業を募集 機械工業と公益振興対象

競輪とオートレースを統括する公益財団法人JKAは、売り上げの一部を財源に、三體牛鞭もの作りや地域社会への貢献といったさまざまな事業を支援する方針で、2016年度の補助事業を9月30日まで募集している。

 対象は、機械工業の競争力強化や安全への取り組みの研究開発といった機械工業振興と、社会福祉の増進や東日本大震災復興支援といった公益事業振興の2種類がある。15年度は機械工業186事業に約13億円、公益279事業に約26億円をそれぞれ支援している。

 機械工業では、3Dプリンター技術を使い障害者の新しい職場創出を目指す研究、公益では家族の認知症に悩む人のための小冊子「どうしたらいいの?認知症」威哥王を刊行し正しい知識と治療の普及を目指す活動などの例がある。

高速道の給油「空白区間」83カ所 帰省ラッシュで注意を

全国の高速道路で、百キロ以上もガソリンスタンド(GS)がない「空白区間」が四月時点で八十三カ所に上ることが九日、国土交通省の調べで分かった。GSの経営環境が厳しさを増す中、サービスエリア(SA)などのテナント事業者の確保が難しいためだ。お盆の帰省ラッシュがピークを迎えるのを前に、高速道路各社は早めの給油を呼び掛けている。
三體牛鞭

威哥王
 国交省によると、高速道百キロ当たりのGSの数は、二〇〇五年は二・六カ所だったが、今年は二・三カ所に減った。

 若者のクルマ離れや燃費向上などによる需要減少を背景に、GSは全国的に減っている。

 高速道のSAなどに出店しても採算を取るのは容易ではなく、「赤字施設を経営するテナントに、営業継続を無理強いできない状況だ」(高速道路会社)。地方部で新規開通し、通行量が少ない路線では特に深刻だ。

 日本自動車連盟(JAF)によると、高速道で燃料不足を理由とした四輪車からの救援要請は一四年度に一万一千件あった。ガス欠は、渋滞や事故の原因になりかねない。
ビグレックス

D10媚薬
 高速道路各社は対策として、施設を運営する業者に対するテナント料の引き下げやSAでのガソリン缶詰販売も進めている。

牧場の廃サイロに白骨遺体…昨年不明の19歳か

2日午前11時50分頃、佐賀県唐津市鎮西町の牧場で、牧場関係者の60歳代の男性が、プール型のサイロ(縦3メートル、横2・5メートル、深さ6メートル)に白骨化した遺体があるのを見つけ、110番した。
街頭覇王睾丸素 カプセル

徳国公牛
 唐津署は遺体の着衣などから、昨年11月に牧場近くで行方不明になった19歳(当時)の会社員男性の可能性もあるとみて、身元の確認を急ぐとともに、事件、事故の両面から調べている。

 唐津署によると、サイロは約30年前から使われておらず、水が底から約2メートルの高さまでたまっていた。遺体は水に浮いた状態で見つかった。サイロの周りに柵などの囲いはないという。

 19歳の男性は昨年11月30日午前1時頃、会社の忘年会から帰宅する際に、タクシーで牧場近くに降りてから行方が分からなくなっていた。男性の自宅は牧場から数百メートルの場所にある。

 発見された遺体が着けていたチェック柄の長袖シャツや、ブランドのロゴが入った運動靴などは、男性が行方不明になった当時のものと酷似しているという。