糖尿病でも心因性EDである場合が多い

こうしてみてくると、糖尿病の男性患者さんは他の疾患をもっている患者さんに比べてEDになりやすい環境に置かれているといえそうです。

しかし、糖尿病の男性患者さんがたまたまEDになったとしても、その原因のすべてが糖尿病にあるとは言い切れないこともあるのです。どういうことかというと、EDの症状を訴える患者さんを詳しく検査してみると、勃起機能そのものに問題はなく、心因性EDである場合が多いのです。

冒頭で取り上げた「糖尿病=夜の生活の卒業」の俗説で明らかなように、糖尿病だからEDになりやすいのでは、という思い込みが原因となっている場合もあります。

糖尿病であるなしにかかわらず、特に心因性EDの場合にはシアリス消渇丸レビトラなどのED治療薬が有効です。ED治療薬を処方している病医院や、またはED啓発サイトでクリニックを検索し、処方してもらうとよいでしょう。